丸の内や日比谷は海?銀座は出島?【連載:アキラの着目】

丸の内や日比谷は海?銀座は出島?【連載:アキラの着目】

3 週前

現在1,300万人の人口を有する日本の首都・東京。

しかし、今から約400年以上前の東京、すなわち徳川家康が入城した当時の江戸は、江戸城大手門から東にかけて茅葺きの町屋が100軒あるかないかの鄙びた村だった。

そのうえ江戸は、幾多の河川が東京湾に流れ込むような湿地帯だったため、それまでなかなか街として発展しなかったのだ。

元々江戸の地形は、東京湾が大きく現在の日比谷辺りまで入り組んでおり(日比谷入江)、銀座・日本橋の辺りは江戸前島といって、東京湾に突き出た出島のような地形だった。

徳川家康入城期の江戸 Vol.72 都心3区の地形の変遷 | 東京の高級賃貸マンションなら[東京レント]から引用
徳川家康入城期の江戸
Vol.72 都心3区の地形の変遷 | 東京の高級賃貸マンションなら[東京レント]から引用

なので、現在の丸の内や日比谷は海で、埋め立てによって陸地となったのだ。

現・銀座から現・日比谷方面を望む想像図(右)と現在の画像(左) 右画像は「酒上小琴【サケノウエノコゴ」Twitterから引用
現・銀座から現・日比谷方面を望む想像図(右)と現在の画像(左)
右画像は「酒上小琴【サケノウエノコゴ」Twitterから引用

江戸日比谷入江 NHK「知恵泉」から引用
江戸日比谷入江
NHK「知恵泉」から引用

現在の皇居前広場はまさに日比谷入江だった場所で、400年以上前は、漣が押し寄せては引いての繰り返しをしていたことだろう。

その日比谷入江の埋め立てに使った土は、神田山(御茶ノ水・駿河台にあった小高い山)や番神山城跡(現:港区麻布台)を切り崩した土、神田川の掘削で出た土を使ったといわれている。

御茶ノ水・聖橋の神田川(江戸城外堀)は手掘りで掘削し、渓谷のように切り開いたので、元々駿河台は御茶ノ水側と順天堂大学病院側とは地続きだったのだ。

江戸を街として機能させるために、江戸幕府初代将軍・徳川家康~3代将軍・徳川家光までの時代に、前述の土地埋立拡張工事や水はけ改良工事、上水道整備工事、等々を矢継ぎ早にして、暮らしやすい街にしていった。

現在でも昔の名残を見つけることができ、有楽町の数寄屋橋(江戸前島)から日比谷方面(日比谷入江)にかけては、緩やかな下降の地形が見て取れる。

すっかりビルだらけになってしまった東京だが、こうした歴史をちょっとでも知ることで東京や江戸に興味を持つことができれば、今よりも楽しく街歩きができるかもしれない。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-10-2 4:56

跟贴 0

貴方は粒餡、漉餡、味噌餡、どの柏餅が好き?【連載:アキラの着目】

貴方は粒餡、漉餡、味噌餡、どの柏餅が好き?【連載:アキラの着目】

6 個月前

東京では櫻の花もかなり散り、それと同時に櫻餅も旬を過ぎた。

しかし残念がることはない。

櫻餅の次は、柏餅の旬が到来だ。
柏餅

柏餅は、ご承知の通り、平たく丸めた上新粉の餅を二つ折りにした間に餡を挟み、カシワあるいはサルトリイバラの葉等で包んだ和菓子で、5月5日「端午の節句」に供えられる。

現在のカシワの葉を用いた柏餅になったのは、江戸幕府9代将軍・徳川家重~10代将軍・徳川家治の頃に江戸で生まれたといわれている。

この江戸生まれの、端午の節句に柏餅を供える文化は参勤交代により、各地の大名が江戸から各々の故郷に持ち帰り、その結果、日本全国に浸透したと考えられているが、1930年代頃まではカシワの葉を用いた柏餅は依然関東が中心であった。

地方によっては、カシワの葉を入手しにくいエリアもあったようで、カシワの葉の代用でサルトリイバラの葉を用いた柏餅(サルトリイバラ餅!?)があったりしたようだ。

そもそも、なぜ江戸ではカシワの葉でくるむようになったのかというと、新芽が育つまで古い葉が落ちないカシワの葉が「子孫繁栄(家系が途切れない)」として縁起が良いからともいわれている。

