撮影・位置情報の記録、御朱印情報の閲覧等が可能な御朱印帳管理アプリ「Enoque」【連載:アキラの着目】

撮影・位置情報の記録、御朱印情報の閲覧等が可能な御朱印帳管理アプリ「Enoque」【連載:アキラの着目】

5か月前

数年前からブームとなっている御朱印。

神社や寺院の参拝だけでは飽き足らず、その神社ならではの、寺院ならではの御朱印を書いて頂いて持って帰り、自宅でしみじみと鑑賞するのが御朱印マニアの愉しみなのだ。

中には、御朱印そのものを収集するだけでなく、いつでもどこでもスマホで御朱印を観たいという人もそれなりに存在する。

そんな人にピッタリなのが、今回紹介するスマホアプリ「Enoque」だ。

御朱印をデジタルデータとして蓄積・保存し、前述したようにいつでもどこでも御朱印を閲覧できるのだ。

Enoque公式サイトから引用
Enoque公式サイトから引用

「Enoque」の主な機能は以下の通り。

1.御朱印を撮影・記録

頂いた御朱印を撮影し、神社や寺院の名称、頂いた日付を記録できる。

「Enoque」を使用することで、「この御朱印は、いつどこでもらったっけ?」といったことがきっと解消されるはずだ。

2.御朱印を位置情報でも記録

御朱印を頂いた神社・寺院の位置情報を、御朱印、日付と一緒に保存・管理することが可能だ。

「この御朱印を頂いた神社を探したい」、「あの時訪れた神社・寺院にまた行ってみたい」等の際に「Enoque」で検索したりでき、御朱印を上手に管理できる。

3.限定の御朱印帳を購入

「Enoque」限定の御朱印帳を「Enoque」を通じて購入できる。

季節限定の、貴方にピッタリの御朱印帳を検索して購入する愉しみもあるのだ。

4.御朱印に関するニュースを集約

御朱印に関するニュースや情報を一覧で閲覧することができる。

御朱印巡りツアーを企画する際の参考資料として、また時間潰しにちょうど良い機能だ。

というわけで、御朱印マニアにとっては、御朱印の検索や管理、閲覧がスマホで簡単にでき、必須のアプリとなろう。

アナログだけで御朱印を管理している人は、もう古い!?

■Enoque|御朱印帳管理アプリ – Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=bio.enoque.enoque_android

■「御朱印管理アプリ Enoque(エノク)」をApp Storeで
https://apps.apple.com/jp/app/enoque-御朱印帳管理アプリ/id1408602315

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-11-7 4:56

跟贴 0

御朱印Tシャツ着てご利益享受!【連載:アキラの着目】

御朱印Tシャツ着てご利益享受!【連載:アキラの着目】

9か月前

以前は集めている人がほとんどいなかった御朱印。

それがこの数年間で瞬く間に拡がりを見せ、今では有名な寺院・神社だと長蛇の列に数時間並んで、ようやく御朱印をゲットなんてことになっている。

苦労してやっとゲットした御朱印だが、意外とゲットした後は、しっかりと御朱印に向き合って、ご利益を噛み締めている人は少数なのではないか。

それもある意味では仕方ないことだろう。

というのも、御朱印は御朱印帳にしまわれているからだ。

表紙をめくらないと、御朱印を拝見できないのだから。

ならば、御朱印帳にしまわない御朱印があれば、常に御朱印と向き合えるかもしれない。

そんな御朱印を実現させたのが、御朱印Tシャツだ。

「御朱印」Tシャツ  ∞ SUZURI(スズリ)公式サイトから引用
「御朱印」Tシャツ
∞ SUZURI(スズリ)公式サイトから引用

御朱印Tシャツを着ている間は、常に御朱印が露出されており、目視可能だ。

すなわち、御朱印と向き合えることができるということだ。

御朱印Tシャツを着ている1日は、自分と御朱印が一心同体みたいなものだから、肌感覚でご利益を感じることができるかもしれない。

「御朱印」Tシャツ  ∞ SUZURI(スズリ)公式サイトから引用
「御朱印」Tシャツ
∞ SUZURI(スズリ)公式サイトから引用

御朱印の収集と保管に飽きた人は、体感できる御朱印Tシャツを試してみるべし。

■「御朱印」Tシャツの通販 ∞ SUZURI(スズリ)
https://suzuri.jp/search/t-shirt?q=%E5%BE%A1%E6%9C%B1%E5%8D%B0

2020-7-4 4:56

跟贴 0

お仏飯の「おすそわけ」と仏様のお慈悲をお届けする「おてらおやつクラブ」【連載:アキラの着目】

お仏飯の「おすそわけ」と仏様のお慈悲をお届けする「おてらおやつクラブ」【連載:アキラの着目】

10か月前

おてらおやつクラブ Twitterから引用貧困母子の心中事件や、ダブルワークやトリプルワークで子供との時間を取ることができず、親不在中に子供が事件に巻き込まれてしまうといったことがいつの頃からか頻発している現代・日本。

また、日本国内における子供の7人に1人が貧困状態にある。

そんな状況を見るに見かねて立ち上がったのが「おてらおやつクラブ」だ。

「おてらおやつクラブ」は、全国の寺院と支援団体、そして檀信徒及び地域住民が協力して、慈悲の実践活動を通じ、貧困問題の解決を目指す団体だ。

具体的にどのような活動をしているのかというと、寺院にお供えされる様々な「おそなえもの」を、仏様からの「おさがり」として頂戴し、子供支援団体の協力の下、経済的困難を極める家庭に「おすそわけ」するのだ。

