好きな時にどこからでも受検可能、日本城郭検定オンライン入門級【連載:アキラの着目】

好きな時にどこからでも受検可能、日本城郭検定オンライン入門級【連載:アキラの着目】

2か月前

日本には国宝・姫路城をはじめとした優美な城が全国に存在する。

しかし、そうした優美な城は全体の一部にしか過ぎない。

というのも、日本全国には天守のない城のほうが圧倒的に多く、その数は3万~4万ともいわれているからだ。

なので、城というと大抵の人は前述の姫路城のように天守のある城を思い浮かべるが、多くの城は山に土塁や堀、切岸、虎口(こぐち。城の出入口)、馬出(城門防御&出撃口)などが築かれた、天守のない城ばかりなのだ。

天守のない城でも愛好家やマニアがおり、様々な城を巡ってはそれらの知識・情報をインプットし、各自が”自称「城博士」”となってゆくのだ。

”自称「城博士」”は他の城マニアと比較して、どのくらいの位置に自分はいるのか気になるものだ。

それを測ることができる指標にもなり、ステータスにもなるのが日本城郭検定だ。

検定主催者側からすれば、日本の財産である、城の奥深い魅力をより多くの人に知って欲しいという思いで日本城郭検定を行なっている。

その日本城郭検定がなんとWeb上で、それも無料で受けられるという画期的なオンライン入門級が登場した!!

日本城郭検定 オンライン入門級 公式サイトから引用
日本城郭検定 オンライン入門級 公式サイトから引用

好きな時にどこからでも無料で受検できるのは、とてもありがたい。

受検に失敗してもお金がかからないし、クイズ感覚で受検できるから、城マニアでなくともとにかくチャレンジしてみよう!

貴方でも認定証をもらえるかもしれない。

【日本城郭検定 オンライン入門級 詳細】

・出題形式:50問出題(四者択一)
・制限時間:60分
・合格基準:30問以上正解で合格
・受験料:無料
・認定証:合格後すぐにダウンロード可能
・主催:日本城郭協会
・特別協力:株式会社ワン・パブリッシング
・企画・運営:日販セグモ株式会社

■日本城郭検定 オンライン入門級 公式サイト
https://www.kentei-uketsuke.com/shiro/online/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-2-25 4:56

跟贴 0

2021年3月度見学会「武蔵岩槻城」、3月27日開催(日本城郭史学会主催)【連載:アキラの着目】

2021年3月度見学会「武蔵岩槻城」、3月27日開催(日本城郭史学会主催)【連載:アキラの着目】

2か月前

一般人からすると「城=天守」と思う人があまりにも多いため、実際に日本全国で存在する城が約3万城もあると伝えると、必ずといっていいほど「嘘だぁ~!」と答える。

しかし、これは本当のことであり、天守の存在しない城のほうが圧倒的に多いのだ。

そうした天守のない城はどこを観るんだという、これまた一般人の声が聴こえてきそうだが、城マニアからすると、ちゃんと見どころがあるのだ。

土塁、横堀、竪堀、畝堀(うねぼり)、切岸(きりぎし)、石垣、郭(くるわ)、虎口(こぐち)、城のある地形や高低差、等々、観るべきものがいくらでもあるのだ。

こうした城を観るのは、一人でも友人とでも、誰とでも構わないのだが、やはりその城に精通している人と一緒に巡り、説明してもらいながら観ると、実にわかりやすい。

城によっては「城の説明会」や「城の見学会」、「城散策」が催されていることもあるので、興味のある城ならば参加してみるといい。

前置きが長くなったが、今回のニッポンニュースでは、埼玉県にある岩槻城に関係する武将や大名ゆかりの寺や城の遺構など、戦国期から明治の廃城までの岩槻をめぐる見学会を取り上げる。

大宮台地岩槻支台上に築かれた戦国時代の平山城である岩槻城は、江戸城・河越城を築城した太田道真・太田道灌父子が築いたという説と、忍城主・成田顕泰の父である成田自耕斎正等が築いたという説に分かれる、実にミステリアスな城だ。

