「ハロー!プロジェクト」タグアーカイブ

プロが選んだ令和のアイドル界「スゴいボーカリスト10人」からハロプロ勢3人選出【連載:アキラの着目】

関ジャニ∞がメイン・パーソナリティを務めるバラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)。

去る2020年11月1日放送回では、「プロが選んだ令和のアイドル界『スゴいボーカリスト10人』」と題し、数ある女性アイドルグループの中から歌唱力の優れたアイドルを選出。

「プロが選んだ」のプロは、松任谷由実など錚々たるアーティスト達のコーラスを務めてきた実力派ボーカリスト・今井マサキ氏と、ももいろクローバーZ等の人気アイドルに多数楽曲を提供してきた稀代の音楽プロデューサー・ヒャダイン氏だ。

気になる「令和のアイドル界『スゴいボーカリスト10人』」だが、ハロプロ(=ハロー!プロジェクト)からは3人が選出された。

ハロプロ所属のアイドルグループの中でも一際隙きのない完成度の「JUICE=JUICE」(ジュース=ジュース)から2人、モーニング娘。’20から1人という内訳だ。

はたして誰なのかというと、

■JUICE=JUICE

・高木紗友希ちゃん

ハロプロのアイドルグループ「JUICE=JUICE」メンバーの高木紗友希ちゃん 『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)から引用
ハロプロのアイドルグループ「JUICE=JUICE」メンバーの高木紗友希ちゃん
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)から引用

・段原瑠々ちゃん

ハロプロのアイドルグループ「JUICE=JUICE」メンバーの段原瑠々ちゃん 『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)から引用
ハロプロのアイドルグループ「JUICE=JUICE」メンバーの段原瑠々ちゃん
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)から引用

■モーニング娘。’20

小田さくらちゃん

ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。'20」メンバーの小田さくらちゃん 『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)から引用
ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。’20」メンバーの小田さくらちゃん
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)から引用

ハロプロファンからすれば至極当然の結果であり、ある意味で驚かないのだが、ただ嬉しいことは嬉しいはずだろう。

というのも、高木紗友希ちゃん、段原瑠々ちゃん、小田さくらちゃん、さらにはJUICE=JUICE、モーニング娘。’20の凄さをある程度、一般大衆に知らしめることができたからだ。

AKB48らが登場しだしてからは、歌唱力やパフォーマンスも含めた総合力よりも、ルックス偏重の傾向が顕著になってきた感が否めなかったが、ここに来てやはりパフォーマンス力を正当に評価する場が関ジャニ∞の番組で設けられたことはハロプロファンにとってはありがたいことだったはずだ。

関ジャニ∞のメンバーも「この娘、スゴいな~!」と正直にコメントを発していたりで、ハロプロは看板に違わぬ実力をまたしても見せつける結果となったのだった。

残念ながら、この回の動画は2020年11月3日現在、YouTubeにアップされておらず、『関ジャム 完全燃SHOW』を観なかった人たちにとっては、彼女らの勇姿を確認する術がないのだが、個別に名前で検索してもらえると、ライブコンサート等での歌唱力の凄さを確認できるので、ぜひ観て頂きたいものだ。

■関ジャム 完全燃SHOW|テレビ朝日
https://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

新しい見方を提唱、「趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界」(NHK出版)【連載:アキラの着目】

NHKEテレ1で放送されている『趣味どきっ!』。

2020年11月2日放送回を最後に全8回の「アイドルと巡る仏像の世界」は終わってしまうのだが、この全8回を通じた内容は意表を突いたもので新鮮だった。

というのも、「かわいい、かっこいい!」という新しい見方をすることで、仏像はもっと身近でもっと楽しくなると提唱していたからだ。

この新しい見方を提唱するのは、番組の講師を務めた駒澤大学教授・村松哲文先生と、ナビゲーターを務めた和田彩花さん。

NHKEテレ1放送『趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界』
NHKEテレ1放送『趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界』

和田彩花さんは元℃-uteのリーダーで、ハロー!プロジェクトのリーダーも兼任した生粋のアイドル。

元℃-uteリーダー・ハロー!プロジェクト リーダーの和田彩花さん 和田彩花 オフィシャルウェブサイトから引用
元℃-uteリーダー・ハロー!プロジェクト リーダーの和田彩花さん
和田彩花 オフィシャルウェブサイトから引用