おてらおやつクラブ公式HPから引用
おてらおやつクラブ公式HPから引用

ちなみに「おすそわけ」は、菓子や果物、食品・日用品など多岐にわたる。

おてらおやつクラブ Twitterから引用
おてらおやつクラブ Twitterから引用

貧困状態に陥る要因は様々で、行政や民間団体なども貧困に対する施策を展開しているものの、決して十分とはいえず、経済的困窮者を自己責任論で見捨ててしまうことはできないという観点から、「おてらおやつクラブ」は物資の支援だけにとどまらず、経済的困窮者の状況を想像し、寺院が地域住民らと共に模索しながら慈悲の実践活動もおこなっている。

おてらおやつクラブ Twitterから引用
おてらおやつクラブ Twitterから引用

こうした活動は、全国に7万以上あるといわれる、どの寺院も容易に参加することが可能な取り組みだ。

無理のない範囲で支援活動をスタートして、活動参加をきっかけとして貧困問題に接し、檀信徒、地域住民らと共に寺院の存在価値や仏教の利他精神などを考えることに繋がる良い機会にもなっているとのことだ。

今後、参加寺院が増えることを願うばかりだ。

■おてらおやつクラブ 貧困問題に取り組む 寺院の社会福祉活動
https://otera-oyatsu.club/

■おてらおやつクラブ Facebook
https://www.facebook.com/oteraoyatsu/

■おてらおやつクラブ Twitter @otera_oyatsu
https://twitter.com/otera_oyatsu

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-6-20 4:56

跟贴 0

トレッキング&ハイキング好きにもオススメの1冊『絶壁建築めぐり』【連載:アキラの着目】

トレッキング&ハイキング好きにもオススメの1冊『絶壁建築めぐり』【連載:アキラの着目】

1年前

昨今のパワースポット巡りや御朱印の影響で、寺院や神社を訪ねるのがちょっとしたブームだ。

その結果、以前よりも寺院・神社への参拝客が増え、昔からの寺院マニアや神社マニアからすると、混みだしてイヤだなぁ、と思われている人たちもそれなりにいることかと。

そんな現状に嘆いている寺院マニア、神社マニアにうってつけの本がある。

その本が『絶壁建築めぐり』だ。

『絶壁建築めぐり』 株式会社ジービー 公式サイトから引用
『絶壁建築めぐり』
株式会社ジービー 公式サイトから引用

急峻な崖や山の斜面にへばりつくように建てられた、世界ではあまり類を見ない日本独自の寺社建築を「懸(かけ)造り」、「懸崖(けんがい)造り」、もしくは「崖(がけ)造り」といい、「京都の清水寺」や「鳥取の三佛寺の投入堂」等が有名なのだが、そうした懸造りの寺社だけを取り上げた1冊なのだ。

著者は、日本全国にある懸造りの建築物を10年間で約170ヶ所訪ね歩かれ、「日本の懸造り」というWEBサイトを運営している飯沼義弥さん。

『絶壁建築めぐり』には、その約170ヶ所の中から厳選した100ヶ所を紹介している。

『絶壁建築めぐり』 株式会社ジービー 公式サイトから引用
『絶壁建築めぐり』
株式会社ジービー 公式サイトから引用

たどり着くのが困難な懸造りの寺社ばかりだから、寺院マニアや神社マニアのみならず、秘境好き、建築好き、トレッキング&ハイキング好きにもオススメだ。

自力で同じテーマの寺院・神社を探すとなると、膨大な手間や時間がかかるが、この『絶壁建築めぐり』さえあれば、効率的だ。

全て現地取材に基づいて書き下ろされた寺社ガイドなので、アクセス情報もしっかり掲載され、重宝すること間違いなし。

【日本のお寺・神社 絶壁建築めぐり】

・単行本(ソフトカバー):160ページ
・出版社:ジービー (2019/6/22)
・言語:日本語
・ISBN-10:4906993729
・ISBN-13:978-4906993727
・発売日:2019/6/22

■日本のお寺・神社 絶壁建築めぐり
https://bre.is/bWnQbktT

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-2-24 4:56

跟贴 0

賽銭泥棒対策バッチリ!ステンレス製からくり賽銭箱【連載:アキラの着目】

賽銭泥棒対策バッチリ!ステンレス製からくり賽銭箱【連載:アキラの着目】

1年前

神聖な場所である寺院・神社。

にもかかかわらず、昔から賽銭泥棒は跡を絶たない。

夜ともなると、寺院・神社は人気がなくなるからというのもあるが、そもそも防犯対策が施されていない賽銭箱だから、賽銭を盗られてしまうのだ。

だったら、賽銭泥棒対策を施した賽銭箱を置けば済むことだ。

というわけで、賽銭泥棒対策バッチリなのが、ステンレス製からくり賽銭箱だ。

からくり賽銭箱の特徴は

1.鍵がなく、取出し口がどこなのか不明で開けられない

2.3mm厚のステンレス製なので「刃」が立たない

3.からくりが1台毎に異なる

ゆえに、からくり賽銭箱は精密作業で製作するため、見積もりから受注・製作・完成までに約半年を要するのだ。

あくまでも賽銭泥棒対策を施したからくりなので、ガチャガチャと遊びながら開けられる代物ではないので念のため。

なお、からくり賽銭箱の開け方は企業秘密のため、契約成立後、納品してようやく注文者に開示することになっている徹底ぶりだ。

そのからくり賽銭箱は、実に様々な種類に分かれ、貯金箱型、格子型(横格子型・縦格子型)、じょうご型、その他がある。

貯金箱型からくり賽銭箱
貯金箱型からくり賽銭箱
横格子型からくり賽銭箱
横格子型からくり賽銭箱
縦格子型からくり賽銭箱
縦格子型からくり賽銭箱
じょうご型からくり賽銭箱
その他(ポスト型)賽銭箱
その他(屋根付き型)賽銭箱 以上有限会社伴田鉄工所HPから引用
その他(屋根付き型)賽銭箱
以上有限会社伴田鉄工所HPから引用