岩槻城黒門 Wikipediaから引用
岩槻城黒門
Wikipediaから引用

その岩槻城を巡ることで新たな気づきがあるかもしれないし、現存しなくても門を自分なりに想像を掻き立てて妄想に耽るのもいいかもしれない。

来月3月27日昼からの開催なので、これから城について詳しくなりたい人も参加してみよう。

【2021年3月度 見学会開催 武蔵岩槻城 詳細】

・案内講師:阿部 和彦 氏(日本城郭史学会委員)
・日時&集合場所:2021/3/27(土) 12:30 東武アーバンパークライン(野田線)岩槻駅改札前
         ※必ず昼食を済ませておくこと
・見学予定コース:岩槻駅 – 岩槻郷土資料館 – 浄国寺 – 芳林寺 – 岩槻藩遷喬館 – 浄安寺 – 時の鐘 – 大手門 – 旧三の丸 – 新曲輪 – 鍛冶曲輪 – 岩槻駅解散
・参加費:会員1,000円、非会員1,500円
・申込方法:申込フォームから、または電話、メールでも受付可
※新型コロナウィルスの感染状況によっては中止になる場合あり
※出発前に自身の体調チェック、検温(37.5度未満である事)をすること
※当日マスク着用必須と受付時での非接触型体温計での検温実施

■2021年3月度 見学会開催 武蔵岩槻城 | 日本城郭史学会
https://castle-history.jp/news/20210130-2/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-2-9 4:56

跟贴 0

中世城郭・世田谷城のあった招き猫発祥の地・豪徳寺(東京都世田谷区)【連載:アキラの着目】

中世城郭・世田谷城のあった招き猫発祥の地・豪徳寺(東京都世田谷区)【連載:アキラの着目】

2年前

豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち今回のニッポンニュースで取り上げるのは、知る人ぞ知る東京都世田谷区にある豪徳寺。

台東区・浅草今戸神社、新宿区落合南長崎・自性院と並び、「招き猫発祥の地」としても有名な寺だ。

1633年に現在のこの地・世田谷領が彦根藩の管轄となり、彦根藩2代当主・井伊直孝が井伊家の菩提寺としてこの寺の伽藍等を整備した。

豪徳寺という名の由来は、その井伊直孝の戒名「久昌院殿豪徳天英居士」の「豪徳」から拝借したとのこと。

江戸藩邸で暮らしていた井伊直孝がある日、鷹狩りの帰路、この付近を通りがかった際に、自分を招いているような1匹の猫を見かける。

井伊直孝がその猫の招きで門内に入るや否や、急な激しい雷雨となった。

この猫のおかげで、雷雨を回避でき、そのうえ和尚さんのありがたい法話も聴くこともでき、井伊直孝は大変喜んだとのこと。

その逸話が「招き猫発祥の地」として今日まで言い伝えられているのだ。

そんな微笑ましい逸話のある「招き猫発祥の地」豪徳寺だが、元々この地は、世田谷に本拠を置き、代々居を構えた奥州吉良氏によって築かれた世田谷城があった。

世田谷城の縄張り(敷地の範囲)は現在の豪徳寺と世田谷城址公園を含む辺りと推測され、世田谷城の空堀及び土塁の幾つかは現存している。

世田谷城の城郭構造(推定)
世田谷城の城郭構造(推定)

では早速、豪徳寺・世田谷城を散策してみよう。

豪徳寺の参道に入ってゆくと、向かって右側(参道東側)に世田谷城の土塁を観ることができる。

豪徳寺参道右側(参道東側)に現存する世田谷城の土塁
豪徳寺参道右側(参道東側)に現存する世田谷城の土塁

コンクリート塀からちょっと頭をのぞかせているので、誰でも視認できよう。

突き当たると右斜めに道が曲がるので、そこで振り返ると、世田谷城の城郭構造(推定)における「郭A(築城当時は「二の郭」もしくは「奥御所」とも)」を望める。

世田谷城「郭A(築城当時は「二の郭」もしくは「奥御所」)
世田谷城「郭A(築城当時は「二の郭」もしくは「奥御所」)

何もわからない人が見ると、ただの空き地にしか見えないが、所々に土塁を散見できる。

豪徳寺境内に足を踏み入れると、そこは世田谷城の「前郭」であったところで、進行方向左側に三重塔が姿を現す。

豪徳寺境内(世田谷城「前郭」)にある三重塔
豪徳寺境内(世田谷城「前郭」)にある三重塔

三重塔を越えた辺りに左側に行ける小径が現れるので、そこを歩くと招福殿や、その脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たちを観ることができる。
豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち

豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち
豪徳寺招福殿脇にある大小様々で数え切れぬほどの招き猫たち

豪徳寺境内の開けた場所には仏殿や社務所があり、ここでも招き猫が歓迎していた。

豪徳寺仏殿
豪徳寺仏殿
豪徳寺社務所
豪徳寺社務所前にある招き猫
豪徳寺社務所前にある招き猫

筆者の訪れた時間が夕方で閉館間際だったこともあって、社務所はすでに閉まっており、招き猫を購入できなかった。

あらためて次回にチャレンジして、招き猫をゲットしたい。

参拝も終え、豪徳寺境内を離れ、隣接する世田谷城址公園へ。

かなり整備され、当時の面影がないのではと期待していなかったが、実際に行ってみたら、郭や土塁、空堀が残っており、東京23区内にまだこれだけの城郭が残っていることに嬉しさを感じた。

世田谷城「郭F(南郭)」 現・世田谷城址公園
世田谷城「郭F(南郭)」
現・世田谷城址公園
世田谷城の空堀  現・世田谷城址公園世田谷城の空堀  現・世田谷城址公園
世田谷城の空堀  現・世田谷城址公園
世田谷城の空堀
現・世田谷城址公園

特に「郭F(南郭)」と空堀の高低差は想像以上にあり、中世城郭マニアにとっては十分なご馳走となろう。
世田谷城「郭F(南郭)」と空堀の高低差

世田谷城「郭F(南郭)」と空堀の高低差 現・世田谷城址公園
世田谷城「郭F(南郭)」と空堀の高低差
現・世田谷城址公園

世田谷区の閑静な住宅街にある一寺院に過ぎない豪徳寺なのだが、「招き猫発祥の地」という惹きが強いのか、海外からの訪問・参拝客もそこそこいたのには驚き。

やはり招き猫は日本のみならず世界で人気となりうる存在であることを認識した次第だ。

付け加えるとしたら、招き猫だけでなく、中世城郭・世田谷城の土塁・郭・空堀も併せて観ることを推奨したい。

【大谿山(だいけいざん)豪徳寺 詳細】

・所在地:〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
・アクセス:小田急線「豪徳寺」駅徒歩10分、東急世田谷線「宮の坂」駅徒歩5分
・宗派:曹洞宗
・文化財:彦根藩井伊家墓所(国の史跡)、井伊直弼墓(東京都指定史跡)、他多数
・お問合せ:03-3426-1437

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-9-6 4:56

跟贴 0

諏訪原城(続日本100名城・静岡県島田市)~FJ時事新聞おすすめ名城~【連載:アキラの着目】

諏訪原城(続日本100名城・静岡県島田市)~FJ時事新聞おすすめ名城~【連載:アキラの着目】

3年前

諏訪原城二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀今回ご紹介する「FJ時事新聞おすすめ名城」は、戦国時代屈指の大名だった武田氏による、武田流築城術の粋が注入された名城の諏訪原城だ。

武田勝頼は、遠江(とうとおみ。徳川領)攻略の出城として普請奉行に馬場美濃守信春、普請奉行補佐に武田信豊を命じ、天正元年(1573年)に諏訪原城を築城させたといわれている。

天正3年(1575年)に武田氏と徳川氏の間で激戦が繰り広げられ、同年8月諏訪原城は落城、武田氏の城から徳川氏の城となった。

武田氏の築いた城の多くには丸馬出(まるうまだし)が存在するのだが、この諏訪原城も例に漏れず、丸馬出が散見される。

丸馬出とは、城マニア以外の人には聞き慣れないワードだが、これは何なのかというと…。

その前に、そもそも「馬出」とは何なのかの説明をしなければならない。

「馬出」とは、虎口(こぐち。城の戦闘用出入口のこと)の外側に曲輪(くるわ。「郭」とも書く。城の内外を土塁、石垣、堀等で区画したエリア)を築き、防御力を高めたものをいうのだ。

