「スマホアプリ」タグアーカイブ

近所の直売所を手軽に探せるiPhoneアプリ「Veggie(ベジー)」【連載:アキラの着目】

近年、食の安全性が叫ばれるようになり、なるべく知っている地元の野菜や果物を購入しようという地産地消の動きや、”生産者の顔”ラベルが貼られた野菜・果物に人気が集まるなど、農業や農産物への関心が以前よりも強くなっている。

そうした背景において、都会や街ではなく、郊外で居住する人の中には、新鮮な野菜や果物を求めて、地元の無人販売所に足繁く通う人もそれなりにいるようだ。

ただ、こうした無人販売所は陳列されている野菜や果物の数量が多くなかったり、いつも同じ野菜や果物を陳列しているとは限らないため、実際に行ってみないことには、どのような種類の野菜や果物がどれくらい陳列されているのかが不明なのだ。

行ってみたら、もうすでに売切れ状態で購入するものがなかったり、あるいはお目当ての野菜・果物を陳列していなかったり、等々は日常茶飯事ともいえる。

無人販売所や直売所を幾つも知っていれば、売切れ状態の無人販売所・直売所以外の無人販売所・直売所に行くことができ、場合によっては新鮮で廉価な野菜や果物を求めて、無人販売所・直売所を”ハシゴ”することもできるのだが、一般の人達は何箇所も無人販売所・直売所を知っている人はそうそういないもの。

ところが、世の中には便利なものがあり、これら直売所を手軽に検索できるアプリが存在するのだ。

そのアプリが「Veggie(ベジー)」だ。

地元近所に販売所や直売所はどこにあるのかな、新鮮な野菜や果物をゲットしたいな、と思っているiPhoneユーザーは、すかさず「Veggie(ベジー)」をダウンロードしてインストールしよう!
「Veggie(ベジー)|直売所検索」をApp Storeで から引用「Veggie(ベジー)|直売所検索」をApp Storeで から引用「Veggie(ベジー)|直売所検索」をApp Storeで から引用

「Veggie(ベジー)|直売所検索」をApp Storeで から引用
「Veggie(ベジー)|直売所検索」をApp Storeで から引用

なお、「Veggie(ベジー)」はiPhone用しかなく、Android用がないのがちょっと残念なところだ。

「Veggie(ベジー)」を活用して、無人販売所や直売所を次々と制覇しよう!

◆ 「Veggie(ベジー)」の特徴

・消費者は、スマホのGPS機能を使って、現在地から近い全国の直売所を調べることができる
・生産者は、スマホ1つで直売所の情報を登録、編集することができる(※直売所を運営している人のみ登録・編集可能)

■Veggie(ベジー)|近くで繋がる農業|ネット×リアル
https://www.veggiejapan.com/

■「Veggie(ベジー)|直売所検索」をApp Storeで
https://apps.apple.com/jp/app/veggie-ベジー-直売所検索/id1522765673?mt=8

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

撮影・位置情報の記録、御朱印情報の閲覧等が可能な御朱印帳管理アプリ「Enoque」【連載:アキラの着目】

数年前からブームとなっている御朱印。

神社や寺院の参拝だけでは飽き足らず、その神社ならではの、寺院ならではの御朱印を書いて頂いて持って帰り、自宅でしみじみと鑑賞するのが御朱印マニアの愉しみなのだ。

中には、御朱印そのものを収集するだけでなく、いつでもどこでもスマホで御朱印を観たいという人もそれなりに存在する。

そんな人にピッタリなのが、今回紹介するスマホアプリ「Enoque」だ。

御朱印をデジタルデータとして蓄積・保存し、前述したようにいつでもどこでも御朱印を閲覧できるのだ。

Enoque公式サイトから引用
Enoque公式サイトから引用

「Enoque」の主な機能は以下の通り。

1.御朱印を撮影・記録

頂いた御朱印を撮影し、神社や寺院の名称、頂いた日付を記録できる。

「Enoque」を使用することで、「この御朱印は、いつどこでもらったっけ?」といったことがきっと解消されるはずだ。

2.御朱印を位置情報でも記録

御朱印を頂いた神社・寺院の位置情報を、御朱印、日付と一緒に保存・管理することが可能だ。

「この御朱印を頂いた神社を探したい」、「あの時訪れた神社・寺院にまた行ってみたい」等の際に「Enoque」で検索したりでき、御朱印を上手に管理できる。

3.限定の御朱印帳を購入

「Enoque」限定の御朱印帳を「Enoque」を通じて購入できる。

季節限定の、貴方にピッタリの御朱印帳を検索して購入する愉しみもあるのだ。

4.御朱印に関するニュースを集約

御朱印に関するニュースや情報を一覧で閲覧することができる。

御朱印巡りツアーを企画する際の参考資料として、また時間潰しにちょうど良い機能だ。

というわけで、御朱印マニアにとっては、御朱印の検索や管理、閲覧がスマホで簡単にでき、必須のアプリとなろう。

アナログだけで御朱印を管理している人は、もう古い!?