特に寺院・神社でなくとも、大切な物や重要な物を保存したい人ならば、きっと重宝するはず。

防犯対策にうるさい人は、注文しよう。

■ステンレス製からくり賽銭箱
http://www.tesuri-monpi.com/handahp/link/saisen-form.html

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-2-6 4:56

跟贴 0

全国の寺院イベント網羅!発見し、体験し、繋がる『まちのお寺の学校』【連載:アキラの着目】

全国の寺院イベント網羅!発見し、体験し、繋がる『まちのお寺の学校』【連載:アキラの着目】

2年前

街中を歩いていると、都会の喧騒とは無縁な、そこだけ時が止まったかのような、凛とした雰囲気の場所に出くわすことがある。

何の場所だろうと思い、門らしきところを見ると、大抵は寺院だったり、神社だったりで、やはりそうかと。

そんな場所に身を置けば、心が落ち着くのはもちろんのこと、何かを学んでも邪念無しで頭に入るような気がしてならない。

だからだろうか、実は寺院は参拝だけでなく、講座を学べる場所だったり、体験できる場所だったり、人との交流の場であったりするのだ。

日本全国の寺院で開催される、そういった様々なイベントや教室・講座を網羅したサイトが『まちのお寺の学校』だ。

寺院を舞台に「学びたい人」と「教えたい人」が繋がり、「よりよく生きるための有意義な時間」を一緒に生み出せる機会を紹介している。

寺ヨガ まちのお寺の学校|お寺イベント情報サイトから引用
寺ヨガ
まちのお寺の学校|お寺イベント情報サイトから引用

講座・イベントは多種多様で、「ゆったり寺ヨガ」や「死の体験旅行」、「お坊さんのハピトレ」、「五味で味わう和の香り」、「作ってたのしむ和ろうそく」、「寺シネマ」、「円空仏像彫刻にチャレンジ」、「まちのみんなの文化祭”寺市”」、等々、スポーツ系もあれば、美術系もあったりで、自分のための時間を寺院で費やしたい人にはたまらない。

仏像彫刻 まちのお寺の学校|お寺イベント情報サイトから引用
仏像彫刻
まちのお寺の学校|お寺イベント情報サイトから引用

直近では、本日2019年10月6日(日)16:00~18:00、東京・渋谷の書坊にて「心豊かなワインライフ」なる講座もある。

2019年10月6日(日)16:00~18:00 東京・渋谷の書坊「心豊かなワインライフ」 まちのお寺の学校|お寺イベント情報サイトから引用
2019年10月6日(日)16:00~18:00 東京・渋谷の書坊「心豊かなワインライフ」
まちのお寺の学校|お寺イベント情報サイトから引用

興味のある人は、すぐさま行ってみよう。

”ココロ”と”カラダ”を調え、よりよく生きる気づきを得て、良き人の繋がりをつくる場が寺院なのだ。

■まちのお寺の学校|お寺イベント情報サイト?発見し、体験し、繋がる。
https://www.machitera.net/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-10-6 4:56

跟贴 0

中世城郭・世田谷城のあった招き猫発祥の地・豪徳寺(東京都世田谷区)【連載:アキラの着目】

中世城郭・世田谷城のあった招き猫発祥の地・豪徳寺(東京都世田谷区)【連載:アキラの着目】

2年前

豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち今回のニッポンニュースで取り上げるのは、知る人ぞ知る東京都世田谷区にある豪徳寺。

台東区・浅草今戸神社、新宿区落合南長崎・自性院と並び、「招き猫発祥の地」としても有名な寺だ。

1633年に現在のこの地・世田谷領が彦根藩の管轄となり、彦根藩2代当主・井伊直孝が井伊家の菩提寺としてこの寺の伽藍等を整備した。

豪徳寺という名の由来は、その井伊直孝の戒名「久昌院殿豪徳天英居士」の「豪徳」から拝借したとのこと。

江戸藩邸で暮らしていた井伊直孝がある日、鷹狩りの帰路、この付近を通りがかった際に、自分を招いているような1匹の猫を見かける。

井伊直孝がその猫の招きで門内に入るや否や、急な激しい雷雨となった。

この猫のおかげで、雷雨を回避でき、そのうえ和尚さんのありがたい法話も聴くこともでき、井伊直孝は大変喜んだとのこと。

その逸話が「招き猫発祥の地」として今日まで言い伝えられているのだ。

そんな微笑ましい逸話のある「招き猫発祥の地」豪徳寺だが、元々この地は、世田谷に本拠を置き、代々居を構えた奥州吉良氏によって築かれた世田谷城があった。

世田谷城の縄張り(敷地の範囲)は現在の豪徳寺と世田谷城址公園を含む辺りと推測され、世田谷城の空堀及び土塁の幾つかは現存している。

世田谷城の城郭構造(推定)
世田谷城の城郭構造(推定)

