2021年3月12日(金)開催のQUINTETに桜庭和志の長男・SAKU Jr.参戦!【連載:アキラの着目】

2021年3月12日(金)開催のQUINTETに桜庭和志の長男・SAKU Jr.参戦!【連載:アキラの着目】

2か月前

2021年3月12日(金)東京の港区六本木にある「EX THEATER ROPPONGI」にて開催の『QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO』に、桜庭和志ゼネラルプロデューサーの長男・SAKU Jr.(22)が参戦する。

SAKU Jr.は、エキシビションの「Special Iron Man Match」(試合時間8分)で鈴木和宏(トライフォース柔術アカデミー)と対戦する予定で、試合時間内は双方いずれかが一本を取っても、改めて競技場中央から試合を再開するというルール。

幼少期から大学まで柔道に一筋で今春の大学卒業後、一般企業への就職が決まっているSAKU Jr.だが、桜庭和志ゼネラルプロデューサーが「これまで鍛え上げてきた技術や情熱をQUINTETの舞台で披露したらどうだ」とSAKU Jr.話を持ちかけたところ、SAKU Jr.が「やってみたい」と返答したことで今大会への出場が決定した。

決してSAKU Jr.がプロ格闘家としてデビューするのではないとのこと。

SAKU Jr.の対戦相手“ラバンバ”鈴木は桜庭和志ゼネラルプロデューサーと同郷の秋田出身で、柔術日本選手権紫帯フェザー級3位という実績を持つ。

QUINTET秋田大会ではTEAM SAKURABAのメンバーとして出場し、直近の2月28日に開催された柔術大会「KIT 02」では、寒河江寿泰をゴールデンスコア(延長戦)で負かしている。

QUINTET公式YouTubeで「手足が長いタイプなので大外刈です」とコメントしたSAKU Jr.は、総合格闘家・所英男選手とのスパーリングでは、バックから父親・桜庭和志譲りの腕十字を極める動きを披露。

YouTube QUINTET公式チャンネル 桜庭和志の長男が3.12QUINTET六本木大会に出場 から引用
YouTube QUINTET公式チャンネル 桜庭和志の長男が3.12QUINTET六本木大会に出場 から引用

スパーリングした所英男選手は「正直、(SAKU Jr.が)強くてビックリしたのと、(SAKU Jr.が)気を遣ってくれて(所英男選手を)投げたりしなかったですけど、本当(の試合)だったら、ここで投げられて死んでるなみたいなところがたくさんありますね」と絶賛した。

グレイシー・ハンターでありIQレスラーである桜庭和志を父親に持つSAKU Jr.。

2021年3月12日(金)のQUINTET「EX THEATER ROPPONGI」では、どのような動きや展開を見せてくれるのか、ファンの期待値が上がる。

■YouTube QUINTET公式チャンネル 桜庭和志の長男が3.12QUINTET六本木大会に出場

2021-2-28 4:56

跟贴 0

K-1で活躍した極真空手戦士と女性柔道家の戦い【連載:アキラの着目】

K-1で活躍した極真空手戦士と女性柔道家の戦い【連載:アキラの着目】

3年前

今回は、空手家と女性柔道家が戦う試合を取り上げる。

とは言っても、一般的にいわれている異種格闘技戦とは異なり、NHK WORLDで放送されていた番組『SAMURAI SPIRIT』(柔道編)におけるスパーリング的な試合なので、打撃は一切なしの柔道ルールだ。

空手家はK-1で活躍した”青い目のサムライ”こと極真会館空手家ニコラス・ペタス氏、女性柔道家はグランドスラムなど数々の世界大会で優勝した女子柔道48kg級の山岸絵美選手だ。

NHK WORLD『SAMURAI SPIRIT』(柔道編)での女子柔道48kg級・山岸絵美選手と”青い目のサムライ”こと極真会館空手家ニコラス・ペタス氏の柔道ルールによる試合
NHK WORLD『SAMURAI SPIRIT』(柔道編)での女子柔道48kg級・山岸絵美選手と”青い目のサムライ”こと極真会館空手家ニコラス・ペタス氏の柔道ルールによる試合

ナビゲーターに抜擢されたニコラス・ペタス氏が、番組放送回ごとに様々な日本武道に挑戦し、その武道の選手と試合をしたりする番組構成なので、「柔道編」では山岸絵美選手と対戦したわけだ。

元々柔道は、柔術の流れを組んだ格闘技で、明治時代になってから嘉納治五郎が諸流柔術の長所を集め、また、西洋から渡来してきたスポーツの概念を取り入れることで柔術の当身(打撃技)をあえてなくし、誰でもできるようにした武道だ。

ここで武道について簡単にいうと、本来武道はどのような相手でも対処できるような技術を有しているから、西洋のスポーツ概念である「階級制」を別に必要としない。

しかし、柔道は、嘉納治五郎が柔道というものを創った瞬間から、現在のような「階級制」になることが予想されていた(!?)であろうから、柔道はスポーツでもあるのは言うまでもないし、現在の柔道をみて誰もスポーツではないとは思わない。

