石原プロモーション解散、58年の歴史に終止符、商号返還式に所属俳優&スタッフ集結【連載:アキラの着目】

石原プロモーション解散、58年の歴史に終止符、商号返還式に所属俳優&スタッフ集結【連載:アキラの着目】

6 天前

国民的スター、石原裕次郎さん(享年52歳)が設立した石原プロモーション(東京都調布市)が1月16日に解散し、58年に渡る芸能マネジメントの歴史に終止符を打った。

石原プロモーション本社では、舘ひろしさん(70歳)、徳重聡さん(42歳)、池田努さん(42歳)、増本尚さん(21歳)の石原プロモーション所属の俳優陣と、昨年亡くなった渡哲也さん(享年78歳)の遺影に見守られ、石原プロモーションの商号返還式が執り行われた。

石原プロモーション公式サイトから引用
石原プロモーション公式サイトから引用

その後、石原プロモーションの商号看板は、石原プロモーション本社から渡哲也さんの自宅での仏前報告を経て、東京都世田谷区成城にある石原裕次郎邸のまき子夫人(87歳)のもとに届けられた。

まき子夫人は落ち着いた様子で「来る時が来ましたね」と看板を受け取り、自宅の祭壇に看板を供え「今後は名誉会長として、命ある限り裕次郎を守っていきます」とコメントした。

石原プロモーションは1月いっぱいで、東京都調布市にある事務所を同市内の別の建物に移転し、2月から石原裕次郎さんの音楽や映像・肖像権を管理する株式会社石原音楽出版社と、同じく石原裕次郎さんの遺品等を管理する一般社団法人ISHIHARAに業務を限定するとのことで、前述の通り、まき子夫人は名誉会長として両社を取り仕切ってゆく。

なお、1973年から石原プロモーションに48年所属した神田正輝さん(70歳)は、この日、テレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」(土曜8:00~)の生放送に出演していたため、やむをえず解散式及び商号返還式には出席できなかった。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-1-17 4:56

跟贴 0

「西部警察」テーマや軍団歌唱曲等収録のCD「ありがとう!石原軍団」12月28日発売!【連載:アキラの着目】

「西部警察」テーマや軍団歌唱曲等収録のCD「ありがとう!石原軍団」12月28日発売!【連載:アキラの着目】

1 個月前

来年2021年1月16日で芸能マネジメント業務を終了する株式会社石原プロモーション。

その石原プロモーションのコンピレーションアルバム「ありがとう!石原軍団」(2枚組)が12月28日にリリースされる。
12月28日にリリースされる石原プロモーションのコンピレーションアルバム「ありがとう!石原軍団」(2枚組)

コンピレーションアルバムとは、何らかの編集意図に基づいて、既発表の音源や楽曲、アーティストの代表曲等を集めたヒット曲集のようなアルバムのことをいうのだが、実際に「ありがとう!石原軍団」の収録曲を覗いてみると、確かに石原裕次郎さんの「ブランデーグラス」や渡哲也さんの「くちなしの花」、舘ひろしさんの「泣かないで」、寺尾聰さんの「ルビーの指環」が収録されており、石原プロモーション括りの代表曲や話題曲、テレビドラマ使用曲を集めた正真正銘のコンピレーションアルバムとなっている。

ちなみに、DISC 2には「西部警察」、「太陽にほえろ!」といった石原軍団出演による不朽の名作テレビドラマのサウンドトラックとドラマ挿入歌が収録されており、特別限定盤のDISC 2だと、2人が共演した松竹梅のCM「よろこびをお伝えして50年~幻の共演~」編の音源が追加され、さらに「西部警察」出演時の石原裕次郎さんと渡哲也さんの「ツーショット布ポスター」が封入されるので、どうせ購入するのであれば、前述した特典が付く特別限定盤をゲットすべきだ!
「ありがとう!石原軍団」特別限定盤の特典「ツーショット布ポスター」

なお、リリース日の12月28日は、石原軍団の2トップで社長も務めた石原裕次郎さんと渡哲也さんの誕生日なので、あしからず。

【「ありがとう!石原軍団」収録曲】

■ DISC 1

01. ブランデーグラス / 石原裕次郎
02. みんな誰かを愛してる / 石原裕次郎
03. 夜明けの街 / 石原裕次郎
04. 時間よお前は… / 石原裕次郎
05. 涙は俺がふく / 石原裕次郎
06. 勇者たち / 石原裕次郎
07. 思い出さがし / 石原裕次郎
08. 嘆きのメロディー / 石原裕次郎
09. くちなしの花 / 渡哲也
10. ひとり / 渡哲也
11. 日暮れ坂 / 渡哲也
12. 泣かないで / 舘ひろし
13. 冷たい太陽 / 舘ひろし
14. 思い出のキーラルゴ / 神田正輝
15. Re-Cool ルビーの指環 / 寺尾聰
16. 出航 SASURAI 2020 / 寺尾聰
17. 愛の化石 / 浅丘ルリ子
18. 天使の誘惑 / 黛ジュン
19. 夕月 / 黛ジュン
20. 夜霧よ今夜も有難う / 金児憲史