では早速、豪徳寺・世田谷城を散策してみよう。

豪徳寺の参道に入ってゆくと、向かって右側(参道東側)に世田谷城の土塁を観ることができる。

豪徳寺参道右側(参道東側)に現存する世田谷城の土塁
豪徳寺参道右側(参道東側)に現存する世田谷城の土塁

コンクリート塀からちょっと頭をのぞかせているので、誰でも視認できよう。

突き当たると右斜めに道が曲がるので、そこで振り返ると、世田谷城の城郭構造(推定)における「郭A(築城当時は「二の郭」もしくは「奥御所」とも)」を望める。

世田谷城「郭A(築城当時は「二の郭」もしくは「奥御所」)
世田谷城「郭A(築城当時は「二の郭」もしくは「奥御所」)

何もわからない人が見ると、ただの空き地にしか見えないが、所々に土塁を散見できる。

豪徳寺境内に足を踏み入れると、そこは世田谷城の「前郭」であったところで、進行方向左側に三重塔が姿を現す。

豪徳寺境内(世田谷城「前郭」)にある三重塔
豪徳寺境内(世田谷城「前郭」)にある三重塔

三重塔を越えた辺りに左側に行ける小径が現れるので、そこを歩くと招福殿や、その脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たちを観ることができる。
豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち

豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち
豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち

豪徳寺境内の開けた場所には仏殿や社務所があり、ここでも招き猫が歓迎していた。

豪徳寺仏殿
豪徳寺仏殿
豪徳寺社務所
豪徳寺社務所前にある招き猫
豪徳寺社務所前にある招き猫

筆者の訪れた時間が夕方で閉館間際だったこともあって、社務所はすでに閉まっており、招き猫を購入できなかった。

あらためて次回にチャレンジして、招き猫をゲットしたい。

参拝も終え、豪徳寺境内を離れ、隣接する世田谷城址公園へ。

かなり整備され、当時の面影がないのではと期待していなかったが、実際に行ってみたら、郭や土塁、空堀が残っており、東京23区内にまだこれだけの城郭が残っていることに嬉しさを感じた。

世田谷城「郭F(南郭)」 現・世田谷城址公園
世田谷城「郭F(南郭)」
現・世田谷城址公園
世田谷城の空堀  現・世田谷城址公園世田谷城の空堀  現・世田谷城址公園
世田谷城の空堀  現・世田谷城址公園
世田谷城の空堀
現・世田谷城址公園

特に「郭F(南郭)」と空堀の高低差は想像以上にあり、中世城郭マニアにとっては十分なご馳走となろう。
世田谷城「郭F(南郭)」と空堀の高低差

世田谷城「郭F(南郭)」と空堀の高低差 現・世田谷城址公園
世田谷城「郭F(南郭)」と空堀の高低差
現・世田谷城址公園

世田谷区の閑静な住宅街にある一寺院に過ぎない豪徳寺なのだが、「招き猫発祥の地」という惹きが強いのか、海外からの訪問・参拝客もそこそこいたのには驚き。

やはり招き猫は日本のみならず世界で人気となりうる存在であることを認識した次第だ。

付け加えるとしたら、招き猫だけでなく、中世城郭・世田谷城の土塁・郭・空堀も併せて観ることを推奨したい。

【大谿山(だいけいざん)豪徳寺 詳細】

・所在地:〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
・アクセス:小田急線「豪徳寺」駅徒歩10分、東急世田谷線「宮の坂」駅徒歩5分
・宗派:曹洞宗
・文化財:彦根藩井伊家墓所(国の史跡)、井伊直弼墓(東京都指定史跡)、他多数
・お問合せ:03-3426-1437

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-9-6 4:56

跟贴 0

はねず色の眩い襖絵、小野小町縁の随心院(京都市山科区)【連載:アキラの着目】

はねず色の眩い襖絵、小野小町縁の随心院(京都市山科区)【連載:アキラの着目】

2年前

山科区にある真言宗善通寺派の大本山・随心院(ずいしんいん)は、平安時代の女流作家で絶世の美女として知られる小野小町が余生を送った寺として広く知られている。

この由緒ある古刹で最近話題になっているのが、はねず色を基調とした極彩色の眩い襖絵「極彩色梅匂小町絵図」だ。

はねず色とは、薄紅色の古語で、現代でいうならばピンクのことだ。

小野小町の一生を襖に描いたら、きっと面白いはずだというアイデアがきっかけで、京都の二人組グラフィックデザイナー・ユニット「だるま商店」により、はねず色の襖絵「極彩色梅匂小町絵図」が2009年に完成された。

小野小町 狩野探幽「三十六歌仙額」
小野小町
狩野探幽「三十六歌仙額」

4面からなるこの襖絵「極彩色梅匂小町絵図」は前述した通り、小野小町の波乱万丈の生涯が描かれている。

左から
1枚目(生誕の図):小野小町が生まれたとされる出羽の国(現・秋田県)での生活の様子
2枚目(饗宴の図):京都御所で仁明天皇のもと宮仕えをする様子
3枚目(伝承の図):宮仕えを辞めて、山科小野の里で過ごす様子
4枚目(夢幻の図):山科小野を出て諸国を放浪する様子
となっている。