そうしたスポーツである柔道という観点からすると、山岸絵美選手とニコラス・ペタス氏との対戦は、あまりにも体格が異なり過ぎて、スポーツ的試合というよりは武道的試合であり、「無差別級」の試合とみることができ、興味深かった。

対戦結果は、ここで書くよりも実際に動画を観て、知った方が良いだろう。

■『SAMURAI SPIRIT』(柔道編)

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-2-14 4:45

跟贴 0

日本选手包揽世界柔道锦标赛首日两枚金牌

日本选手包揽世界柔道锦标赛首日两枚金牌

4年前

来源:新华社

新华社布达佩斯8月28日电(记者杨永前) 2017世界柔道锦标赛28日在布达佩斯开幕,当日产生的两枚金牌均被日本选手夺走,其中渡名喜风南夺得女子48公斤级比赛金牌,高藤直寿获得男子60公斤级比赛金牌。

女子48公斤级决赛在22岁的渡名喜风南和蒙古国选手蒙赫巴特之间展开,渡名喜风南以“一本”战胜对手,夺得本届世锦赛的首枚金牌。

男子60公斤级决赛在高藤直寿和阿塞拜疆选手萨法罗夫之间展开,里约奥运会铜牌得主高腾直寿战胜萨法罗夫并夺得金牌。

当天,中国选手李亚男参加了女子48公斤级比赛,她先是战胜了一名朝鲜选手,后输给了日本选手近藤亚美。中国男选手没有参加60公斤级比赛。

为期一周的本届柔道世锦赛吸引了来自126个国家和地区的731名选手参赛,其中包括16名中国选手。(完)

 

 

FJ時事新聞
责任编辑:杨直_HS156

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2017-8-30 4:54

跟贴 0

新疆柔道冠军对决日本柔术高手,龙武士迪达尔扬鞭而来!

新疆柔道冠军对决日本柔术高手,龙武士迪达尔扬鞭而来!

4年前

他爱骑马、爱吃肉、爱摔跤更爱格斗,他连续4年参加新疆自治区柔道比赛,2011、2012年两年都问鼎冠军,一位十足的草原汉子,一位笑容温暖的帅哥,他就是“野马”迪达尔。

迪达尔是一位地地道道的哈萨克族汉子,出生新疆伊犁昭苏县。昭苏县位于伊犁哈萨克自治州西南部,为中亚内陆腹地的一个群山环抱的高位山间盆地,是伊犁州直唯一的五类艰苦地区县。

昭苏县旅游资源丰富,拥有自然旅游资源:巴勒克苏大草原、百万亩油菜花、库尔库勒德克水帘洞、阿合牙孜沟风景区、夏特温泉、木扎尔特达坂、图拉苏冰川、夏特谷地;人文旅游资源有:圣佑庙、格登山碑、草原石人、夏特古道、夏特古墓、夏特古城、古界碑、波马古城、木扎尔特口岸、夏特鹿苑、科布尔特岩画、细君公主墓,可谓风景如画。

除此之外,昭苏县动植物种类丰富,尤其是该地区出产的马久负盛名,被誉为天马,2003年昭苏县被国家农业部命名为中国天马之乡。正是因为如此,迪达尔给自己起了一个“野马”的绰号,昭苏县拥有广阔的草原,在此长大的迪达尔早早便学会了骑马摔跤,放牧抓羊,饿了有熏马肉、奶疙瘩,渴了有马奶子,奶酒,这样的饮食习惯造就了迪达尔强健的体魄和超强的耐力。

摔跤和柔道是一项很容易受伤的运动,迪达尔能连续多年获得优异成绩,可见他的身体有多么结实!2013年后,迪达尔慢慢接触到了MMA,被MMA的魅力吸引,投师中国MMA三杰之首、“峨眉小强”牛小强门下,在上海龙武士俱乐部练习MMA。

迪达尔目前战绩6战5胜1负,在6月19日《武林笼中对》15的比赛中,第一次登台笼中对的迪达尔和俄罗斯猛将米克尔·奥西波夫打了三局,最终通过地面砸拳TKO对手获胜,进一步提升战绩。

 

迪达尔体能充沛,力量出色,擅长摔跤和拳法,防守水平上乘。或许是因为参赛次数不多,地面技术还有很大的进步空间,他的上限,令人期待~

中国顶级MMA赛事《王者冠军赛》深圳站,比赛阵容空前强大,将是一场云集世界MMA明星选手、中国年度最高水平赛事之一,是王者冠军赛为深圳人民倾力打造的鸿篇巨献,也是天下拳迷不容错过的精彩赛事!此次比赛“野马”迪达尔的对手是日本柔术高手服部贤太,日本是亚洲搏击格斗强国,其中日本本土的K-1格斗大赛在世界范围内都有广泛的知名度和影响力,且日本的柔道闻名世界。擅长柔术的服部贤对战擅长柔道的迪达尔,谁能斩对方于马下?8月26日《王者冠军赛》深圳站,敬请关注!

FJ時事新聞
责任编辑:张圣_HS916

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2017-8-23 4:03

跟贴 0