虎口 「城用語集 馬出」から引用

虎口 「城用語集 馬出」から引用
虎口 「城用語集 馬出」から引用

元々は、何もない虎口だと、味方の作戦ややり口が敵にまる見えで、そのうえ敵がそのまま直進して突破してくるから、「的土」と呼ばれる遮りを虎口の前に築いたのだが、その的土が進化・発展したのが馬出となった。

的土を設置した虎口 「城用語集 馬出」から引用

的土を設置した虎口 「城用語集 馬出」から引用
的土を設置した虎口 「城用語集 馬出」から引用

馬出にも大別して2種類あり、敵に対する面が直線で四角い囲みの馬出を「角馬出」といい、後北条氏の城に多くみられる。

角馬出 「城用語集 馬出」から引用
角馬出 「城用語集 馬出」から引用

もう1つが、敵に対する面が曲線で丸い囲みの馬出を「丸馬出」といい、前述したように武田氏の城に多くみられる。

丸馬出 「城用語集 馬出」から引用
丸馬出 「城用語集 馬出」から引用

直線3辺の角馬出よりも、曲線1辺の丸馬出の方が短距離で造成コストが低く、さらに配置人数を少なくできる、というメリットがある。

ちなみに諏訪原城では、こうした丸馬出を随所に配置し、なおかつ丸馬出の前面に、丸馬出しの曲線に沿った三日月堀を構築し、万全な防御を敷いており、この丸馬出&三日月堀が見られる城は諏訪原城以外では、新府城、田中城、江尻城など数少ない城に限られている。

「新府城 信玄を捜す旅」から引用&流用
「新府城 信玄を捜す旅」から引用&流用
「田中城 古城巡りの記録」から引用&流用
「田中城 古城巡りの記録」から引用&流用

ということで、丸馬出関連の説明は終わりにして、本題に入る。

では諏訪原城を巡ってみよう。

諏訪原城の駐車場に最も近い大手南外堀そばの説明板だ。

諏訪原城の駐車場に最も近い諏訪原城大手南外堀そばの説明板
諏訪原城の駐車場に最も近い諏訪原城大手南外堀そばの説明板

この説明板の隣には、諏訪原城のガイドブックをコピーしたものが置かれており、これを見ながら諏訪原城巡りをすると良いだろう。

2枚目は、その説明板横の大手南外堀で、往時はもっと深かったものと推測される。

諏訪原城大手南外堀
諏訪原城大手南外堀

3枚目は、大手南外堀の西南西に位置する旧東海道・菊川坂で、右に少し見える緑の茶畑が当時の大手外馬出だ。

諏訪原城大手南外堀の西南西に位置する旧東海道・菊川坂と、右に少し見える茶畑が大手外馬出
諏訪原城大手南外堀の西南西に位置する旧東海道・菊川坂と、右に少し見える茶畑が諏訪原城大手外馬出

その大手外馬出にさらに近づき、撮影したのが4枚目の写真で、右側3分の2を占めるエリアがそう。

諏訪原城大手外馬出
諏訪原城大手外馬出

5枚目は、大手曲輪でやはり現在は茶畑と化している。

諏訪原城大手曲輪
諏訪原城大手曲輪

6枚目は大手北外堀で、これまたやはり往時はもっと深かったはずだ。

諏訪原城大手北外堀
諏訪原城大手北外堀

7枚目は外堀で、安易に踏み入れることはできないくらい深く、危険だ。

諏訪原城外堀
諏訪原城外堀

8枚目は、前述した二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀で、「諏訪原城といえばこれ!」というくらいの特徴となっている。

諏訪原城二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀
諏訪原城二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀

昨今の城ブームにより、増加した来訪者の安全を確保するために、三日月堀に沿って柵が設置された。

9枚目は、先ほどの二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀に接近し撮影した「柵無しバージョン」の写真。

諏訪原城二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀
諏訪原城二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀

10枚目は、西側から撮影した「西側バージョン」の二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀だ。

諏訪原城二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀
諏訪原城二の曲輪中馬出(丸馬出)と三日月堀