小野小町の雅な生活も、その晩年には華やかさとは程遠いものだったとかで、多くの謎に包まれている。

「極彩色梅匂小町絵図」は元々撮影禁止だったが、寺が参拝客・観光客の要望に応えるかたちで2018年4月撮影OKに。

すると、たちまちSNSで話題になり、インスタ映えする写真を撮りたい女性の参拝者が多く訪れるフォトスポットになった。

ただし、朝一番に訪れると、誰もいない自分1人だけの”貸切状態”になることもあるのだとか。

襖絵「極彩色梅匂小町絵図」は、誰が見ても雅で儚い世界に誘うことだろう。

【小野小町ゆかりの門跡寺院 真言宗大本山 隨心院】

・所在地:〒607-8257 京都市山科区小野御霊町35
・電話番号:075-571-0025
・FAX番号:075-572-3690
・メールアドレス:info@zuishinin.or.jp
※襖の奥は立入禁止、襖に触れないこと

■真言宗 大本山 隨心院
http://www.zuishinin.or.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-8-28 4:56

跟贴 0

長野県だけでなく愛知県にも ~善光寺(東海別院)~【連載:アキラの着目】

長野県だけでなく愛知県にも ~善光寺(東海別院)~【連載:アキラの着目】

2年前

今回のニッポンニュースは佛教関連だ。

佛教の良さを率先して世界に広めて発信するのがFJ NEWSなのだから、ニッポンニュースも佛教について取り上げるのは全然おかしくはない。

ということで、今回取り上げるのが、善光寺東海別院(愛知県稲沢市)だ。
善光寺東海別院(愛知県稲沢市)

珍しいことに、特にどこかの宗派に属する佛教寺院ではなく、無宗派の佛教寺院なのだ。

以前から筆者は、何かの折でこの善光寺東海別院を知り、いつかお参りしたいと思っていた。

というのも、信濃の善光寺にお参りしたことがある筆者にとって、愛知県にもある善光寺も”お参り制覇”したいなと思っていたからだ。

筆者の家系は代々曹洞宗で、今回愛知県の寺院をお参りするにあたって、曹洞宗の寺院をお参りするという選択肢もあった。

しかし、前述の通り、愛知県の善光寺も”お参り制覇”したいという願望が勝り、宗派にとらわれずに善光寺東海別院を選択した次第だ。

この善光寺東海別院は、言い伝えによると、1582年(天正10年)に織田信長・信雄親子によって、善光寺ご本尊如来様が岐阜より尾張甚目寺へ御遷座の途中、祖父江付近に立ち寄られたことがあり、その地に明治42年・43年と蓮田であった境内地に1本の茎から2つの花が咲くという奇瑞を縁として、開基旭住上人が信州善光寺本坊大勧進より善光寺如来様を勧請して、創立したのが始まりだ。

ゆえに、善光寺東海別院は信州善光寺の別院であり、山号を双蓮山、寺号を善光寺と称すのだ。

ちなみに善光寺東海別院にいらっしゃる善光寺如来様は、現当二世(この世もあの世も)お守り下さるありがたい仏様で、ご利益がある。

では早速、善光寺東海別院にお参りだ。

善光寺特有の撞木(しゅもく)造りで、間口8間奥行12間の総欅造りの大伽藍である善光寺東海別院本堂は、信州善光寺本堂の約3分の2の大きさを誇る。
信州善光寺本堂の約3分の2の大きさを誇る善光寺東海別院本堂

長野の善光寺にお参りした人ならば、おわかりになるかと思うが、一見すると、ああ長野の善光寺さんに似てるな、と思うはずだ。

ただし、長野の善光寺と異なるのは、日曜日にもかかわらず、かなり人が空いていたことだ。

お参りする前は、善光寺東海別院にはさぞかし参拝客がそれなりに大勢いて、混雑しているんだろうなと思いきや。

良い意味で拍子抜けを食らった形だが、列の後ろの人に急かされて、しっかり祈願することもできず、ただお賽銭をあげただけ、ということはなく、ゆっくりと落ち着いて祈願できるのは精神衛生的にも良いことだ。

なので、筆者は存分に祈願することができた。

寺院につきもののおみくじだが、通常のものの他に「恋みくじ」もあり、写真に収めたかったが、本堂内は撮影禁止ということで、写真はなく文章だけだ。

筆者は祈願した後は、両親、親戚縁者、大切な人のために通常のお守りや学業成就のお守り、交通安全のお守り、商売繁盛のお守りを購入したのだった。

通常のお守り
通常のお守り
学業成就のお守り
学業成就のお守り
交通安全のお守り
交通安全のお守り
商売繁盛のお守り
商売繁盛のお守り

現時点では、名前の割には穴場感があり、繰り返し言うが、ゆったりとお参りできる環境だ。

宗派を問わず受け容れる佛教寺院なので、東海地域に行った際には気軽にお参りしてみよう!

【善光寺東海別院 詳細】

・所在地:〒495-0001 愛知県稲沢市祖父江町祖父江南川原57-2
・アクセス:名鉄尾西線「森上」駅よりタクシーで5分、東海道新幹線「岐阜羽島」駅よりタクシーで15分
・参拝案内:先祖供養、永代供養、水子供養、ペット供養、人形供養、位牌供養、仏壇供養、墓供養、安産祈願、厄除け祈願、方位除け祈願、自動車交通安全祈願、初まいり祈願、その他祈願
・問い合わせ:TEL 0587-97-0043 FAX 0587-97-6043 メール info@zenkoji.com

■善光寺東海別院
http://www.zenkoji.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-6-24 4:56

