MARTY FRIEDMANが演奏してた℃-ute『情熱エクスタシー』【連載:アキラの着目】

MARTY FRIEDMANが演奏してた℃-ute『情熱エクスタシー』【連載:アキラの着目】

1年前

『情熱エクスタシー』をギター演奏するMARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン) YouTubeから引用2017年に解散した伝説の女性アイドルグループ・℃-ute(ハロー!プロジェクト所属)。

パワフルでキレッキレのダンスがウリだった彼女達のパフォーマンスは、業界関係者、同業アイドルからの評価がかなり高かった。

しかし、彼女達のパフォーマンスだけが秀逸だったのではない。

℃-uteを支えるスタッフ達も凄腕揃いだったから、彼女達のパフォーマンスとの相乗効果で高品質のエンタメ・パフォーマンスを提供できていたのだ。

名曲だらけの℃-uteの楽曲の中でも、とりわけ『情熱エクスタシー』は、裏方に超大物ミュージシャンが絡んでいたことは業界内及びファンの間では有名だ。

℃-ute『情熱エクスタシー』 YouTubeから引用
℃-ute『情熱エクスタシー』
YouTubeから引用

その有名ミュージシャンとは、かつて「スラッシュメタル”BIG4”」の一角に君臨していたメタル・バンド『Megadeth(メガデス)』で活躍していたギタリスト・MARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン)だ。

一時期は、相川七瀬のバックバンドにギタリストとして参加していたこともあり、90年代半ばから習得し始めた日本語も、今ではご承知の通り通訳なしでコミュケーションできるほどに上達し、流暢だ。

そのマーティ・フリードマンが『情熱エクスタシー』のギター演奏を担当、その収録時のやり取りを収めた動画がYouTubeにアップされており、以下に掲載しておく。

■MARTY FRIEDMAN recording guitar solos

最後の歌詞「情熱エクスタシー!」の音程が上がっていき、ギター演奏となる部分は、ついアイドル曲であることを忘れてしまうくらい聴き入ってしまう。

『情熱エクスタシー』をギター演奏するMARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン) YouTubeから引用
『情熱エクスタシー』をギター演奏するMARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン)
YouTubeから引用

数パターンの録り直し後にOKをもらい、マーティの任務終了となるまでを追った動画を観てから、実際の℃-uteが歌っている『情熱エクスタシー』を観ると、細部へのこだわりやクオリティへの追求は、まさに相乗効果を生んでいることを確認できよう。

で、℃-uteが歌っている『情熱エクスタシー』が↓。

■[4K] ℃-ute – 情熱エクスタシー (2016春)

℃-uteが存在していない現在、なぜアップフロント(℃-uteの管轄プロダクション)は℃-uteを解散させたのかという疑問と、なぜアップフロントはまたマーティに音楽案件を振らないのかという疑問が自然と湧いてきた。

期間限定でもいいから、また℃-uteとマーティが絡んで、高品質のエンタメ・パフォーマンスを提供してほしいものだ。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-12-31 4:56

跟贴 0

平成30年現在でも色褪せないエレキ・サウンド、今剛さん【連載:アキラの着目】

平成30年現在でも色褪せないエレキ・サウンド、今剛さん【連載:アキラの着目】

2年前

若い人には馴染みがないだろうが、ある程度上の世代ともなると、ちらほら知られているのが今剛(こん つよし)さんだ。

日本が誇る名ギタリスト・今剛さん
日本が誇る名ギタリスト・今剛さん

今剛さんは、知る人ぞ知る名ギタリストで、これまでにライブ、レコーディングでギタリストとして関わったアーティストは、矢沢永吉、寺尾聰、井上陽水、松任谷由実、中島みゆき、松田聖子、徳永英明、福山雅治、宇多田ヒカル、倖田來未、絢香、等々多数だ。