■ DISC 2

01. 西部警察メインテーマ・TVサイズ / ホーネッツ
02. 追跡のテーマ / ホーネッツ
03. 西部警察メインテーマII / ホーネッツ
04. 大門刑事のテーマ / ホーネッツ
05. 軍団マーチ / 高橋達也 & 東京ユニオン
06. 西部警察PART-II・IIIテーマ・TVサイズ ワンダフル・ガイズ / 高橋達也 & 東京ユニオン
07. 大都会のテーマ / 0座標
08. 大都会PARTIIテーマ / GAME
09. 大都会PARTIIIテーマ / 高橋達也と東京ユニオン
10. 太陽にほえろ!メイン・テーマ’86 / フルバージョン
11. 赤提灯の女 / 牧村三枝子
12. みちづれ / 牧村三枝子
13. 愛のゆくえ / 幸田薫
14. 想い出はたそがれ色 / 幸田薫
15. 通り雨 / 豊島ひとみ
16. 男と女のWaltz / 八木美代子
17. つ・ま・ん・な・い / 八木美代子
18. 風の招待状 / 井上美恵子
19. 松竹梅CM「よろこびをお伝えして50年~幻の共演~」篇 / 石原裕次郎 & 渡哲也 ※特別限定盤のみ収録

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-12-23 4:56

跟贴 0

『大都会』、『西部警察』等で活躍の渡哲也さん、8月10日に死去【連載:アキラの着目】

『大都会』、『西部警察』等で活躍の渡哲也さん、8月10日に死去【連載:アキラの着目】

5 個月前

ドラマ『西部警察』で大門刑事を演じた渡哲也さん映画『仁義の墓場』や、刑事ドラマ『大都会』での黒岩刑事役、『西部警察』での大門刑事役で活躍された俳優の渡哲也さんが、8月10日に肺炎のため死去されていた。

享年78歳。

最近のニッポンニュースでも『西部警察』関連の記事を頻繁にアップしていただけに、この突然の訃報には驚きを隠せない。

渡哲也さん 石原プロモーション公式サイトから引用
渡哲也さん
石原プロモーション公式サイトから引用

関係者によると、渡哲也さんは妻である俊子さんに対し、「自分の訃報は、葬儀など全てが終わるまで誰にも知らせるな」、「社葬も行うな」という旨の遺言を残していたという。

自身のことで人を巻き込みたくない、という“男気”から身内だけの葬儀となった。

舘ひろしさん、神田正輝さんら石原軍団には8月12日に渡哲也さんの死去が伝えられた。

渡哲也さんは「撮影所に行けば、石原裕次郎に会えるかもしれない」と友人から言われ、映画会社・日活の撮影所を訪問、その時にスカウトされ、1964年(昭和39年)に日活へ入社。

翌1965年(昭和40年)3月、映画『あばれ騎士道』で主演デビューし、エランドール賞新人賞を受賞した。

所属する日活の路線変更により日活を退社した後は、東映などの映画会社数社から専属オファーがあったが、石原裕次郎さんを尊敬していた渡哲也さんは1971年(昭和46年)、借金で倒産寸前の石原プロモーションへ入社、精力的に映画をこなし、石原プロモーションの大事な屋台骨となってゆく。

1973年(昭和48年)に大ヒットした任侠映画『仁義なき戦い』(主演:菅原文太さん)の主人公・広能昌三役は、元々最初にキャスティングされたのは渡哲也さんだったが、この時期、渡哲也さんは体調がすぐれず、広能昌三役の実現にまで至らなかった。

会社再建と経営安定を図る石原プロモーションは、テレビドラマへ本格進出し、『大都会 闘いの日々』、『大都会 PARTII』、『大都会 PARTIII』のシリーズ3部作を手掛け、いずれも渡哲也さんが主演を務めた。

さらに『大都会』終了後にスタートした『西部警察』も主演を務め、“角刈りにサングラス”というスタイルは、渡哲也さんのトレードマークとなった。

ドラマ『西部警察』で大門刑事を演じた渡哲也さん
ドラマ『西部警察』で大門刑事を演じた渡哲也さん

なので、渡哲也さんをモノマネするとなると、“角刈りにサングラス”でライフルを持つというものが多い。

男も女も惚れた男・渡哲也さんは、天国で石原裕次郎さんと美味しい酒を汲み交わしていることだろう。

■西部警察 PARTⅠセレクション 大門BOX 1 予告編

■石原プロモーション | 渡 哲也
https://www.ishihara-pro.co.jp/actor/watari/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-8-15 4:56