跟贴 0

デヴィ夫人、はるな愛さんらも豆まきに!不動ヶ岡不動尊總願寺節分会(埼玉県加須市)【連載:アキラの着目】

デヴィ夫人、はるな愛さんらも豆まきに!不動ヶ岡不動尊總願寺節分会(埼玉県加須市)【連載:アキラの着目】

2年前

豆まきに参加するデヴィ夫人昨日2月3日は「節分の日」。

一般的にこの「節分の日」には「鬼は外、福は内」と声を発しながら福豆(煎り大豆)を撒き、年齢の数(または年齢の数よりも1つ多い数)だけ福豆を食べることで厄除けをするといわれている。

元々「節分」は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことをいっていたり、「季節を分ける」ことを意味していたのだが、日本では江戸時代以降、特に立春(毎年2月4日頃)の前日を「節分」というようになったのだとか。

そんな「節分の日」には毎年全国各地の寺院で恒例の豆まきが盛大に行われる。

FJ時事新聞ニッポンニュースは、関東三大不動の一つに数えられる不動ヶ岡不動尊總願寺(埼玉県加須市)の節分会に行ってみた。
不動ヶ岡不動尊總願寺(埼玉県加須市)節分会

まず黒門をくぐることに。
不動ヶ岡不動尊總願寺黒門

くぐって、いくつか並んでいる出見世を通り抜けると、もう目の前が不動堂だ。
不動ヶ岡不動尊總願寺不動堂不動ヶ岡不動尊總願寺不動堂

安全確保のためにある緑の柵が、古式ゆかしい本堂とはミスマッチだが、大人数が殺到する「節分の日」なので致し方ない。

不動堂の反対側には、周囲の出見世の照明でややライトアップされたような山門が建つ。
不動ヶ岡不動尊總願寺山門

不動ヶ岡不動尊總願寺には早めに到着したので、市内小・中学校児童・生徒による武州加須囃子演奏を観賞できたり、地元の埼玉県立不動岡高等学校吹奏楽部による演奏も観賞できた。
市内小・中学校児童・生徒による武州加須囃子演奏埼玉県立不動岡高等学校吹奏楽部による演奏

意外にも女性部員が圧倒的に多い不動岡高等学校吹奏楽部は、か弱いかと思いきや実にパワフルな演奏で、参拝客の心を高揚させるには十分すぎるほどだった。
埼玉県立不動岡高等学校吹奏楽部による演奏

この演奏を聴いた人たちは皆、節分の豆まきに対する心の”戦闘モード”が整ったことだろう。

そしていよいよ演奏後から約2時間が経過した20時30分。

打ち鳴らされる半鐘の音を合図に、燃えさかる大松明を掲げた赤鬼、剣を振りかざす青鬼、こん棒を抱えた黒鬼が登場し、不動ヶ岡不動尊總願寺不動堂の回廊を駆け巡る。
燃えさかる大松明を掲げた赤鬼

ちなみにこの大松明の火の粉を浴びると「厄除け」になるそうだ。

これら3体の鬼の登場に合わせ、年男たちも回廊に登ると、「鬼追い豆まき式」がついにスタートだ。

21時過ぎにはいよいよ芸能人・著名人も現れ、司会担当のビートきよしさん(ビートたけしさんの相方)が豆まきに参加する芸能人・著名人を順番に紹介してゆく。
豆まきに参加する芸能人・著名人豆まきに参加する芸能人・著名人

その中には誰もが知るデヴィ夫人、ニューハーフ・タレントのはるな愛さん、MISONOさんらの姿も見られ、盛大な豆まきが行なわれた。
豆まきに参加するデヴィ夫人豆まきに参加するデヴィ夫人、ニューハーフ・タレントのはるな愛さん、MISONOさんら<img src="http://fjnews.jp/wp-content/uploads/2019/02/s-017.jpg" alt="豆まきに参加するデヴィ夫人、ニューハーフ・タレントのはるな愛さん、MISONOさんら" width="640" height="404" class="aligncenter size-full wp-image-172357" />

投げられてくるのは豆だけでなく、チョコレートやスナック菓子等も、またティッシュに来るんだ硬貨もあり、取り損なうと顔や手にぶつかり、結構痛かったりするのだが、気分が高揚し、投げられてくる物をゲットするのに躍起になっているためか、いちいち痛さにかまっていられないのが実情だ。
投げられてくる豆、チョコレート、スナック菓子等、またティッシュに来るんだ硬貨投げられてくる豆、チョコレート、スナック菓子等、またティッシュに来るんだ硬貨

とにかく目前に飛んでくる豆や菓子をゲットして、”戦利品”にしなければと、皆無我夢中なのだ。

こうした豆まきは22時頃まで続いた。

400年の歴史を持つ不動ヶ岡不動尊總願寺節分会に今回初めて参加してみたが、気分が明るくなるし、厄除けになるし、”戦利品”を頂けるし、芸能人・著名人を間近で観ることができるし、良いこと尽くし。

見るのと参加するのとでは大違い。

やはり実際に参加すると、見た目以上に幸せな気分になれた節分会だった。

まだ節分会に参加したことのない人は、来年こそは参加してみよう!

