4月29日は「前田日明 VS アンドレ」セメント試合があった日【連載:アキラの着目】

4月29日は「前田日明 VS アンドレ」セメント試合があった日【連載:アキラの着目】

10か月前

今日4月29日はプロレスファン、総合格闘技ファンにとって忘れられない日だ。

というのも1986年4月29日は三重県津市体育館にて格闘王・前田日明と大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントのセメント試合があった日なのだ。
前田日明 VS アンドレ・ザ・ジャイアント セメント試合

“セメント”とは、昨今一般人でもやたら遣うようになった「ガチンコ」や「ガチ」と同義語だ。

でも「前田日明 VS アンドレ」セメント試合は、ガチンコなのかといったら、それは断じて違うと思う。

やはりこのプロレスの範疇を逸脱した、極めて奇形でいびつな「前田日明 VS アンドレ」セメント試合は、「ガチンコ」や「ガチ」ではなく、”セメント”でしか表現できない試合なのだ。

なぜならば、単なる実力測定やどちらが強いか弱いかを決めるのではなく、相手を壊す・潰すという要素が多分に含まれた試合だったからだ。

突如、何のサイドストーリーや脈絡もなく組まれた「前田日明 VS アンドレ」。

終始不穏な空気が流れていたが、試合開始早々から”セメントモード”で前田は戦っていたわけではなかった。

前田は努めて最初のうちは”プロレス”をしていたのだ。

そんなわけで”プロレスモード”で前田はアンドレと対戦し、「プロレス用の蹴り」を繰り出してた。

それに対しアンドレは、ロープの反動を使って突進してきた前田に対し、”セメントモード”で容赦なくエルボーを顔面に叩き込む。

またアンドレは、己の全体重(約236kg)を浴びせて、前田をガブり、前田を「コ」の字状の、極めて窮屈な体勢を強いらせる。

その後も全圧力をかけ、前田の背後からフルネルソンで絞り上げる。

並みのレスラーならこの時点で簡単にギブアップするところを、身体が人一倍柔軟な前田は、何とかこれを耐え忍ぶ。

そしてようやくUWFの十八番であるゴッチ流サブミッションで前田は反撃。

腕ひしぎ十字固めやアキレス腱固めは、アンドレがあまりにも規格外の身体であるがゆえに、思ったほどの効果を上げられなかったものの、当時まだ正式名称のなかったヒール・ホールドでアンドレの左膝を破壊。

グラウンドからスタンディングに移行した後のアンドレは、かすかに左足をかばい出した。
前田日明 VS アンドレ・ザ・ジャイアント セメント試合

やがて前田は、リングサイドで見ていた星野勘太郎に「本当に(セメントを)やっちゃっていいんですか?」と一応の確認をした後、覚悟を決め、ついに100%の「格闘家・前田日明」モードに切り替わる。

「タダではやられない、せめて1箇所でもアンドレを壊してからやられてやる!」

そう覚悟を決めた後の前田は、重いローキックや、膝の皿にブチ込む”タイマン”仕様の関節蹴りを多用、ついにアンドレを戦闘不能に陥れる。

ノー・コンテストの裁定が下った後、リング上で大の字になり、戦意喪失した大巨人アンドレに対し前田が問い詰める。

それに対しアンドレは、「This is not my business.」。

俺のしわざじゃない、と手を広げて弁明したのだ。

プロレスの試合でありながら、プロレスとして成立しなかった試合。

それは前田を潰すために仕掛けられた”公開処刑”だった。

当時の新日本プロレスにとって目の上のタンコブだったUWF(UNIVERSAL WRESTLING FEDERATION)勢。

そのUWF勢で最も”出る杭”であった前田日明を潰さんがために組まれた試合だった。

223cmの大巨人アンドレを遣って、大勢の観客の前で192cmの前田を壊し、前田に赤っ恥をかかすつもりだったのだ。

だからこの試合は「ガチンコ」や「ガチ」ではなく、”セメント”なのだ。

ゆえに、決して名勝負ではないし、感動を呼ぶ試合でもないし、好きな試合でもない!