この三日月堀に落ちたら間違いなく怪我するし、今の季節はスズメバチや蛇もいるだろうから、くれぐれも”道なき道”を歩かないように。

11枚目は、二の曲輪北馬出(右側)と堀切を撮影した写真で、敵の侵入を阻止するために元々真っ平らの地面を逆三角形状に土を掘り起こした。

諏訪原城二の曲輪北馬出(右側)と堀切
諏訪原城二の曲輪北馬出(右側)と堀切

12枚目は二の曲輪で、中央から左にかけて土塁が望める。

諏訪原城二の曲輪と土塁
諏訪原城二の曲輪と土塁

13枚目は、二の曲輪と本曲輪との間にある内堀。

諏訪原城二の曲輪と本曲輪との間にある内堀
諏訪原城二の曲輪と本曲輪との間にある内堀

やはりこの内堀も逆三角形状に掘り起こされており、人力による土木量がハンパないといった印象だ。

14枚目は、諏訪原城の中心となる本曲輪。

諏訪原城本曲輪
諏訪原城本曲輪

ここまで攻められたら、落城するしかない。

以上、戦国時代の名城・諏訪原城を観てきた。

敵の侵入をいかに阻止し、味方の攻撃を効果的に行なうかについて極められた城であることがおわかりになったと思う。

当然ながら、現在のようなブルドーザーやショベルカーなどの土木重機がない時代に造られた城で、すべて人力。

地元の農民などが駆り出され、これだけの土塁や堀を築いた凄さや過酷さが想像できよう。

開放的な諏訪原城のロケーションは、城に詳しくない人でも、ピクニック気分で巡ることができるので、ぜひ訪城することをおすすめする。

【諏訪原城(国史跡・続日本100名城)詳細情報】

・所在地:静岡県島田市菊川174
・電話番号:TEL0547-36-7967 FAX0547-37-2500(島田市役所 島田市教育委員会文化課 文化財係)
・入場料:無し
・駐車場:あり(無料)
・アクセス:JR東海道本線金谷駅下車 徒歩約30分、金谷駅より菊川神谷城線バス乗車、「諏訪原城バス停」下車。
      クルマ 金谷駅から3.7km(8分) 東名相良牧之原IC(約20分)、国道1号線バイパス大代IC(約15分)

■諏訪原城 島田市観光協会
http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=140

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-8-21 4:53

跟贴 0

難攻不落の総構え、後北条氏の居城・小田原古城【連載:アキラの着目】

難攻不落の総構え、後北条氏の居城・小田原古城【連載:アキラの着目】

3年前

毎年発表される全国入城者数ランキング(有料のみ)。

今年も前年の分が発表され、その結果、昨年2017年の全国入城者数ランキングにおいて、リニューアル工事が完了した小田原城が8位にランクインした。

順位 城名 2017年/
平成29年度
2016年/
平成28年度
前年比
1 大阪城 2754395 2557394 108%
2 名古屋城 2557394 1919479 133%
3 二条城 2439079 1886239 129%
4 姫路城 1824703 2112189 86%
5 首里城 1814014 1886239 96%
6 松本城 912587 990373 92%
7 彦根城 835958 774720 108%
8 小田原城 738086 775406 95%
9 会津若松城 634314 584094 109%
10 犬山城 573034 543224 106%

小田原城総構え 小峰の大堀切(こみねのおおほりきり)

小田原城の入城者数が、全国で8位に躍進したことは確かに凄いのだが、「この小田原城が、後北条氏5代に渡る居城だったのかぁ」と感慨に耽ってはいけない。

よく勘違いされてしまうのだが、現在の小田原城復興天守のある地は、家康の腹心・大久保忠世が築城した地であり、近世城郭の範疇に入る。

小田原城の復興天守
小田原城の復興天守

よって、戦国時代から続く名門・後北条氏5代が居城を構えた地では非ず、なのだ。

後北条氏が居城として構えたのは、復興天守北側で、東海道線や東海道新幹線を跨いだエリアにある八幡山だ。

後北条氏5代の居城・小田原古城のあった八幡山
後北条氏5代の居城・小田原古城のあった八幡山

この八幡山にあった小田原城は中世城郭で、近世城郭の小田原城と区別するために「小田原古城」と呼んだりする。

以下この記事においては、「小田原古城」を小田原城として話を進めていくことにする。

小田原城の最大の見所は、なんと言っても総構えだ。

総構えとは、城はもちろんのこと城下町一帯も含め、その外周を堀や石垣、土塁で囲い込み、守備を手厚くした外郭を指し、惣構(そうがまえ)、総曲輪(そうぐるわ)、総郭(そうぐるわ)ともいうものだ。