■埼玉県加須市 總願寺 初詣・節分会・火渡り式・厄除等の御祈願は不動ヶ岡不動尊へ。真言宗の寺院で関東三大不動のひとつです。
http://www.souganji.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

 

2019-2-4 4:56

跟贴 0

寺院イベントの情報サイト「寺子屋ブッダ」【連載:アキラの着目】

寺院イベントの情報サイト「寺子屋ブッダ」【連載:アキラの着目】

3年前

我々おじさん・おばさん世代の中高における修学旅行では、京都・奈良の寺社巡りが主であった。

今でこそ寺院や神社に行くのは、最も日本らしい風景や文化の1つであるし、厳かな佇まいに触れることで、心が浄化されるような気がして、全然苦にならない。

しかし、中高生の頃は寺社巡りするのが解せなくて、「なぜもっと最先端のスポットを巡らないのだろう?つまらない!」と思っていたものだ。

現在は、訪日観光客の増加により、日本国内の様々な寺社が彼らに評価され、それが日本人にも伝えられ、あらためて寺社が日本人によって再評価され出したということもあるかと。

なので、現代の若者は、中高生時代の我々ほどの、寺社に対する”アレルギー”はないようだ。

むしろ、恋愛成就や縁結びのパワースポットとしての寺社がメディアで注目されるようになったことで、寺社巡りや御朱印集めに夢中になる若い女性が多く出現するようになった。

そうした流れに乗っかるように最近、お寺関連のサイトが多く見受けられるようになった。

その中で気になったのが、寺院イベントの情報サイトである「寺子屋ブッダ」だ。

寺院イベントの情報サイト「寺子屋ブッダ」トップページから引用
寺院イベントの情報サイト「寺子屋ブッダ」トップページから引用

学べるイベントや年中行事、身体を動かすヨガや、反対に身体を動かさない座禅、精進料理のイベントなど、カテゴライズされており、自分の気になる寺院イベントを探すことができ、便利なサイトだ。

実際に「寺子屋ブッダ」のトップページを見ると、「坐禅・マインドフルネス体験合宿」や「寺ヨガ&精進料理&ハイキング(自由参加)」、等々といった寺院イベントを掲載している。

気軽に寺院に足を運んでもらおう、仏教を身近に感じてもらおう、というコンセプトが感じられ、これまで仏教に馴染みのなかった人でもクリックしたくなるような作りになっている。

事前にお寺関連のイベントを調べたい人、仏教に興味を持った人は、まずは「寺子屋ブッダ」にアクセスしてみよう。

貴方に合った寺院イベントがきっとあるはずだ。

■お寺イベントの情報サイト 寺子屋ブッダ
https://www.tera-buddha.net/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-7-23 4:54

跟贴 0

“加班”累出“工伤” 日本一僧人起诉寺院

“加班”累出“工伤” 日本一僧人起诉寺院

3年前

来源:新华网

日本一名僧人以“加班”强度过大、患上抑郁症为理由,把他曾“工作”的寺院告上法庭,要求对方支付拖欠的“工资”和补偿金共计将近900万日元。

这名僧人40多岁,曾在日本佛教圣地高野山一座寺院出家。日本《朝日新闻》17日报道,他上月末向和歌山地方法院起诉寺院,说他因为连续“加班”患上抑郁症,要求寺院方面支付劳动报酬、补偿金等共计860万日元(约合50万元人民币)。

按照这名僧人的说法,他2008年开始在这座寺院“工作”,从清晨5时开始,最晚持续至晚上9时至11时。2015年高野山开山1200年时,游客蜂拥而至,作为接待,他的工作量大增。当年3月25日至5月27日,他连续64天工作;9月17日至10月18日,连续32天没有休息。同年12月,他患上抑郁症,次年3月办“病休”。政府劳动标准监管部门2017年认定,他的病是“工伤”,寺院方面应支付他休养期间的“薪水”。

法新社17日援引这名僧人律师的话报道,院方的说法是,“劳动是修行的一部分”,因而“再艰苦也必须忍受”。“在这一案件中,我们要说,这种观念过时了。”

律师说,这名僧人要求不公开他的姓名和寺院名,原因是他可能最终仍回寺院“上班”或者去其他寺院找“工作”。

寺院方面拒绝就这起诉讼作出回应。(惠晓霜)

FJ時事新聞
责任编辑:黄达_HS104

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

 

2018-5-24 4:14

跟贴 0

浅野内匠頭長矩と赤穂四十七義士が眠る泉岳寺(東京都港区)【連載:アキラの着目】

浅野内匠頭長矩と赤穂四十七義士が眠る泉岳寺(東京都港区)【連載:アキラの着目】

3年前

今回取り上げるのは、青松寺、総泉寺とともに曹洞宗江戸三箇寺の1つに数えられる萬松山泉岳寺(以下文中表記は泉岳寺)だ。

泉岳寺は、慶長17年(1612年)に徳川家康が、幼少時に身を寄せた今川義元の菩提を弔うために、門庵宗関和尚(1546年~1621年)を招いて、江戸城近接の外桜田に創建された曹洞宗の寺院だ。

寛永18年(1641年)寛永の大火によって泉岳寺は伽藍を焼失し、三代将軍・徳川家光(1604年~1651年)の命で、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷(みずのや)の5大名により、現在の高輪の地に移転再建された(正保年間〈1644年~1648年〉という説もあり)。

筆者にとっての泉岳寺は、家康がどうこう、家光がどうこう、というよりも、やはり浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)と赤穂四十七義士の墓所がある寺院としての印象が強い。

よくご存知ではない人のために、簡単に浅野内匠頭長矩と赤穂四十七義士による「赤穂事件」(「忠臣蔵」、「赤穂義士伝」ともいわれている)について説明すると…。

江戸城松之大廊下で高家の吉良上野介(きらこうずけのすけ)義央に斬りつけたとして、播磨赤穂藩藩主・浅野内匠頭長矩が切腹に処せられた。

この一件では、一方的に浅野内匠頭長矩のみが切腹で、吉良上野介にはお咎めなしという裁定が下され、なおかつ赤穂藩浅野家は改易(お家取り潰し)になったことで、浅野内匠頭長矩家臣の大石内蔵助良雄以下赤穂四十七義士が本所の吉良邸に討ち入り、吉良義央らを討って、主君の敵討ちを果たした。