こうして日本全国に行き渡った柏餅だが、葉だけでなく、挟む餡にも地域差がある。

一般的な柏餅は、他の饅頭のような和菓子同様、粒餡、漉餡があり、逆にいうと、粒餡、漉餡しかないと思われがちだ。

だが、これらの餡以外に柏餅には味噌餡もあるのだ。

ただし、この味噌餡バージョンの柏餅は、いまだ「全国区」ではなく、同じ日本人でありながら、味噌餡バージョンの柏餅を知らない地域も広く存在する。

その味噌餡バージョンの柏餅を知らない地域は、愛知県をはじめとした中部地方や関西地方、九州などで、和菓子店で「味噌餡の柏餅を下さい」と言っても、店員から「?」という対応をされてしまうのだ。

櫻餅も地域によって異なる形状に分かれ、粒状の表面で餡が外側から見えない「道明寺桜餅」と、円筒型または袱紗折り(ふくさおり)で餡を包んだ「長命寺桜餅」の2種があるが、柏餅も粒餡、漉餡、味噌餡といった地域差が存在することがおわかりになったことかと。

自然なものを取り込むことで季節感を感じることができるという手法は、古代日本より様々な分野で採り入れられているが、葉そのもので包む柏餅はまさにその最たるもの。
柏餅

新緑の芽吹く季節に柏餅を食べるのは、まさに季節感を味わうことだから、端午の節句にはぜひとも柏餅を食そう。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-4-19 4:56

跟贴 0

ここは一体東京のどこ?~Part4~【連載:アキラの着目】

ここは一体東京のどこ?~Part4~【連載:アキラの着目】

12 個月前

FJ時事新聞ニッポンニュース恒例の、昔の東京の街に関する写真や絵を見て、それがどこなのかをあてるシリーズの第4弾。

ではいつもの通り早速問題へ。

Q1.ここは東京のどこなのか?

Q2.ここは東京のどこなのか?

Q3.ここは東京のどこなのか?

おわかりになったであろうか。では順番に正解を発表する。

A1.北品川(旧東海道・品川宿)

北品川(旧東海道・品川宿)

出題した絵は、江戸時代の浮世絵師・歌川広重の描いた『東海道五十三次』の品川宿だ。

起点の江戸日本橋を出て最初の宿場町である品川宿は、当時、海岸線脇にあったため、旅籠の裏は江戸湾(現・東京湾)で、何艘もの帆掛け船が行き来している様子が描かれている。

しかし、品川宿のあった現在の北品川は、海岸線が埋め立てられ、海ははるか数百mもの沖合になってしまい、旧東海道沿いにはマンション、アパート等も建ってしまったため、ご覧の通り、道幅が当時の面影を残すだけだ。

A2.マーチエキュート神田万世橋(旧万世橋駅)

マーチエキュート神田万世橋(旧万世橋駅)

現在、マーチエキュート神田万世橋のある場所は、国鉄・万世橋駅があった。

初代の駅舎は、東京駅を設計した辰野金吾による赤煉瓦造りで、駅前広場には日露戦争の英雄・広瀬武夫と杉野孫七の銅像が建っていた。

東京市電が走り、多くの人で賑わった万世橋駅は、大正時代に最盛期を迎えるも、その後東京駅が完成したことで中央本線の起終点としての役目は7年で終わった。

秋葉原に隣接した場所でも、現在はさほど人通りが多いわけではなく、当時の賑わいは嘘のようだ。

A3.六本木テレビ朝日前

六本木テレビ朝日前

正解は、六本木テレビ朝日前。

明治時代はこの地に「曹洞宗大学」があり、白黒写真はその「曹洞宗大学」の校舎だ。

明治時代の六本木テレビ朝日前の地図
明治時代の六本木テレビ朝日前の地図

現在の六本木テレビ朝日前周辺の地図
現在の六本木テレビ朝日前周辺の地図

「曹洞宗大学」はその後名称を変更し、駒澤大学となり、世田谷区に移転し、現在に至っている。

では最後に恒例の今昔対比でおさらいを。

北品川(旧東海道・品川宿)の今昔

北品川(旧東海道・品川宿)の今昔

マーチエキュート神田万世橋(旧万世橋駅)の今昔

マーチエキュート神田万世橋(旧万世橋駅)の今昔

六本木テレビ朝日前の今昔

六本木テレビ朝日前の今昔

今後も気になる東京の街の浮世絵や錦絵、昔の写真を見つけたら、取り上げてみたい。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-11-1 4:54