仏像への造詣が深く、仏像に因んだ書籍も出しているほどだ。

だから前述の「かわいい、かっこいい!」以外にも、「アイドルにセンターがいるように、仏像にもセンターがいる!?」、「フォーメーションに注目!」などといった、仏像をアイドルに見立てるという斬新な視点で仏像を鑑賞することをオススメしているのだ。

NHKEテレ1放送『趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界』
NHKEテレ1放送『趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界』

この全8回に渡って提唱した新しい見方をまとめたテキストが、NHK出版から番組名と同じタイトル「趣味どきっ!アイドルと巡る仏像の世界」ですでに発売されている。

趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界 | NHK出版から引用
趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界 | NHK出版から引用

仏像の歴史や様式、仏師、仏像の基本を網羅した内容で、仏像ビギナーに最適な1冊となっている。

誰もが知る東大寺の大仏から、迫力満点の新薬師寺・十二神将、エキゾチックで神秘的な顔立ちの唐招提寺・木造大日如来像、等々、個性豊かな仏像が多数登場する。

貴方を新しい仏像の世界に誘う、画期的な仏像ガイドブックだ。

【目次】

・第1回:美しく魅せるフォーメーション~新薬師寺・十二神将ほか
・第2回:センターは誰?~三千院・阿弥陀三尊坐像ほか
・第3回:名プロデューサーの夢~唐招提寺・木造大日如来像ほか
・第4回:アーティスト性の開花~興福寺・木造弥勒如来坐像、木造無著・世親立像ほか
・第5回:内に秘めたエネルギー~大報恩寺・十大弟子像ほか
・第6回:成長を愛でる~飛鳥寺・飛鳥大仏、東大寺・廬舎那仏ほか
・第7回:かわいいの始まり~平等院・雲中供養菩薩、醍醐寺・木造五大明王像ほか
・第8回:奈良国立博物館でおさらい!

【趣味どきっ!アイドルと巡る仏像の世界】

・発売日:2020年08月25日
・価格:定価:1,430円(本体1,300円)
・判型:AB判
・ページ数:144ページ
・雑誌コード:6228803
・Cコード:C9471(絵画・彫刻)
・ISBN:978-4-14-228803-8
・刊行頻度:不定期刊

■趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界 | NHK出版
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062288032020.html

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

”青い目”の欧州オタも興奮!伝説のアンジュルム・仏パリライブ【連載:アキラの着目】

以前にも度々取り上げてきたハロー!プロジェクト(ハロプロ)のアイドルグループ・アンジュルム。

彼女達の素晴らしいパフォーマンスは数え切れないが、中でも2018年6月3日仏パリ「La Cigale」で行われたライブが圧巻だ。

めったに来ないアンジュルムのメンバー達によるライブを一目観ようと、”青い目”の欧州在住アンジュルム・マニア、ハロプロ・マニアが「La Cigale」に集結、その彼らの絶大な期待に応えるべく、アンジュルムはこれでもかというくらいの圧倒的なインパクトのあるパフォーマンスを見せつけたのだった。

アップロードされたアンジュルムの動画は無数なれど、この2018年6月3日仏パリ「La Cigale」で行われたライブ映像は皆無なので、一部分だけご紹介。

まずは以下の動画をご覧あれ。

■ ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris

・オープニング

・『魔女っ子メグちゃん』

・『七転び八起き』

・アンコール

欧州中の”青い目”のマニアも興奮し、両手に握りしめたサイリウムやペンライトをリズムに合わせ、振っている光景を確認できたことかと。

日本国内のアンジュルム・マニア、ハロプロ・マニアに勝るとも劣らないのめり込みようだ。

”青い目”のアンジュルム・マニア、ハロプロ・マニア達の推し曲も日本国内のアンジュルム・マニア、ハロプロ・マニアとほぼ同じで、エレキギターの奏でるロック調の『七転び八起き』が筆頭格だ。

この仏パリ「La Cigale」でのライブはDVD化されており、ネットで販売されているので、気に入った人はぜひ購入しよう。

ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris(仮) [DVD] DVD・ブルーレイ - アンジュルム Amazon.co.jpから引用
ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris(仮) [DVD] DVD・ブルーレイ – アンジュルム
Amazon.co.jpから引用

