「NPO法人」タグアーカイブ

江東良一流格闘拳法師範・江東良一、新日本総合空手道連合会 武神の公認四段に【連載:アキラの着目】

弊社FJ時事新聞の代表を務め、自らが主宰する空手流派「江東良一流格闘拳法」の師範でもある江東良一に、NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神から四段が授与された。

NPO法人 新日本総合空手道連合会武神から授与された公認四段の段位状
NPO法人 新日本総合空手道連合会武神から授与された公認四段の段位状

段位状の到着は令和3年3月4日であったが、段位状の発行日は令和3年1月10日だ。

段位状の発行日が令和3年1月10日であるのは、段位状の授与式が令和3年1月10日にあったからだ。

その段位状の授与式は、武神総会2021の中で執り行われた。

香港を拠点の1つとして活動している江東は新型コロナの影響で日本に戻れず、この武神総会2021及び段位状授与式に出席することができなかったため、段位状が後日発送されるということで、ようやく3月4日に到着したわけだ。

幼少期から拳法を始め、段位も授かった江東だが、日本で正式に段位を授かったのは、この度のNPO法人 新日本総合空手道連合会 武神からの四段授与が初めて。

NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神からの四段授与は、江東の格闘人生における1つの到達点であることは間違いない。

ただし、あくまでもこれは到達点の1つであって最終地点にはあらず。

引き続き、自らの「江東良一流格闘拳法」を通じて「社会に役立つ」ことや、「他人の痛みをわかる」ことの大切さを1人でも多くの人達に伝えていくのがゴールのない最終地点であり、また江東の使命でもあり役割なのだ。

コロナ禍の現在、本部道場は師範不在の状況が続き、道場生も思うように集まっていないが、コロナ収束後を見据えたプランもあり、「江東良一流格闘拳法」は常に前を、未来を見ている。

「江東良一流格闘拳法」が飛躍することで、NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神のさらなる発展にも寄与・貢献できるのではとの思いもある。

NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神から四段を授かったことを契機として、気持ち新たに邁進してゆくと誓った師範・江東良一なのであった。

■NPO法人 武神
http://karate-bushin.com/

■一般社団法人 全日本空手審判機構(JKJO)
https://karate-jkjo.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

新日本総合空手連合会・武神の酒井代表(桜塾代表)、10年お務めでご勇退【連載:アキラの着目】

2001年に「“日本で一番のオープン大会”を開催しよう!」という同じ志の下に、東海地区を中心としたフルコンタクト空手の8道場が集結し結成された新日本総合空手連合会・武神。

2007年にNPO法人となった新日本総合空手連合会・武神は現在、加盟道場が158を数え(国内108道場/海外54道場)、フルコンタクト空手界の一大勢力となっている。

その新日本総合空手連合会・武神の代表を2011年から連続で10年間も務められた酒井寿和先生(全日本新武道連盟 桜塾 代表)が勇退されることとなった。

NPO法人 新日本総合空手道連合 武神 公式サイトから引用
NPO法人 新日本総合空手道連合 武神 公式サイトから引用

二代目武神代表の松井啓悟塾頭(フルコンタクト空手道 男塾)からバトンを受け継ぎ、酒井寿和先生が三代目武神代表に就任された時はまだ脂の乗り切った39歳。

酒井寿和先生は代表就任当初から公約として「武神加盟100団体」と「ナゴヤドームでの開催」を掲げ、着実にその実現に向け歩みを進めたのだった。

就任早々に酒井寿和先生が着手したのが、反対を押し切ってスタートさせた「武神ユース」と、初心&初級の輝ける場となる「武神杯」の初開催。

また、中国大連にある「極真会館浜井派大連総本部」へ強化遠征に行くなど、精力的に武神および加盟道場の選手たちのために飛び回った就任一年目となった。

2012年には「武神カラテオールジャパンカップ2012」を開催し、初の参加選手数1,000人超えを達成したり、2013年には小学生高学年を中心とした「武神ジュニアユース」を新設、若年層からの空手選手育成にも力を注いだ。

2014年には衆議院議員の石原伸晃氏を顧問に迎え、2015年のナゴヤドーム大会開催を発表。

その発表通りに翌2015年には、ついに「武神カラテオールジャパンカップ in ナゴヤドーム大会」を開催するに至った。

このナゴヤドーム大会の開会式では、上田正樹さんが君が代を独唱し、愛知県の大村知事、お笑い芸人の千原せいじさんが祝辞を述べ、空手界からは新極真会代表・緑健児先生、世界総極真代表・長谷川一幸先生、白蓮会館・杉原賢亮館長といった空手界の重鎮がお祝いに駆けつけるなど、名実ともに盛大な空手の祭典となった。
NPO法人 新日本総合空手道連合 武神 公式サイトから引用