その後、赤穂四十七義士は、徳川幕府から切腹を命じられ、ゆえに、彼らの墓所がこの泉岳寺にあるということなのだ。

では、前置きはこれくらいにして、実際に行ってみよう。

都営浅草線・泉岳寺駅西側に位置する坂を登った突き当りに泉岳寺はある。

ちょうど坂を登りきった辺り(伊皿子坂の起点)に、泉岳寺周辺の地理を把握できる「高輪潮の香散歩」という地図があるのだが、

泉岳寺周辺の地理を把握できる「高輪潮の香散歩」という地図

この地図を見ても見なくても、真正面には泉岳寺中門をしっかりと視認でき、

泉岳寺中門
泉岳寺中門
 

さらに奥の泉岳寺山門(「泉岳寺」と書かれた扁額)も視認できる。 

まずはとにかくこの泉岳寺中門を潜り、泉岳寺山門に到達しよう。

泉岳寺山門を潜る前に、門右手に泉岳寺境内の地図と、大石内蔵助良雄(おおうちくらすけよしお/よしたか)の銅像があるので、それらを見てから参拝する。

泉岳寺境内の地図
泉岳寺境内の地図

大石内蔵助良雄(おおうちくらすけよしお/よしたか)銅像
大石内蔵助良雄(おおうちくらすけよしお/よしたか)銅像

大石内蔵助良雄は、江戸本所の吉良屋敷表門に突入した大将で、赤穂四十七義士のリーダー的存在だ。

泉岳寺山門
泉岳寺山門

泉岳寺山門を潜ると、横広な本堂が視界に飛び込んでくる。

筆者は、あえて松の木越しに見たくて、そのポイントでスマホカメラを使って撮影。

松の木越しに見える泉岳寺本堂
松の木越しに見える泉岳寺本堂

↓は、今潜った泉岳寺山門の方を見返した写真で、先ほどの写真は、まさにこの斜めに聳え立つ松の木越しから撮影した。

泉岳寺山門
泉岳寺山門

本堂で参拝した後に撮影したのが↓の写真。

斜めから撮影した泉岳寺本堂
斜めから撮影した泉岳寺本堂

ここでもやはり、独特のうねりで成長した松の木を見ることができる。

さらに本堂南側に回り込むと、澤木興道(1880年~1965年)老師の銅像が現れる。

泉岳寺本堂と澤木興道の銅像
泉岳寺本堂と澤木興道の銅像

浅野内匠頭長矩と赤穂四十七義士の墓所は、泉岳寺山門南側の一角に「義士墓所」の立て札があるので、それに従って南方向に歩こう。

泉岳寺山門南側の一角にある「義士墓所」立て札
泉岳寺山門南側の一角にある「義士墓所」立て札

すると、「主税梅(ちからうめ)」なる梅の木が現れる。

この「主税梅」は、大石良金(おおいしよしかね)こと大石主税(おおいしちから)が切腹した松平隠岐守三田屋敷に植えられていたと伝えられている梅なのだとか。

主税梅(ちからうめ)
主税梅(ちからうめ)

「主税梅」のすぐ脇が国指定史跡「赤穂義士墓所」の入口だ。

国指定史跡「赤穂義士墓所」入口
国指定史跡「赤穂義士墓所」入口

ちなみに筆者が行った時は、ちょうど前方から戻ってくる西洋人カップルと出くわした。

「赤穂義士墓所」入口を進むと、左手には「赤穂義士記念館」が、

赤穂義士記念館
赤穂義士記念館

右手には「義士木像館」があり、これらには別の機会に立ち寄ろうかと。

義士木像館
義士木像館

さらに進むと、「義士墓入口の門」がお出迎え。

義士墓入口の門
義士墓入口の門

この門を潜ると、線香売り場があるので、そこで線香一束(税込100円)を購入し、義士たちへ線香をあげよう。

墓所には、来訪者のために墓の位置を記した「義士墓解説」が和文、英文2種類があり、これでどの墓が誰なのか把握できる。

義士墓解説(和文)
義士墓解説(和文)

義士墓解説(英文)
義士墓解説(英文)

筆者も他の訪問者同様に、義士たちの墓に線香をあげたのだが、墓石に刻まれた「享年」を見ると、20代、30代の若い義士たちが多く、彼らの多くが短い人生だったことに衝撃を受けた。

こう言ってしまうと、非常に失礼極まりないのだが、サラリーマンに例えると、てっきり中高年の役職クラスばかりだろう、という勝手なイメージを持っていただけに、呆気にとられてしまった。

個別に墓を撮影することはしなかったが、引いたアングルでは2枚撮影。

義士墓
義士墓

今回は駆け足で廻ってしまったこともあり、次に参る際は、もう少しじっくりと廻ってみようかと思った次第だ。

■曹洞宗 江戸三ヶ寺 萬松山 泉岳寺
http://www.sengakuji.or.jp/

・所在地:東京都港区高輪2-11-1
・アクセス:都営浅草線 泉岳寺駅下車(A2出口) 徒歩1分 約200m

※線香の料金は2018年3月6日現在のもの

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-3-9 4:46

跟贴 0