跟贴 0

ここは一体東京のどこ?~Part3~【連載:アキラの着目】

ここは一体東京のどこ?~Part3~【連載:アキラの着目】

1 年前

昔の東京の街に関する写真や絵を見て、それがどこなのかをあてるシリーズの第3弾だ。

では早速問題へ。

Q1.ここは東京のどこなのか?

Q2.ここは東京のどこなのか?

Q3.ここは東京のどこなのか?

おわかりになったであろうか。

では順番に正解を発表する。

A1.湯島聖堂脇の坂道

湯島聖堂脇の坂道

さきほどの絵は、明治時代の画家・小林清親の東京名所図「湯島元聖堂」(1879年)だ。

昔のままの壁があり、向こう側に降りる坂が見受けられることから、左側の壁の中は湯島聖堂とわかる。

A2.高輪付近

高輪付近

さきほどの絵は、同じく小林清親の東京名所図「高輪半町朧月景」(1879年)だ。

日本最初の鉄道・新橋-桜木町間の敷設計画では地元の大反対にあい、現在の港区海側における鉄道用地の収用ができなかった。

そこで陸がダメならば、海に陸を築き、そこに鉄道を通せばいい、ということで、絵のように鉄道は海上を走る格好となった。

現在この地は、リニア新幹線の東京始発駅として決定し、絵のような朧月をじっくり観賞できるような風情とは無関係の地になってしまった。

A3.愛宕山山頂(愛宕神社)

愛宕山山頂(愛宕神社)

さきほどの絵は、明治時代前期の浮世絵師・版画家である井上安治の東京名所絵「東京真画名所図解 愛宕山」(1881-1889)だ。

高層建築がない時代において、東京都心部で最も高い場所が、愛宕神社のある愛宕山(標高25.7m)で絶景スポットだったのだ。

以前のニッポンニュース(「東京23区内の最高峰・愛宕山(東京都港区)に登ってみよう! 【連載:アキラの着目】」)でも取り上げたので、覚えていれば、この第3問は簡単だったかもしれない。

では最後に恒例の今昔対比でおさらいを。

湯島聖堂脇の坂道

湯島聖堂脇坂道の今昔対比

高輪付近

高輪付近の今昔対比

愛宕山山頂(愛宕神社)

愛宕山山頂(愛宕神社)の今昔対比

今後も気になる東京の街の浮世絵や錦絵、昔の写真を見つけたら、取り上げてみたい。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-9-15 4:52

跟贴 0

現代地図と正確に重なる江戸古地図を閲覧できるアプリ!大江戸今昔めぐり【連載:アキラの着目】

現代地図と正確に重なる江戸古地図を閲覧できるアプリ!大江戸今昔めぐり【連載:アキラの着目】

1 年前

「今歩いている東京の街は、昔はどのような場所だったのだろう?」

こんなふうに昔の東京を知りたい人もいるはず。

筆者もその1人なのだが、こうした人間にとって重宝するアプリを紹介する。

そのアプリが『大江戸今昔めぐり』だ。

この『大江戸今昔めぐり』が、類似する他の今昔マップ系アプリと最も異なる点は、現代地図と正確に重なる江戸古地図であることだ。

他の今昔マップ系アプリだと、昔の古地図を閲覧できるメリットがある反面、古地図は東西南北の正確性にやや難があり、見ながらの散歩だと、実際の現在地をいまいち把握しにくいデメリットがあった。

しかし、この『大江戸今昔めぐり』は、復元古地図をわざわざ書き起こしているため、現代地図と正確に重なり、東西南北の正確性には申し分なく、いにしえの東京・江戸探索散歩にはかなり重宝するのだ。