NPO法人 新日本総合空手道連合 武神 公式サイトから引用
NPO法人 新日本総合空手道連合 武神 公式サイトから引用

その後も酒井体制の武神は衰え知らずの勢いで、毎年「武神カラテオールジャパンカップ」の開催を重ね、時には音と光の演出で観客を魅了したり、あるいはコンサート会場で知られる日本ガイシホールで大型ビジョンやLEDモニターを駆使したりで、選手たちにふさわしい活躍の場を提供し続けたのだった。

今の武神の発展・隆盛を知っているから、酒井代表体制の10年は、順風満帆のように思えてしまいがちだ。

しかし実際は予期せぬことの連続で、時には猛反対にあったり、前例のないことへの挑戦ばかりで、その苦労は計り知れぬものだったようだ。

1月10日に開催された「武神総会2021」の最後に酒井先生が「武神代表を退いても、ずっと武神は大好きです!」と言われたことは、各道場の先生方にも確実に刺さったであろう。

今後の武神は、松井啓悟代表代行により新体制となるが、やはりフルコンタクト空手界の中心軸であることには変わりがない。

■【武神特集】酒井代表、武神10年の歴史と功績
http://karate-bushin.com/news/bushin_sakai10th/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020年度全日本ランキングからフェイスシールド着用義務 ~空手 武神~【連載:アキラの着目】

空手用フェイスシールドの「ヘッドガードシールド」 NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神 公式サイトから引用空手を通じて青少年育成のため、また、“日本一の大会”を目指して、東海地区で最大規模を誇る空手大会「武神KARATE ALL JAPAN CUP」を2001年の集結以来毎年開催してきたNPO法人 新日本総合空手道連合会 武神。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で「武神KARATE ALL JAPAN CUP」は残念ながら中止となってしまった。

しかし、2020年度全日本ランキングポイント大会については、2020年7月19日(日)豊中市立武道館ひびきで開催される「KARATE KANSAI CUP 2020」を皮切りに順次該当する大会が開催されることとなった。

ただし、7月に入っても新型コロナウイルスの収束が見込めないため、2020年度全日本ランキングポイント大会に該当する大会より、出場選手は全員、ランキング大会指定のフェイスシールドを着用することが義務となった。

この空手用フェイスシールドは、商品名を「ヘッドガードシールド」といい、現在、選手各自が使っているヘッドガード金網部分の上から覆うタイプで、マジックテープにより金網部分への装着が簡単にできるものだ。
空手用フェイスシールドの「ヘッドガードシールド」 NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神 公式サイトから引用空手用フェイスシールドの「ヘッドガードシールド」 NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神 公式サイトから引用空手用フェイスシールドの「ヘッドガードシールド」 NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神 公式サイトから引用

空手用フェイスシールドの「ヘッドガードシールド」 NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神 公式サイトから引用
空手用フェイスシールドの「ヘッドガードシールド」
NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神 公式サイトから引用

フルコンタクトでの叩き合いに対し、柔軟に対応できるように、空手用フェイスシールドはソフトビニールで造られており、割れる心配もなく安全だ。

2020年度全日本ランキングポイント大会に該当する大会に出場する選手は、この空手用フェイスシールドを購入することになり、他製品や通常の耳掛けマスクでのエントリーは不可とのことだ。

なお、「KARATE KANSAI CUP 2020」のみ空手用フェイスシールドの貸出がある。

この空手用フェイスシールドによって、対戦相手の飛沫を気にすることなく、存分に戦えることだろう。

【空手用フェイスシールド 詳細】

・商品名:ヘッドガードシールド(拳屋製)
・価格:880円(税込)
・販売:ランキング大会会場及び格闘技専門店拳屋(kobushiya.com/ 0561-85-7101)
※入荷は7月中旬予定、「KARATE KANSAI CUP 2020」会場でも販売予定

■NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神
http://karate-bushin.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

江東良一流格闘拳法、新日本総合空手道連合 武神に加盟【連載:アキラの着目】

この度、弊社FJ時事新聞の代表・江東良一が主宰する空手流派「江東良一流格闘拳法」が、めでたくNPO法人「新日本総合空手道連合 武神」への加盟が許された。
江東良一流格闘拳法創始・江東良一

NPO法人「新日本総合空手道連合 武神」について知らない人は、2019年01月28日ニッポンニュース(「戦い終われば相手を称え合う、元気で礼儀正しいチビっ子空手家たち【連載:アキラの着目】」)を参照のこと。

NPO法人 新日本総合空手道連合 武神 公式HPから引用
NPO法人 新日本総合空手道連合 武神 公式HPから引用

現在、このFJ時事新聞を含めたFJマスメディア・グループを束ね、年の1/3は日本、残りの1/3は香港、さらに残りの1/3は上海等の海外都市を忙しく回っている江東は、これまで空手の入門生を募集しても、東京・日本橋浜町の本部道場にはなかなか集まらなかっただけに、加盟団体になったことで、ようやく入門生集めのスタートラインに立てるのかな、とまずは胸を撫で下ろした。