【『ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris』DVD 詳細】

・ディスク:1

1.OPENING
2.泣けないぜ…共感詐欺
3.マナーモード
4.愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
5.臥薪嘗胆
6.MC
7.恋ならとっくに始まってる
8.七転び八起き
9.出すぎた杭は打たれない
10.魔女っ子メグちゃん
11.MC
12.次々続々
13.愛さえあればなんにもいらない
14.乙女の逆襲
15.ドンデンガエシ
16.大器晩成
17.MC
18.Uraha=Lover
19.ENDING

・ディスク:2

1.Paris
2.Seoul
3.Hong Kong
4.Taipei

■Amazon.co.jp | ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris(仮) [DVD] DVD・ブルーレイ – アンジュルム
https://www.amazon.co.jp/ANGERME-Overseas-Live-Tour-Paris/dp/B07HSJ89HR

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

ハロー!プロジェクトの秘蔵っ子「Juice=Juice(ジュースジュース)」から目が離せない!【連載:アキラの着目】

国民的アイドルグループ・モーニング娘。や、他にも数々のアイドルグループの母体となっているのが「ハロー!プロジェクト(通称ハロプロ)」だ。

モーニング娘。が所属していることからもわかるように、ハロプロは当然つんく♂氏がプロデュースしているわけだが、近年ハロプロ主力グループの「Berryz工房(ベリーズこうぼう)」(2015年3月3日活動停止)や「℃-ute(キュート)」(2017年6月12日解散)がなくなってしまったことで、やや勢力ダウンしたのではないか、という評価も多少あった。

しかし、そんなマイナス評価は杞憂に終わったといいたい!

なぜならばハロプロには「Juice=Juice(ジュースジュース)」がいるからだ。

Juice=Juice(ジュースジュース) 左から金澤朋子、植村あかり、梁川奈々美、段原瑠々、宮本佳林、高木紗友希、宮崎由加 ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト Juice=Juice(ジュースジュース)オフィシャルページより引用
Juice=Juice(ジュースジュース)
左から金澤朋子、植村あかり、梁川奈々美、段原瑠々、宮本佳林、高木紗友希、宮崎由加
ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト Juice=Juice(ジュースジュース)オフィシャルページより引用

金澤朋子、植村あかり、宮本佳林、高木紗友希、宮崎由加といった元々のメンバーだけでなく、最近新メンバーの梁川奈々美、段原瑠々が加入したことで、さらにグループとしての厚みと、より楽曲が重層的に畳み掛けてくることが可能になったJuice=Juice(ジュースジュース)。

2013年4月3日にシングル『私が言う前に抱きしめなきゃね』でインディーズデビューした後は、同年9月11日にトリプルA面シングル『ロマンスの途中/私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT)/五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)』でメジャーデビューを果たした。

このメジャーデビューを果たした曲の中でも特に『五月雨美女がさ乱れる』(さみだれびじょがさみだれる)は、アイドルの範疇を超えているのでは、と思わせるくらいの、ロック調でギュンギュンに鳴り響く、ノリの良い曲だ。

今年2017年9月8日~10月1日まで、初のワールドツアーを開催、メキシコ、イギリス、フランス、ドイツ、マレーシア、インドネシア、中華民国(台湾)の計7ヵ国でコンサートを行った。

このことからもJuice=Juice(ジュースジュース)の人気・実力は、世界的に認められていることが証明された。

さらに今年2017年12月にはペルー、チリ、ブラジルでも追加コンサートが予定されており、Juice=Juice(ジュースジュース)はヨーロッパ、アジアだけでなく、南米大陸にも覇権を広げ、勢いは止まらない。

2017年11月2日現時点におけるJuice=Juice(ジュースジュース)の最新曲『Fiesta! Fiesta!』は、パッショネイトな曲調で、曲名と同じサビがリフレインされ、耳に残るメロディーだ。

AKBしか興味ない、AKB系のグループの曲しか聴かないという人も、ぜひ聴いてみることをおすすめする。

■ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
Juice=Juice(ジュースジュース)オフィシャルページ
http://www.helloproject.com/juicejuice/