現代でもオシャレ、歴史好きにもたまらない西陣織マスク【連載:アキラの着目】

現代でもオシャレ、歴史好きにもたまらない西陣織マスク【連載:アキラの着目】

2週間前

新型コロナウイルスの蔓延からすでに1年以上が経過し、マスクを付ける習慣がすっかり定着した現在。

定着したとはいっても、本来ならばマスクをせずに済むところを、新型コロナウイルスのせいで毎日マスクを付けるはめになったのだから、どうしても各人の心の中には大なり小なりのストレスがある。

そこで、付けたくないマスクを付けたくなるようなマスクにしようと、昨年の早い時期からデザインや色合いに趣向を凝らしたマスクも出始めてきた。

このニッポンニュースでもこれまでにそうした様々な趣向を凝らしたマスクを取り上げてきた(2020年04月23日ニッポンニュース「新型コロナウイルスに京都老舗畳店・もとやま畳店の「畳マスク」【連載:アキラの着目】」2020年06月27日ニッポンニュース「タオル生産日本一・今治が生んだ高品質の冷感&抗菌マスク【連載:アキラの着目】」2020年08月19日ニッポンニュース「肌に優しく、何度でも洗える!和紙糸で作られた和紙マスク【連載:アキラの着目】」)。

もう趣向を凝らしたマスクは出尽くしたかなと思いきや、まだまだ存在し、今回のニッポンニュースで取り上げるのは西陣織マスクだ。

その名の通り西陣織で作られたマスクなのだが、まず簡単に西陣織を説明すると…。

京都の西陣という地は、東西両軍が長期に渡って戦った応仁・文明の乱(1467~77年)の際に、西軍大将・山名宗全が陣を張ったことから西陣と名付けられた。

その西陣の地で生産された織物を元々は西陣織といっていたのだが、現在では京都の先染め織物の総称として使われている名称にまでなっている。

1,200年もの間、人の手によって機織りされてきた伝統工芸の西陣織は、国内最高級織物として全国的に知られており、価値がある。

だからこそ、その西陣織でマスクを作ってしまうのは、あまりにも意外性が高く、さぞかし高級なマスクなんだろうなと真っ先に誰しもが思ってしまうのだ。

確かに今回取り上げる西陣織マスクは、1枚で\3,000(税込・送料別)もするのだが、生地の良質感や柄の良さ、風合い等があり、思わず欲しくなってしまうのだ。

nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用
nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用

この西陣織マスクを付けると、どのような人間でも高貴に見られること間違いなしで、あたかも貴族になったかのような心持ちになることだろう。

豊富なラインナップの西陣織マスクには、歴史好きにはたまらない「織田信長 西陣織マスク」や「新選組 西陣織マスク」、「坂本龍馬 西陣織マスク」もある。

織田信長 西陣織マスク nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用
織田信長 西陣織マスク
nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用

新選組 西陣織マスク nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用
新選組 西陣織マスク
nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用

坂本龍馬 西陣織マスク nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用
坂本龍馬 西陣織マスク
nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask から引用

伝統的織物だけども決して古臭くなく、むしろ現代ファッションにおいてもオシャレな西陣織。

その西陣織で作られたマスクもやはりオシャレなのだ。

■nishijin mask 西陣織マスク ~京都の西陣織メーカーが本気を出して見た目にこだわって製作したマスク~– nishijin-mask
https://nishijin-mask.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-4-5 4:56

跟贴 0

脇役だった木々や花々が主役、癒やしの「ゆらぎ盆栽」【連載:アキラの着目】

脇役だった木々や花々が主役、癒やしの「ゆらぎ盆栽」【連載:アキラの着目】

2年前

盆栽に興味があるけど、高価だし、専門的だし、育てられるかどうかも不安。

そんな人のためにあるかのような盆栽が、ゆらぎ盆栽だ。

ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用
ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用

軽やかにゆらぎ踊る盆栽に思わず見とれ、癒やされる。

盆栽の枝ぶりを想像させる曲線の先に浮かぶ、松の造花。

はんなりと揺らぐ藤の花。そして鮮やかな椿。

椿 ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用
椿
ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用

どれも宙でふわふわと舞を踊っているかのよう。

しかしよく見ると、ゆらぎ盆栽はモビールで造られていることがわかるはずだ。

ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用
ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用