元々今剛さんは、PARACHUTE(パラシュート)というバンドを結成し、そこでギタリストを務めていたが、現在は主にスタジオ・ミュージシャンとして活動している。

今回はそのPARACHUTE(パラシュート)時代にリリースした名曲をご紹介する。

かつてはラジオの深夜放送で、CM開けに入るジングルとして頻繁に使用されており、その時は誰の演奏なのか、何という曲名なのか、全く知る由もなかったが、10数年前にインターネットの検索によって、今剛さんの曲だったのかと”解明”することができた。

AGATHA

Zig-Zag

MONSTER MASH

これらの曲がリリースされたのは昭和50年代半ばであったことを考えると、平成30年の現在に聴いても古くないのは驚きだし、色褪せないエレキ・サウンドだ。

ディープ・パープルなどの曲を今聴いても、古いな、遅れてるな、と感じないように、名曲というのは、いつの時代に聴いても古くなく、それゆえに名曲といえよう。

日本が誇る名ギタリストとして今剛さんの名前を頭の中に刻んでおこう。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-11-5 4:55

跟贴 0

アイドル曲にハマるアマチュアのロック・ギタリストたち【連載:アキラの着目】

アイドル曲にハマるアマチュアのロック・ギタリストたち【連載:アキラの着目】

3年前

この約10年間においてYouTubeでやたらと目にするのが、自分の得意とする楽器で、気になる曲や好きなアーティストの曲を”完コピ”(「完全コピー」の略)する「~を弾いてみた」動画だ。

FJ時事新聞ニッポンニュースでもこれまでにこの「~を弾いてみた」動画を取り上げてきた(2018年01月03日「『◯◯◯を弾いてみた!』を取り上げてみた!」2018年05月13日「『◯◯◯を弾いてみた』を取り上げてみた ~Part2~」)。

こうした”完コピ”するアマチュアの人たちは、ピアノ演奏ならクラシックの曲、エレキギターならロックというように、概ね演奏する楽器で演奏曲が決まっていたようなところがあった。

しかし、いつの頃からか、楽器のイメージとはかけ離れたジャンルの曲を”完コピ”するのも多く目につくようになり、エレクトーンでアニメ主題歌や、エレキギターで特撮ヒーロー主題歌を演奏する人たちが現れた。

今回はそうした中でも、おそらくロックバンドのアマチュア・ギタリストであろう人たちがアイドル曲にハマり、エレキギターで演奏している動画を3つ取り上げてみた。

アイドル曲とはいっても曲調がロックだったり、完成度の高いノリノリなサウンドの曲もあるから、聴く側も結構違和感なく、曲そのものをロックみたいに楽しめるはずだ。

エレキギター

アマチュアのロック・ギタリストが演奏するJuice=Juice(ジュース=ジュース)『五月雨美女がさ乱れる(さみだれびじょがさみだれる)』

まず最初の、アイドル曲にハマったアマチュアのロック・ギタリストがエレキギターでジャカジャカ弾いている曲が、先日も取り上げた、世界で人気の女性アイドルグループ・Juice=Juice(ジュース=ジュース)『五月雨美女がさ乱れる(さみだれびじょがさみだれる)』だ。

『五月雨美女がさ乱れる』は、特にギュンギュンうなるイントロ部分からして一般的なアイドル曲とは思えず、曲全体を通して聴いても、これはどこかの1アーティストが歌っている曲にしか聴こえないほどの完成度といえる。

この『五月雨美女がさ乱れる』をあえて選び、エレキギターで弾くこの青年の右傍らには、少なく見ても他にまだ2つのエレキギターがあるのを確認できる。

エレキギターをこよなく愛する青年が弾く曲が、バリバリのロックではなく、バリバリのロック調のアイドル曲というのが興味深い。

アマチュアのロック・ギタリストが演奏するANGERME(アンジュルム)の『マナーモード』

次に紹介するアマチュアのロック・ギタリストによるアイドル曲の演奏は、やはり海外で人気のある女性アイドルグループ・ANGERME(アンジュルム)の『マナーモード』だ。