しかし筆者にとって一番、「プロレスファンで良かった」、「前田日明ファンで良かった」と心底から思えた試合だ。

覚悟を決めるということ。

己を信じるということ。

これらが高濃度で凝縮されたのが、この「前田 VS アンドレ」のセメント試合だった。

元々この「前田日明 VS アンドレ」は地上波TVにてオンエアされる予定だった。

ところが、新日本プロレスの思惑に反し、前田日明がアンドレを戦意喪失させてしまったから、オンエアするとむしろますます前田やUWF勢の株が上がってしまい、これはマズイ。

たぶんそんな理由で結局この試合は、当時の新日本プロレス=テレビ朝日の判断でオンエアされずにお蔵入りしてしまったのだろう。

だからこの試合は伝説の”裏ビデオ”として極々一部のマニアにしか流通しなかった。

その”裏ビデオ”を、それもダビング5万回重ねたような、かなり粗い画質の”裏ビデオ”を、20年前にやっと入手できた時は、言葉では語りつくせぬ幸福感があった。

でも今では、このお蔵入り試合も鮮明な映像で公式に『秘蔵Ⅰ』としてDVD発売されてるし、YouTubeでも簡単に観ることができる。

「これまでの入手苦労は何だったんだ?」と言いたくなるが、それも時代の流れだから仕方あるまい。

とにかくこの時、もし前田日明がアンドレに負けていたら、その後のプロレス界・総合格闘技界の歴史は現在までの流れとは丸っきり異なっていたことだろう。

前田日明がアンドレに負けていたら、後の第2次UWF(新生UWF)は結成されなかっただろうし、さらにそこから分裂・派生するRINGSも、他のU系団体もなかったことだろう。

また、RINGSと提携し、興行ノウハウを得たことで大成功した正道会館のK-1も出現してくることもなかっただろうし、総合格闘技も生まれることなく、いまだにプロレスだけのままだったかもしれない。

それだけ「前田日明 VS アンドレ・ザ・ジャイアント」セメント試合の持つ意味は絶大で、プロレス・総合格闘技史上、最も重要な事件の1つとして後世まで語り継がれる試合だと筆者は思っている。
前田日明 VS アンドレ・ザ・ジャイアント セメント試合

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-4-29 4:56

跟贴 0

日本搏击高手连续折戟擂台,这家赛事有什么魔咒?

日本搏击高手连续折戟擂台,这家赛事有什么魔咒?

2年前

来源:搜狐

上周六晚,峨眉传奇的年终盛典上,日本名将,K-1第三代王者河部大雅三回合判定输给国内拳手朱旭。一时间,国内拳迷瞬间炸锅,议论纷纷。

赛前被国内拳迷普遍看好的大雅,意外折戟在了这个曾经让无数日本高手魂断的擂台。在大雅之前,峨眉传奇这里就已经有过多位日本高手铩羽而归。其哥哥被称之为魔裟斗二世的河部弘也败给了欣玛尼,并且那次败北让河部弘也认识到了什么叫山外有山,人外有人。纵使在日本有着超高的人气,到中国的擂台之上依旧要凭借实力说话。

而河部兄弟的另一位队友,安保瑠辉也同样栽在了欣玛尼的手上。作为著名的TRY HARD GYM拳馆的主力拳手,安保瑠辉也无论是在日本还是在国内,都有着不低拳迷基础。在与欣玛尼对上之前,更是在峨眉传奇一路过关斩将。没想到遇上欣玛尼之后结局瞬间翻转,连加时赛都没能打出来,三回合结束比赛后直接就判定输掉了比赛。

同样在拳台有着“日本狂犬”之称的西川智之跑到峨眉传奇的擂台上之后也是惨败。在2018年峨眉传奇成都站的时候,太极实战第一人韩飞龙三回合鏖战艰难获胜。不过西川智之也是个狠人,三回合9分钟的比赛里,没有一丝退意,面对比各方面状态都比自己强太多的韩飞龙。这位“日本狂犬”真真正正的向拳迷诠释了自己绰号的由来。

再加上本次大雅的陨落,峨眉传奇似乎有着什么魔咒,日本拳手总是意外折戟于此。要是说赛事方老是找“留学生”来打比赛的话,那上面提到的这些“留学生”也真是阵容强大了。上面说的那四位,即使放在搏击氛围更加浓厚的日本本土都有着超乎寻常的人气与关注。国内的老拳迷对此再清楚不过了。