跟贴 0

莫大な資金援助で制作、装甲車も走る刑事ドラマ『西部警察』【連載:アキラの着目】

莫大な資金援助で制作、装甲車も走る刑事ドラマ『西部警察』【連載:アキラの着目】

6 個月前

今回のニッポンニュースは、これまでにも幾度となく取り上げた刑事ドラマ『西部警察』だ。

故・石原裕次郎さんが社長を務めた石原プロモーションが手掛けた刑事ドラマは数あれど、その中の最高峰だと筆者は思っている。

やはり『西部警察』の何が凄いのかというと、豪快な爆破シーンやカーアクションだろう。

それらは、同じ石原プロモーション制作の『大都会』や『太陽にほえろ』とは比べ物にならぬほどの規模なのだ。

ここからは推測の域に入るが、『大都会』や『太陽にほえろ』は日本テレビでの放送だったが、『西部警察』はテレビ朝日での放送となり、放送局が変わったことで莫大な資金援助があったのではないか。

つまり、テレビ朝日が高視聴率を取れる石原プロモーションの刑事ドラマを放送したいがために、莫大な金で石原プロモーションを”釣って”、日本テレビから”引き抜いた”とみることができるのでは、ということだ。

なので、ドラマ中における爆薬の使用量が半端なく増加しているのだ。

また、『西部警察』第一話、第二話で装甲車が登場。

ドラマ開始のインパクトとしては申し分なく絶大で、銀座や赤レンガの東京駅前、国会議事堂前を装甲車が走行するシーンは圧巻という言葉以外見つからない。

『西部警察』第一話「無防備都市(前編)」から引用
『西部警察』第一話「無防備都市(前編)」から引用

もちろんCGといったテクノロジーのない時代に制作された『西部警察』であるから、実写であり、装甲車を実走させて撮影したものだ。

『西部警察』第一話「無防備都市(前編)」から引用
『西部警察』第一話「無防備都市(前編)」から引用

この装甲車、かのフォークリフトで有名な小松製作所にこれまた莫大な金で造らせた特注品のようで、ドラマでは米軍の最新鋭装甲車という設定だった。

■【西部警察】装甲車メモリアル

この装甲車が走る『西部警察』は、令和に制作されたのではなく、昭和の時代、今から40年前に制作されたドラマなのだから、あらためて凄いことをやったものだと感心せざるを得ない。

『西部警察』に興味が出てきた人は、DVDをレンタルするか、DVDを購入するかして観てみるべし。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-8-1 4:56

跟贴 0

石原プロモーション、近い将来解散か!?【連載:アキラの着目】

石原プロモーション、近い将来解散か!?【連載:アキラの着目】

6 個月前

刑事ドラマ「西部警察」DVD 石原プロモーションHPから引用「タフガイ」の愛称で絶大な人気を誇った故・石原裕次郎さんが1963年に設立した石原プロモーションが、近い将来、解散するという。

故・石原裕次郎さん 石原プロモーションHPから引用
故・石原裕次郎さん
石原プロモーションHPから引用

幾つかの石原プロモーション関連会社は、すでに清算されており、来年2021年1月頃の解散に向け、着々と準備が進められているとのことだ。

元々、石原裕次郎さんが他界された後は、裕次郎さんの遺言に従って、石原プロモーションを畳むはずだったようだが、まき子未亡人の生計のために、今日まで存続されてきたとのこと。

これまでにも度々、女性週刊誌等で石原プロモーションの解散が報じられてきたが、今回は解散の最終決定が下されたようだ。

この最終決定が下されたきっかけは、昨年横浜の総持寺で営まれた裕次郎さんの三十三回忌の法要での「弔い上げ」だ。

まき子さんから「今年をもって弔い上げとします」との話があり、今年になってから関連会社・石原音楽出版社の登記簿の目的欄には、「石原裕次郎の遺品の維持管理、展示及び賃貸」(7月3日付)という一文が加わり、また同じく関連会社・石原インターナショナル」の登記簿には、やはり7月3日付で「清算結了」という一文が加わったのだ。