実は、ゆらぎ盆栽は、お雛様に飾られている橘や桜などの、ひな人形に彩りを添える造花技術を使っている。

この造花技術を現代的なインテリアにできないか、と模索して生まれたのがゆらぎ盆栽なのだ。

だから、松、藤、椿ともに和室、洋室を問わずに取り入れやすい。

お正月飾りとして松を飾るなど、季節毎にかけかえてもいいだろう。

このゆらぎ盆栽を手がける造花師は、岡田雄二氏。

昨年2018年、東京の伝統工芸職人とデザイナーの共同制作による新商品の開発・普及促進を行う「『東京手仕事』プロジェクト」にて、東京都と東京都中小企業振興公社からゆらぎ盆栽が最高賞の「東京都知事賞」に選出され、表彰されたのだ。

進化した伝統工芸が認められたことを意味する。

ゆらぎ盆栽によって、今まで脇役だった木々や花々が主役となった。

ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用
ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)から引用

■盆栽が動き出す


・サイズ:W450mm × H450mm
・素材:紙・布・ワイヤー
・希望小売価格:\8,000


・サイズ:W500mm × H450mm
・素材:紙・布・ワイヤー
・希望小売価格:\9,200

椿
・サイズ: W450mm × H450mm
・素材:紙・布・ワイヤー
・希望小売価格:\9,700

【製造元】

・有限会社 岡半
・岡田 雄二
・〒336-0936 埼玉県さいたま市緑区太田窪3-2-8
・TEL 048-882-8294
okahan@mub.biglobe.ne.jp

■ゆらぎ盆栽|商品|東京手仕事(TOKYO Teshigoto)
https://tokyoteshigoto.tokyo/product/yuragibonsai

※上記の掲載情報は2017年12月現在のもの
※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なることもあり
※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することあり
※希望小売価格は、すべて税抜き金額

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-10-16 4:56

跟贴 0

刀鍛冶の体験ができる小柄工房(東京都豊島区池袋)【連載:アキラの着目】

刀鍛冶の体験ができる小柄工房(東京都豊島区池袋)【連載:アキラの着目】

3年前

ここ数年で日本刀は、あれよあれよと人気を集め、日本刀を展示する各地の美術館は大盛況。

この日本刀ブーム・刀剣ブームの背景には、日本刀の名刀を男性に擬人化した「刀剣男士」を収集・強化し、合戦場に出没する敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が女性の間で大人気となり、”刀剣女子”が増殖したことが挙げられよう。

そうした日本刀ブーム・刀剣ブームに伴い、伝統的な日本刀の生産工程に触れてみたい、という人も増え、全国各地で刀鍛冶体験ができるところも多くなってきた。

今回は東京で刀鍛冶を体験できる工房を取り上げる。

国際観光振興機構及び日本政府観光庁の”お墨付き”!小柄工房

東京で刀鍛冶を体験できる工房の中でも、国際観光振興機構及び日本政府観光庁から”お墨付き”をもらっているのが小柄工房だ。

それうえに、海外の高校生大学生が対象となっている「日本研修旅行」では、伝統工芸を体験できる東京の施設として小柄工房は選ばれているのだ。

”お上からのお墨付き”とあれば、当然ながら伝統的技術は確かなもので間違いないし、安心して刀鍛冶体験ができる。

ただあくまでも刀鍛冶修行ではなく刀鍛冶体験なので、1日で体験できて作れるものは通常サイズの日本刀ではなく小刀になり、これは致し方ない。

むしろ、1日刀鍛冶体験で小刀まで作れることに感謝しなければならない。

小刀 小柄工房HPから引用
小刀 小柄工房HPから引用

自分の手がけた小刀は、お守り、記念品、プレゼント、家宝に!

具体的な工程だが、自分の手で和鉄を削り叩き、土置き、焼き入れまでで、刃文は直刃で焼く。

最終的に自分の手がけた小刀は、プロフェッショナルの刀鍛冶に研がれ、白鞘に納められて完成となり、約3ヵ月後に届けられる。

小刀はお守り、記念品、特別なプレゼント、等々、様々な用途で活用することができ、またこれら以外に、一家の世代代わりの際に、子供・孫に引き継ぐ家宝としても機能するだろう。

刀鍛冶体験は、もちろん事前予約制。

父子で1振りの小刀を作ることもできるので、その場合は予約時にその旨を伝えよう。

■小柄工房 刀鍛冶体験講座
http://www.budoshop.co.jp/Katana-Kozukakobo.html

小柄工房 刀鍛冶体験講座 告知パンフ 小柄工房HPから引用
小柄工房 刀鍛冶体験講座 告知パンフ 小柄工房HPから引用
FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-5-15 4:45

跟贴 0