把这些高手认作“留学生”的,多半是一些边缘拳迷。把一个满嘴脏话,为了炒作毫无道德底线的拳馆教练的话奉若圣经,这些人又是否真的能看懂比赛呢?至于大雅的意外,结果究竟如何恐怕只有当时打分的教练知道。但是可以肯定的是这场比赛必定要打二番战。

大雅因为合同问题已经无法回到K-1了,此次在国内比赛,其关注度显而易见。以后在国内比赛的机会也必然会增加。再加上因为一番战争议的原因,二番战必然会更有噱头,作为赛事的举办方,峨眉传奇显然不想放弃这个机会。所以,还是让我们期待一下二番战吧。

FJ時事新聞
责任编辑:黄达_HS104

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2019-1-20 4:52

跟贴 0

这就是日本拳手的秘密!想赢他们必须防这些怪招!

这就是日本拳手的秘密!想赢他们必须防这些怪招!

3年前

来源:搜狐

上一期的节目中我们对魏锐vs卜部功也的比赛进行了预测。而其中对于日系打法,我们也有略微的提及。K-1大战虽然已经结束,但为了方便更多的粉丝更深入观赏这一踢拳届的盛况,本期节目我们就对踢拳中的日系打法进行一番介绍。

踢拳(自由搏击)起源于60年代的日本,在发展过程中受空手道影响很重,所以日系踢拳拳手中很多人都有空手道的影子。以腿法来讲,大多日系拳手的踢法和泰拳、散打运动员的都是不同的。

首先是近几年中国搏击圈中的“网红技术”,下段踵落。“踵落”这个词本身,是泛指一切以脚后跟砸击对手的技术。在2015年英雄传说的擂台上,伊泽波人使用下段踵落将庄树松击败,第一次让国内搏击圈的人认识到了这种腿法。而这种腿法在面对内围拒止力或控制力强的拳手时,其实基本上是无法发挥作用的。

其次就是巴西蹴,巴西蹴曾经无论是在极真空手道、踢拳还是MMA比赛中,都是很常见的。但是由于对膝关节的损伤太大,且大家对这招的熟识度变高,它出其不意的效果越来越低。所以在近两年的擂台以及八角笼中,已经很少能看见巴西蹴了。

还有我们常见的正蹬大多利用前脚掌和脚跟,而日系拳手中虽有一部分已经变成了类似泰拳的踢法,但是仍然有一部分人继续使用的是空手道的前蹴。前蹴这种腿法使用的是前脚掌的最前端又称“足枪”,这种踢法的发力通俗来讲是弹踢和正蹬的结合,暨一边往前送腰送胯、一边弹腿用前脚掌去戳对手。

UFC名将町田龙太的成名绝技“白鹤亮翅”,其实用技术术语来讲就是腾空前蹴。

然而对于直线进攻,只要熟悉了对手的进攻路线和节奏,就会变得非常的好防。所以在此基础上,我们还能见到另一种看起来像变线前蹴的腿法,暨三日月蹴。

日本名将日菜太,就经常在比赛中使用该腿法。而且日菜太的前蹴、扫踢(前回蹴)、三日月蹴和膝法之前的协同程度非常之高,在同一种身体律动中可以打出不同高度的四大种攻击。使得对手非常难辨别他的起腿意图,而且日菜太曾经就在比赛中使用这种打法,KO了无冕之王-美丽死神。

最后作者想带一点个人感情说一点结尾语:因为录音时得知了K-1前线的消息,听到魏锐在日本的遭遇。作者的内心也是五味杂陈,但无论如何,都希望魏锐能够重夺金腰带,亦或者以其他的方式再登巅峰。中国搏击牛逼!中国搏击加油!

FJ時事新聞
责任编辑:黄达_HS104

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

 

 

2018-3-27 4:45

跟贴 0

日本新秀爆冷KO考菲尔泰克斯,邱建良或将提前登顶世界第一

日本新秀爆冷KO考菲尔泰克斯,邱建良或将提前登顶世界第一

3年前

来源:搜狐

就在昨天结束的日本K1的比赛中,出现了一场出乎意料的比赛,可以说是当晚比赛最大的爆冷,那就是考菲尔泰克斯被日本新秀平本莲给KO了。看到这个结果,笔者感到非常的失望,因为邱建良即将在五月份打考,作为世界排名第二的邱建良,如果击败了考,那么就会毫无疑问的登顶世界第一宝座,这也是很多中国拳迷想要看到的。