■Enoque|御朱印帳管理アプリ – Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=bio.enoque.enoque_android

■「御朱印管理アプリ Enoque(エノク)」をApp Storeで
https://apps.apple.com/jp/app/enoque-御朱印帳管理アプリ/id1408602315

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

緊急時に大重宝!スマホアプリ「トイレMAP」【連載:アキラの着目】

通勤・通学・帰宅時に突然腹痛に襲われ、トイレに駆け込みたくなった経験は誰でもあるはず。

筆者も内蔵が強い方ではないゆえに、電車の中で腹痛に襲われ、冷や汗をかくことは数知れず。

熟知している街や駅ならば、「どこそこに行けばトイレがある!」とわかるが、大抵の場合、急な腹痛に襲われるため、必ずしも熟知している街や駅でないケースの方が圧倒的に多い。

我慢できるレベルの辛さならまだしも、一刻も争うレベルの辛さだと、悠長にトイレを探している暇もなかったり。

そんなことが頻繁にある人に大重宝するスマホアプリが「トイレMAP」だ。

アプリを起動し、検索窓に地名や町名を入力すると、入力した地名・町名を含む周辺にあるトイレがマップ上に表示される。
スマホアプリ「トイレMAP」

新宿、渋谷のような大きい街だと、複数のトイレが重なって表示されるので、指でマップを拡大し、自分の行きたいトイレを探し出そう。
スマホアプリ「トイレMAP」

もっと細かく条件を指定して、駅や街中のトイレを検索することも可能だ。
スマホアプリ「トイレMAP」

駅や公園等の公衆トイレはもちろんのこと、トイレを借りられるコンビニ・飲食店も表示されるため、便利といえば便利なのかもしれないが、特に飲食店の場合は食事目的でまずは入店しなければならないので、飲食店のトイレ・アイコンは、公衆トイレとは異なる表示に改良する余地はあるかと。

しかし、その点を差し引いても、やはりトイレの場所を確実に教えてくれるのは大変ありがたく、1から勘でトイレを探す労力に比べれば、格段に便利で、頼れるアプリだ。

お腹が弱い人は、ぜひ「トイレMAP」をインストールした方が良いだろう。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

どのような所だったのか一目瞭然のアプリ『昔の航空写真地図』【連載:アキラの着目】

過去に大した地震もなく、比較的硬い地盤と思われていた場所でも、実際に地震が起きてみたら液状化現象が起こり、住居が傾いてしまった、半壊してしまった、等々の例が決して少なくない日本列島。

100円ショップで購入した物が壊れてしまったのならば、安かろう悪かろうで仕方ないかと諦めがつくものの、数千万円、あるいは数億円で購入した住宅などであれば、地震によって傾いた、半壊した、全壊したら、それこそ目も当てられない。

現代は情報社会であるから、こうしたことを未然に防ぐ手立ては以前と比べ、格段に存在する。

地盤の硬さを調べられるサイトで調べるのも良し、地震の発生確率を推測しているサイトで調べるのも良し、判断材料になるものは探せばいくらでもある状況だ。

そんな中、過去がどのような所だったのかが一目瞭然でわかるスマホアプリがある。

そのスマホアプリとは『昔の航空写真地図』だ。

操作は簡単!