大江戸今昔めぐりHPから引用

大江戸今昔めぐりHPから引用
大江戸今昔めぐりHPから引用

また、寺社をはじめ、橋、江戸百景など約3,000以上のスポットを収録しており、これまた江戸探索散歩にはかなり重宝する。

大江戸今昔めぐりHPから引用
大江戸今昔めぐりHPから引用

江戸探索まではいかなくとも、今自分の勤めている会社のある場所は、江戸時代の頃は何の場所だったのかを簡単に知ることができるアプリなので、気軽にインストールしてみよう。

■大江戸今昔めぐり
https://www.edomap.jp/

■大江戸今昔めぐり アプリダウンロード
・Iphone用
https://itunes.apple.com/jp/app/id1296167809
・Android用
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.edomap.oedokonjakumeguri

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-8-9 4:52

跟贴 0

ここは一体東京のどこ? ~Part2~【連載:アキラの着目】

ここは一体東京のどこ? ~Part2~【連載:アキラの着目】

1 年前

2018年01月19日のニッポンニュース「ここは一体東京のどこ?【連載:アキラの着目】」の第2弾だ。

久々に東京のどこの街・町なのか的中してほしい。

では早速問題へ。

Q1.ここは東京のどこなのか?

Q2.ここは東京のどこなのか?

Q3.ここは東京のどこなのか?

では順番に正解を発表しよう。

A1.芝 増上寺

芝 増上寺

徳川将軍家の菩提寺である芝の増上寺。

現在、赤い三解脱門は劣化させないために登ることができないが、戦災を免れた昔からの門ということで、観られるだけでもありがたい。

A2.芝 赤羽橋

東京都港区の赤羽橋交差点

増上寺に極めて近い赤羽橋が正解。

現在は、川の上に首都高速道路が架かっている。

現在のザ・プリンスパークタワー東京や芝丸山古墳のある地も、昔は増上寺の境内であったため、浮世絵に描かれている赤羽橋右手にみえる屋敷の壁は増上寺だ。

浮世絵は下の周辺図でいうと、赤い矢印の側から描かれている。

現在の赤羽橋周辺図 Googleマップから引用
現在の赤羽橋周辺図 Googleマップから引用

A3.湯島聖堂

湯島聖堂 Googleマップから引用
湯島聖堂 Googleマップから引用

神田駿河台を人工的に掘り下げ、そこに水を通し、外堀を兼ねたのが神田川。

その神田川沿いに徳川5代将軍・綱吉によって孔子廟が建てられ、後に幕府直轄の学問所となったのが湯島聖堂だ。

では最後におさらいとして、それぞれ今昔対比をさせた画像を並べる。

芝 増上寺の今昔

芝増上寺の今昔

芝 赤羽橋の今昔

芝 赤羽橋の今昔

湯島聖堂の今昔

湯島聖堂の今昔対比

今後も気になるエリアの浮世絵や昔の写真を見つけたら、取り上げてみたい。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-7-29 4:54

跟贴 0

江戸っ子と名乗れるのは?【連載:アキラの着目】

江戸っ子と名乗れるのは?【連載:アキラの着目】

2 年前

「てやんでぇ、こんちくしょう!」
「べらんめぇ、馬鹿言ってんじゃねぇよ!」
「すっとこ、どっこい!」

威勢のいい、独特の言い回しをする江戸っ子。

江戸っ子

だが、一口に江戸っ子といっても、実はもっと細分化されるのだ。

それもそのはず、「大江戸八百八町」とも称される大都市・江戸なのだから、町ごとに特色があり、それぞれの町に住む人種や職業も異なったりするので、気質も同じではないし、全ての江戸の人たちを江戸っ子とはいわないのだ。

神田生まれだと「神田っ子」、芝の生まれだと「芝っ子」、同様に「下谷っ子」、「本所っ子」、「深川っ子」と呼び分けているのだ。

では、江戸っ子という人たちはいないのかというと、ちゃんといるわけで、それは日本橋生まれの人たちが江戸っ子と名乗れる。

前述の「神田っ子」、「芝っ子」などの人たちは、日本橋に対し敬意を払っているので、自分たちは江戸っ子と名乗らずに、江戸っ子と名乗るのは日本橋生まれの人たちに譲ってあげよう、ということで「江戸っ子=日本橋生まれ」となっている。