小田原城総構えは、総延長距離が9kmに渡り、まさに巨大で難攻不落の城郭構造を持っていたのだ。

■小田原城総構えを歩こう | 【公式】小田原城 難攻不落の城
https://odawaracastle.com/global-image/units/upfiles/304-1-20171016150531_b59e44c2bc1c75.pdf

ただ、こうして言葉で淡々と一方的に説明しても、ピンと来ないかと思うので、写真を混じえながら説明したい。

まずはいきなり小田原城小峰の大堀切(こみねのおおほりきり)の写真を観てもらおう。

小田原城総構え 小峰の大堀切(こみねのおおほりきり)
小田原城総構え 小峰の大堀切(こみねのおおほりきり)

外敵の侵入を防いだり、遅らせるために、曲輪や集落の周囲や繋ぎの部分を、人工的に開削して構築した溝を堀切と呼ぶ。

堀切の開削で出てきた土は、その両側に土塁として盛り上げられ、通常の山城における土塁の高さは5mくらいで、敵を阻止するのに十分な高さなのだが、この小田原城小峰の大堀切は、両側の土塁の高さが12mもある。

堀切中央にいる成人男性(≠筆者)と比較すれば、その大きさは一目瞭然かと。

30~40kgの重量はあるといわれる甲冑を身にまとって、この堀切に出くわしたら、12mの土塁をよじ登ろうにも、まず不可能だ。

なぜここまで途方もない規模の堀切を造ったのかというと、豊臣秀吉の大軍を寄せ付けないようにするためだった。

1枚目の写真の堀切をさらに奥に進むと、2枚目の写真の地点になる。

小田原城総構え 小峰の大堀切(こみねのおおほりきり)の横矢折れ
小田原城総構え 小峰の大堀切(こみねのおおほりきり)の横矢折れ

堀を意図的に曲げて、側面攻撃(横矢)を可能にしているのだ。

こういった折り曲げた堀・土塁の部分を「横矢折れ」と呼ぶ。

やはり両側の土塁の高さは12mほどある。

3枚目の写真は、小田原城北側に遺った総構えの一部で、山ノ神堀切と呼ばれる。

小田原城総構え 山ノ神堀切
小田原城総構え 山ノ神堀切

ここも大規模な土木工事で山を削り、堀切を造り出した。

4枚目の写真は、谷津御鐘台の虎口(こぐち。出入口のこと)。

小田原城総構え 谷津御鐘台の虎口
小田原城総構え 谷津御鐘台の虎口

真っ直ぐな通路でなく、ジグザグな通路にしているのは、敵が一気呵成に真っ直ぐに攻め込んでこないようにするためだ。

因みに写真のような、90度に通路が折れ曲がった構造の虎口は、枡形虎口(ますがたこぐち)という。

5枚目の写真は、小田原城総構えの土塁が、小田急線を敷設するにあたり、寸前で削られてしまった箇所を撮っている。

小田原城総構え 小田急線敷設により切削された土塁
小田原城総構え 小田急線敷設により切削された土塁

6枚目の写真は、小田原城東部に位置する蓮上院土塁と呼ばれる、総構えの一部だ。

小田原城総構え 蓮上院土塁
小田原城総構え 蓮上院土塁

最後の7枚目の写真は、順序がズレるが、八幡山にあるマンション住民が利用する階段だ。

小田原城八幡山古郭 竪堀跡
小田原城八幡山古郭 竪堀跡

実はこの階段は、小田原城八幡山古郭の竪堀跡であり、その竪堀に沿って階段を造ったのだ。

ということで、やや駆け足で説明してきたが、城好きではない人にとっては、なんのこっちゃ、という心境だろう。

要するに、復興天守の小田原城にせっかく行くのならば、すぐ近くの小田原古城にも足を伸ばし、散策することをおすすめしたいということなのだ。

江戸時代以降の近世城郭と、戦国時代の中世城郭の両方を有した城は、全国広しといえども、この小田原城しか存在しないのだから。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-5-18 4:45

跟贴 0