『昔の航空写真地図』をクリックして起動させたら、検索窓に検索したい地名や施設を入力すれば、画面の左半分に1970年代の航空写真が表示され、右半分には現在の航空写真が表示される。

例として、東京ディズニーランド、東京ドーム、新千歳空港のキャプチャ画像を以下に掲載するが、確かに一目瞭然で過去どのような場所だったかわかる。

スマホアプリ『昔の航空写真地図』で表示された東京ディズニーランド
スマホアプリ『昔の航空写真地図』で表示された東京ディズニーランド
スマホアプリ『昔の航空写真地図』で表示された東京ドーム
スマホアプリ『昔の航空写真地図』で表示された東京ドーム
スマホアプリ『昔の航空写真地図』で表示された新千歳空港
スマホアプリ『昔の航空写真地図』で表示された新千歳空港

東京ディズニーランドは埋め立てた空き地であることがわかり、実際に東日本大震災の時は、この東京ディズニーランドを含めた浦安一帯は液状化現象や地盤陥没が起こった顕著なエリアだったのだ。

今後、日本では大地震がどこで起きてもおかしくはないといわれている。

その地震対策の一助として、この『昔の航空写真地図』を活用するのもありだろう。

■App Store 昔の航空写真地図
https://goo.gl/Rr49oB

■Google Play 昔の航空写真地図
https://goo.gl/buXZkw

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

ヒートマップのように一見して混雑状況がわかるアプリ「混雑マップ」【連載:アキラの着目】

ゴールデン・ウィークでは毎年のこととわかっていながら、酷い混雑に直面してしまった人も多いはず。

せめて夏のレジャーでは、ゴールデン・ウィークのような酷い混雑の二の舞を避けたいと、日本国民ならば誰でも願うだろう。

そんな、混雑を回避したい人向けにおすすめなスマホアプリが「混雑マップ」だ。

混雑マップをインストールしたら、同意確認を求められるので、ページの下までスクロールしてから「同意する」をクリックすると、混雑マップを利用開始できる。

混雑マップの利用が開始されると、スマホ内臓のGPSにより、自分の現在地が表示されるのだが、まさにヒートマップのような色分けされた画面表示となる。

混雑マップ 自分の現在地を表示

混雑マップの表示画面上部には、11色に色分けされたメーターがあり、右の赤色に行くほどに、高い混雑度を表している。

混雑が気になる地名を「スポット検索」欄に入力すると(例では「浅草」)、その地名周辺の混雑状況が表示される。

混雑マップで気になる地名を「スポット検索」欄に入力する(例では「浅草」)

例では、浅草周辺の混雑度が表示されているが、検索したのが平日ということもあり、混雑度はさほど酷くなく、青色の表示だ。

浅草周辺の混雑度が表示されているが、検索したのが平日ということもあり、混雑度はさほど酷くなく、青色の表示になった混雑マップ

土日祝日だと浅草の混雑度は青色では済まず、真っ赤っ赤に染まっていることだろう。

検索したスポットをタップすると、アイコンが表示され、アイコン上にある「詳細をみる」をさらにタップすると、混雑予測のグラフが表示され、またこのスポットに関連するツイートも表示される(関連ツイートの表示は、Twittrとの連携認証が必要)。

「詳細をみる」ボタンが表示された混雑マップ

なお、混雑予測グラフの上に表示された再生ボタンをクリックすると、このスポットにおける混雑度の変遷を見ることができる。

混雑予測グラフの上に表示された再生ボタン

ネット社会になってからは、口コミやSNSによる発信で「隠れ観光スポット」も、瞬く間に人気観光スポットに変わってしまい、混雑しないスポットを探すのは至難の業だが、この混雑マップを上手に活用し、少しでも混雑しないスポットや、混雑が緩和される時間帯を推測して、街に繰り出すといいかも。

■混雑マップ

・APP STOR
https://goo.gl/nvyuB9

・Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.agoop.crowdmap&hl=ja

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

ちょっとした気休めのマッサージアプリ「電動マッサージ器」【連載:アキラの着目】

Androidスマホを使う筆者が、今回のニッポンニュースで取り上げるのは、マッサージアプリの「電動マッサージ器」だ。

マッサージアプリ「電動マッサージ器」のアイコン

現在における筆者のメイン業務はWEBで、今年で11年目を迎えるのだが、WEB業務を始め出してから、首や肩の凝り、またそれらが原因で発症する頭痛に度々悩まされている。

もちろん首・肩の凝りや頭痛を解消すべく、体操をしたり、頭痛薬を服用したりといった、しかるべき対処をしているのだが、効き目が出るまでの間の簡易対処として、たまにこのマッサージアプリ「電動マッサージ器」を使うことがある。

前述したように、あくまでも効き目が出るまでの間の簡易対処であり、ちょっとした気休め程度の効果なのだろうが、とりあえず、ボーっと凝りや痛みを凌ぐのではなく、前向きなアクションをして、少しでも気を紛らわしたい人には良いかもしれない。