また、最低でも3代続いて江戸に住み着いていないと、江戸っ子と名乗ってはいけない、という暗黙のルールもあったりする。

他所もんが江戸に住み着いても、安易に江戸っ子と名乗らせないためなのか、そこのところはよくわかっていないのだが。

そんなわけで、江戸っ子と名乗れるのは「日本橋生まれで、最低でも3代続いて江戸に住み着いていること」に当てはまる人ということになる。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-11-24 4:45

跟贴 0

今見ることのできる昔の東京の海岸線【連載:アキラの着目】

今見ることのできる昔の東京の海岸線【連載:アキラの着目】

2 年前

東京都港区海岸にある当社「BUKKYO時事新聞株式会社」。

東京湾に面していることもあり、事務所の窓を開ければ、汐風が吹き込んでくるロケーションだ。

東京湾お台場方面の眺望

毎日昼休みには会社周辺を歩くのだが、結構昔の名残を発見することができる。

今回は、当社周辺で見ることのできる昔の東京の海岸線を取り上げてみたい。

当社「BUKKYO時事新聞株式会社」のあるエリアは、海だった!

元来、江戸切絵図を見るのが好きなこともあり、昔の東京はどうなっていたのか、現在の地図と照らし合わせ、比較検討したりしてきた。

そこで判明したことは、当社「BUKKYO時事新聞株式会社」のあるエリアは、海だったということと、東京都港区を走る山手線(京浜東北線、新幹線)を堺に、内側(西側)が陸地、外側(東側)がすぐ海であったということだ。

厳密にいうと、開業当初は、線路は海の上にあったのだ。

新橋-桜木町路線 高輪大木戸付近明治期の高輪大木戸付近

東海道の邪魔にならないようにとのことで、海岸のすぐ沖合を埋め立て、線路敷設用地を盛土したのだ。

したがって最初は海岸線に沿って鉄道が敷かれていた。

明治期の芝浦周辺図明治期の芝浦周辺図 ※○と番号は、下記に掲載する同じ番号の文章と写真を参照

それが時代が下るにつれ、陸地はどんどん埋め立てられ、沖合が伸び、現在のようになった次第だ。

現在の芝浦周辺図現在の芝浦周辺図 ※○と番号は、下記に掲載する同じ番号の文章と写真を参照

芝浦周辺(浜松町-田町)で見ることができる旧海岸線

かつて海岸だった名残が浜松町駅に見ることができる。

大門から浜松町に伸びる大通りが、浜松町駅前のJR線ガードに到達する直前で、斜めに道路が降下するのだ。

これは海岸、すなわち砂浜から海にかけての傾斜であったことを物語っており、まさに浜松町駅のある場所は、陸地と海の際(きわ)だったことがわかる。

(1)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残1(1)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残1

似たような地形の名残は田町駅にも見てとれ、また、浜松町・田町間におけるいくつかのガード下も同様だ。

(2)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残2(2)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残2
(3)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残3(3)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残3
(4)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残4(4)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 海岸線の名残4
(5)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 旧海岸線 道を堺に左が海、右が陸地だった(5)JR浜松町駅・田町駅間ガード下 旧海岸線 道を堺に左が海、右が陸地だった

「江戸無血開城」の舞台となった薩摩屋敷の裏手も海だった!

第1京浜通り沿いには、「西郷南洲・勝海舟会見の地」の碑があり、西郷隆盛と勝海舟が会談した有名な「江戸無血開城」はまさにこの地で行われた。

ここには江戸期、薩摩藩屋敷があり、屋敷のすぐ裏は浜辺だったことが確認できる文献も現存することから、やはりここも陸地と海の際(きわ)だったことがわかる。

また、浜松町から田町にかけてのエリアは芝浦と呼ばれ、古典落語「芝浜」の舞台となった浜も、現在は児童公園として生まれ変わっている。

なお、浜松町からほど近い家電メーカーの東芝は、元々は「東京芝浦電気」という名称で、この芝浦が発祥の地であることが今も社名に残っている。

芝浦以外でもまだまだ古き良き江戸・東京は残っている!

以上見てきたように、芝浦界隈(浜松町・田町周辺)には、昔の海岸線の名残が存在する。

芝浦以外でも、探せば古き良き江戸・東京が意外とまだまだ残っているものなので、これをきっかけに歩くことをオススメする。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-8-9 4:56

跟贴 0