この『マナーモード』、既にどこかで聴いたことがあるような耳に馴染みやすいメロディラインの曲で、エレキギターの演奏でさらに気分が高揚してくる。

サビ部分や、3分ちょうどからの間奏では、指が忙しく弦を弾き、いわゆるアイドル、アイドルした曲とは無縁のメロディ展開だ。

その後また、ANGERMEメンバーの伸びのある声とエレキサウンドがシンクロしてゆく。

アマチュアのロック・ギタリストが演奏するBerryz工房『雄叫びボーイ WAO!』

最後に紹介するアマチュアのロック・ギタリストによるアイドル曲の演奏は、2015年3月3日をもって解散したBerryz工房『雄叫びボーイ WAO!』だ。

この『雄叫びボーイ WAO!』という曲は、「コブシ」みたいな歌い回しがある力強い曲であるがゆえに、ガンガンにエレキギターで弾くことに耐えうるような曲でもあるかと。

そもそもアイドルが「コブシ」を回すような歌い方をすることが稀だ(モーニング娘。「シャボン玉」はその代表例)。

そういう歌唱力だけではないパワフルな歌い方を必要とする曲は、まさにアイドル曲というよりもロック寄りの曲に感じられ、アマチュアのロック・ギタリストたちが演奏対象として、このBerryz工房『雄叫びボーイ WAO!』を選んだのではないか、という見方もできよう。

最後に

従来だと、「いい歳こいて、アイドル曲を聴くなんて変だ」という風潮があったが(現在もある?)、結構クリエイティブな分野や領域(デザイン事務所・WEB製作)で勤務する人たちの間では、音楽ジャンルに関係なく、「良い曲は良い」と自由なスタンスで聴いている傾向がある。

そうした人たちは、新たに何かを創り出す際に、世の中すべての物に対し門戸を閉ざすのではなく、むしろあえて開き、その中から創作ヒントを見つけるなり、インスパイアされるなり、といったことが当たり前となっているのだ。

それが音楽を聴く際にも当てはまり、「ロックミュージシャンの曲ではないけれど、アイドルの曲も聴いてみようか、あれ、聴いてみたら意外とこの曲スゲーじゃん!」ということもあったりするのだろう。

今回紹介したアマチュアのロック・ギタリストの人たちも、このような垣根を自分の中で置かない人たちなのではと思った次第だ。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-6-18 4:50

跟贴 0

アイドルソングでも演歌でもお手の物! ~マーティ・フリードマン~【連載:アキラの着目】

アイドルソングでも演歌でもお手の物! ~マーティ・フリードマン~【連載:アキラの着目】

3年前

メガデス(MEGADETH)というアメリカのヘヴィメタル・バンドに所属していたギタリストのマーティ・フリードマン。

活動拠点を日本に移してからも活躍しているのはご承知のことかと。

日本の演歌やJ-POP、アイドルソングを得意のエレキギターで、原曲とは全く異なる躍動感で弾きまくる様は圧巻だ!

マーティ・フリードマン

そんなマーティ・フリードマンによってギター演奏された日本の楽曲の中で、筆者のお気に入りを取り上げてみた。

ももいろクローバーZ 『行くぜっ!怪盗少女』

2011年12月25日、『ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会』にサプライズ・ゲストとしてももいろクローバーZと共演した時の楽曲だ。

AMAGIGOE

『AMAGIGOE』は言わずと知れた石川さゆり『天城越え』そのものなのだが、マーティがギターで弾くと、しっとり感が薄れる代わりにメラメラとした情熱感や高揚感をさらに味わうことができるから、同じ楽曲でありながら、こうも変わるものなのかと驚かされる。

以上、筆者が最もお気に入りの2曲を挙げてみたが、他にもまだまだマーティ・フリードマンによる日本の楽曲のギター演奏はあるので、聴いてみよう!

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-12-10 4:37

跟贴 0