アプリ検索で「マッサージアプリ」、あるいは「電動マッサージ器」と入力すれば、探せるかと。

Google Play ストアの場合は、以下の画面になるので、インストールしよう。

oogle Play ストアでの「電動マッサージ器」表示画面

操作画面は至ってカンタンで、スイッチ部分が赤の場合は「OFF」、このスイッチをクリックすると、緑の「ON」状態に切り替わり、バイブレーションが機能し出す。

マッサージアプリ「電動マッサージ器」のOFF状態画面
マッサージアプリ「電動マッサージ器」のON状態画面

あとは、凝っている箇所や、和らげたい箇所等にあてがうだけだ。

何度も言うが、効果覿面のアプリではないので、くれぐれも絶大な効果を期待しないように。

※アプリのインストール及び、不具合が生じた場合は、自己責任で宜しくお願い致します。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

FJ時事新聞おすすめスマホアプリ・『東京古い地図』【連載:アキラの着目】

新年早々、FJ時事新聞がおすすめするスマホアプリは『東京古い地図』だ。

このスマホアプリ『東京古い地図』は、明治時代の東京の街が、どのような町割りや区画だったのか、またそこは住宅地だったのか、畑だったのか、何だったのかがわかるのだ。

『東京古い地図』をインストールして起動すると、まずは東京駅周辺の古い地図(明治時代)が表示される。

『東京古い地図』を起動したら表示される東京駅周辺図

このスマホアプリでは「東京5000」という名称の地図なのだが、もっと後の時代の地図を見たい場合は、右上の「迅速測図」あるいは「地図」をクリックする。

「迅速測図」をクリックすると、戦前の軍による測量により作成されたと思われる地図が表示され、旧陸軍駐屯地なども載っている。

アプリ『東京古い地図』の「迅速測図」で表示された渋谷・恵比寿周辺

「地図」をクリックすると、現在の地図が表示される。

アプリ『東京古い地図』の「地図」で表示された渋谷・恵比寿周辺

「東京5000」、「迅速測図」、「地図」を見比べると、かなり異なる用途の土地に変わっていたりで、かなり楽しめる。

東京の街の歴史について知りたい時や、散策をして、昔を偲びたい時には、かなり重宝するスマホアプリだ。

ちなみにスクリーンショットしたこれら3枚の画像のうちの2枚目と3枚目は渋谷・恵比寿周辺を表示しており、今でこそ日本一の乗降客を誇る渋谷も「迅速測図」を見ると、長閑な田園風景が広がる村であったことがわかる。

今いる、今歩いている東京の街が昔はどうなっていたかを、この『東京古い地図』で確認しながら散策するのも楽しいかと思われる。

ぜひ『東京古い地図』をインストールして、使ってみよう!

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

FJ時事新聞おすすめスマホアプリ3選!【連載:アキラの着目】

FJ時事新聞がおすすめするスマホアプリをご紹介したい!

1.BSコンパス

日本アンテナから提供されている、BSアンテナの設置の際に設置方向を確認するためのスマートフォン向け無料アプリ。

BSコンパス
BSコンパス起動時画面
「アンテナを設置する」をクリックすると、
都道府県を選ぶ画面が表示され、衛星アンテナを設置する都道府県を選ぶと、
都道府県を選ぶ画面が表示され、衛星アンテナを設置する都道府県を選ぶと、
衛星アンテナの方向や角度がイラストとともに表示される
衛星アンテナの方向や角度がイラストとともに表示される

衛星アンテナの設置を業者に依頼すると、テラスやベランダに設置するための金具やら手間賃、人件費などで数万円がかかってしまうが、このBSコンパスを使って方向を確認しながらやれば、自分で衛星アンテナを設置することも可能だ。

アンドロイド用、アップル用共にあり。

2.GSナビ

「ガソリン残量が少ない、ヤバイ! この近くでガソリンスタンドはないものか」

こんな焦った経験は、車を運転する人なら誰しもあるはず。

このGSナビを使えば、ただやみくもにグルグル走ってガソリンスタンドを探す必要はなくなる。

GSナビ

3.Photo Funia

様々な合成写真アプリや画像加工アプリがある中、筆者おすすめの合成写真アプリはこの「Photo Funia」。

有名人とのコラボ写真も作れたり、あたかも自分の看板や広告かのような見事な合成具合もナットク!

Photo Funiaで作られた合成写真

とりあえず今回紹介のオススメアプリは3つだけだが、また気になるアプリがあったら、随時取り上げていきたい。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099