それというのも、やはり大きい大会がある道場の方が入門生は目標を立てやすいだろうし、それに向けてモチベーションも技量も上がることが予想されるからだ。

同じ空手を習うのならば、少人数でチマチマ稽古をして全く大会がない道場と、大きな大会が開催され、参加できる道場とでは、どちらの道場に入門したいかは、あえてここで言うまでもないだろう。

これまでにどの空手の連盟にも協会にも属してこなかった「江東良一流格闘拳法」としては、「新日本総合空手道連合 武神」の加盟団体となったことで、その点は若干解消されるのではと期待している。

もちろん、「新日本総合空手道連合 武神」の加盟団体になったから簡単に入門生が集まるとは思っておらず、引き続き入門生集めに精進することには変わりがない。

江東が見据える「江東良一流格闘拳法」の展望は、まずは入門生を集めること、次にその中から師範代クラスの人間を育成すること、さらに師範代クラスの人間が門下生に空手を教えること、だ。

これは、どこの空手道場でも当たり前に目にする光景だが、まだ入門生が集まっていない「江東良一流格闘拳法」としては、この当たり前のことが当たり前になるように、「新日本総合空手道連合 武神」への加盟を契機としてさらなる飛躍を遂げたいと考えているのだ。
女性空手家

幼少期から武術に憧れ、少年時代に格闘拳法弐段を取得、ビジネスで多忙を極める現在でも格闘拳法の練習を絶やさない江東だからこそ、もう1つの己の領域である道場というものを大きく発展させたいという野望があるのだ。

■江東良一流格闘拳法道場 | 東京都中央区
http://etoryoichi.jp/

■NPO法人 新日本総合空手道連合 武神
http://karate-bushin.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

歌唱力審査・カラオケ開業・CD制作等の支援、日本カラオケ歌唱力検定協会【連載:アキラの着目】

多種多様化が進んだ昨今、どのジャンルにも濃いマニアが存在するようになった。

所詮マニアといってもアマチュアには違いないのだが、それでも中にはプロ顔負けのマニアが存在し、メディアを賑わすことも不思議ではなくなったのだ。

特にアマチュアとプロの境目がかなり近づいてきた領域が、歌唱の分野だ。

それというのも、40年以上前に出現したカラオケ機によって、瞬く間に誰でも気軽に歌える機会ができ、全国総歌手時代が到来したからだ。

カラオケ機の発展進歩も目覚ましく、カセットタイプから始まり、レーザーディスク・カラオケ、通信カラオケ、等々に進化を遂げ、照明機器も同様に進化した結果、いつしかカラオケボックスはミニスタジオへと変貌を遂げたのだ。

至れり尽くせりの環境で歌えるとなれば、当然毎日足繁くカラオケボックスやカラオケルームに通う人も出てくるわけで、日々喉に磨きをかけた猛者が出現することとなるのだ。

しかし、どんなに歌が上手くてもプロ歌手になるのは一握り。

CDをメジャーなレーベルからリリースできるなんていうのは夢のまた夢だ。

でも自分のオリジナルCDをリリースしたい!

また、歌唱力があるから、地域でカラオケ教室を開業したい、と考えている人もいたりする。

さらに今現在の自分の歌唱力はどのレベルなのかを知りたいという人もいるはず。

こうした歌唱力やカラオケに関するニーズやウォンツに対応すべくあるのが日本カラオケ歌唱力検定協会なのだ。

れっきとした内閣府認証のNPO法人なので、インチキや胡散臭い組織では一切ない。

内閣府認証 NPO法人 日本カラオケ歌唱力検定協会HPから引用
内閣府認証 NPO法人 日本カラオケ歌唱力検定協会HPから引用

日本カラオケ歌唱力検定協会は、カラオケ振興という側面から地域の活性化や健康で文化的な社会づくりに貢献できるようにとの高邁な理念から発足された協会なのだ。

具体的な活動として、カラオケ愛好者を対象に歌唱力を検定することをしており、検定に合格すると認定証が発行される。

これまでは漠然と「歌が上手いね」だったのが、内閣府認証NPO法人の認定証があれば、客観的な指標に基づいて評価された歌唱力ということになり、完全なお墨付きとなる。

内閣府認証 NPO法人 日本カラオケ歌唱力検定協会HPから引用
内閣府認証 NPO法人 日本カラオケ歌唱力検定協会HPから引用

日本カラオケ歌唱力検定公認講座の「カラオケ歌唱力講座」もあり、独学で成長が望めなかった人もさらに歌唱力を高めることが可能だ。

”井の中の蛙”かもしれないと思ったら、またそう思わなくとも、とにかく歌に自身がある人は、この日本カラオケ歌唱力検定を受けて、自分の歌唱力をプロの方々に審査してもらおう!

■内閣府認証 NPO法人 日本カラオケ歌唱力検定協会
http://kara-ken.or.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099