関連会社・石原ミュージックについては、すでに昨年のうちに清算され、現存しているのは石原プロモーションと石原音楽出版社のみとなっている。

芸能関係者によれば、「石原プロモーション解散後は、石原音楽出版社に一本化し、版権収入やカラオケの歌唱印税の管理等をすることになるだろう」とのことだ。

筆者世代からすると、石原プロモーションといったら、やはり石原軍団出演による昭和の刑事ドラマの数々が印象に残っている。

「大都会」シリーズ、「西部警察」シリーズは、渡哲也さんを筆頭に、皆カッコ良すぎた。

刑事ドラマ「西部警察」DVD 石原プロモーションHPから引用
刑事ドラマ「西部警察」DVD
石原プロモーションHPから引用

そのうえ、先日のニッポンニュースで紹介したばかりだが、派手なカーチェイス・カーアクションがスリリングで目が離せなかった。

石原プロモーションが解散したら、古き良き昭和がまた記憶の隅に追いやられるような感じがして、寂しくなるかもしれない。

■石原プロモーション
https://www.ishihara-pro.co.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-7-16 4:56

跟贴 0

FJ時事新聞ニッポンニュース厳選!刑事ドラマテーマ曲3選【連載:アキラの着目】

FJ時事新聞ニッポンニュース厳選!刑事ドラマテーマ曲3選【連載:アキラの着目】

7 個月前

頻繁に起こる銃撃戦や、派手なカーチェイス&カーアクションが”ウリ”だった、昭和の刑事ドラマ。

しかし、そうしたインパクトのある映像だけでなく、秀逸なメロディのテーマ曲やBGMも視聴者を惹きつけていたのだ。

今回のニッポンニュースは、ニッポンニュース編集部の独断で刑事ドラマのテーマ曲ベスト3を厳選してみた。

1.『ワンダフルガイズ』(刑事ドラマ『西部警察 PartⅢ』オープニング・テーマ曲)

西部警察PartⅢ

今では実現不可能な撮影として語り継がれているのが、戦車が銀座を走行する『西部警察 PartⅠ』での第1話&第2話。

その後継シリーズ第3弾が『西部警察 PartⅢ』なのだが、相変わらずパトカーの損壊率(!?)もPartⅠに劣らず、派手な爆破シーンや銃撃戦もあり、今観てもアクションドラマとして十分に楽しめる。

もちろん渡哲也を筆頭に、各刑事に扮する俳優陣による迫真の演技も見どころだ。

肝心のテーマ曲だが、オーケストラの演奏に耐えられる曲調の中に、エレキギターのアドリブ的な間奏が入るというもの。

一度聴いたら、耳に残りやすいメロディラインと、そこまで考慮したのか不明だが、ハミングや口三味線、口笛で再現する際に無理のない音域で構成されているのも良い。

■西部警察PartⅢ op – YouTube

2.刑事ドラマ『大都会PARTⅢ』オープニング・テーマ曲

大都会PARTⅢ

この『大都会PARTⅢ』も『西部警察』同様に石原軍団による刑事ドラマ。

時期としては『大都会』シリーズが先に放映され、『西部警察』はその後だ。

シリーズ1作目『大都会』は、暗く垂れ込めるようなイメージのドラマだったが、シリーズ2作目『大都会PARTⅡ』、シリーズ3作目『大都会PARTⅢ』と追うにつれ、アクションシーンが多くなり、またテコ入れした俳優陣の充実さも光り、1作目のような暗さは解消された。

ドラマ・イメージと比例するように、1作目のテーマ曲はどんよりした曲調だったが、シリーズを追う毎に明るくなった印象。

とりわけシリーズ3作目『大都会PARTⅢ』のテーマ曲は、パトカーのサイレンを連想するような、のっけからリフレイン調のメロディ。

メリハリ感もあって、筆者にとっては”中毒性”の高い名曲だ。

■大都会PARTⅢテーマ曲 – YouTube

3.刑事ドラマ『Gメン’75』オープニング・テーマ曲(フルサイズ Ver)

Gメン'75

毎回、なぜか空港の滑走路で歩みを進めるメンバーたちが映し出されるオープニングだった刑事ドラマ『Gメン’75』。

テーマ曲は、特撮ヒーロー物の主題歌を手掛けてきた菊池俊輔氏の作曲だ。

大滝詠一や中島みゆきの曲を聴けば誰でも「ああ、大滝詠一の曲だ、中島みゆきの曲だ」とわかるように、慣れてくると菊池俊輔氏の曲もわかってくるものだ。

演歌ほど”押し付けがましくない”郷愁さが漂うようなメロディとでも言っておこうか。

■『Gメン’75』テーマ曲(フルサイズ Ver)

以上、ニッポンニュース編集部の独断で選んだ刑事ドラマのテーマ曲ベスト3だったが、いかがであっただろうか?

『太陽にほえろ』のテーマ曲がランキングインしていない、等々の不満もおありかと思うが、また別の切り口で今回選ばれなかった曲は、紹介することができれば、と考えている。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-6-15 4:56

跟贴 0