但是,世事难料,谁也没想到考能被平本莲给击败了,而且还是KO,这样的话邱建良如果再去打考,意义也就不大了,为什么呢?因为考被KO了,那么他世界第一的位置肯定是保不住了,作为世界排名第二的邱建良如果再去挑战考,即使赢了也不一定能够排到世界第一了,看来由于平本莲的“搅局”,世界排名前三的位置可能要发生一些变化。

笔者预测,下月的羽量级世界搏击排名可能会有比较大的变动,其中最有可能的就是邱建良提前登顶世界第一宝座,成为中国搏击首位世界排名第一的拳手,因为邱建良现在世界排名第二,排名第一的考被突然杀出的黑马平本莲给KO了,那么考的排名很有可能会下降到第二或者第三,而排名第二的邱建良很有可能就会被排到世界第一的位置。

不过,也有拳迷表示下月的世界第一很有可能是日本拳手野杁正明,因为虽然野杁正明现在排在世界第三的位置上,但是他在昨天K1的比赛中获得了一场胜利,而且他打的还是大河哲也,比较有含金量,而邱建良三月份则没有比赛,所以也有可能是野杁正明反超邱建良排到世界第一的位置。

看来,未来羽量级世界前三的排名即将变的扑朔迷离,那么,你认为下月邱建良能够顺利登顶世界第一吗?如果没有的话,你觉得邱建良还有必要继续打考吗?或者说再换一个对手?最后,欢迎转发收藏点赞留言讨论。

FJ時事新聞
责任编辑:黄达_HS104

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

 

 

2018-3-27 4:33

跟贴 0

干掉日本“镰刀腿”的人果然凶狠!两腿爆头速杀!

干掉日本“镰刀腿”的人果然凶狠!两腿爆头速杀!

3年前

来源:搜狐

昨日,日本著名自由搏击赛事K-1超级盛典火热举行。现任K-1 WGP 55KG王者武居由树面对现任K-1 WGP 67.5KG王者久保优太的弟弟久保贤司的挑战,结果武居由树一回合不到就完虐并KO对手,再次卫冕。

武居由树是2017年k-1年度最佳拳手。在2017年4月22日K-1WGP 55KG王者八人赛中曾点数战胜过久保贤司一次。曾凭借绝技“镰刀腿”在中国擂台纵横不败的日本选手伊泽波人,不久前也被其轻松KO。此次面对复仇而来的久保贤司,武居由树也没给对手一点机会,开场不久就凭借同侧的拳腿组合读秒对手一次,随后继续追击并KO了对手。

FJ時事新聞
责任编辑:毕敏_HS708

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

 

2018-3-25 4:39

跟贴 0

世界第一拳王:打遍泰国打服日本 欲称霸中国武林

世界第一拳王:打遍泰国打服日本 欲称霸中国武林

3年前

来源:网易体育

无论是播求、雅桑克莱还是K-1时期的魔裟斗、安迪·苏瓦等老牌巨星,都没人敢说自己是世界第一,因为是否称霸了世界不仅要看自己击败过谁,更要看自己在级别内的统治力。但是,考·(Kaew Weerasakreck)却完全有能力说自己称霸过世界站立格斗羽量级这个级别。

世界第一拳王:打遍泰国打服日本 欲称霸中国武林

称霸泰国拳场

与所有泰拳手一样,考·(Kaew Weerasakreck)的早期职业生涯都是在泰国本土度过的。2006年他首次拿到了象征着泰拳领域最高水平的仑披尼拳场126磅冠军。紧接着,他又连续两年获得WBC的世界冠军。2009年,时隔三年考回归仑披尼赛场,并且一举夺得135磅冠军,成为横跨仑披尼两个级别的泰拳强者。

初入中国展露锋芒

在2011年,英雄传说两度邀请考前来参赛,而在更加国际化的自由搏击规则下,考·(Kaew Weerasakreck)这才在中国展现出了自己强大的实力。第一场战胜彭东,第二场又打赢了英雄传说著名选手张波,让中国拳迷记住了他的名字。次年,考·(Kaew Weerasakreck)在英雄传说擂台上一晚连续KO三个对手称王,其中就包括了新一代领军拳手刘威。

世界第一拳王:打遍泰国打服日本 欲称霸中国武林

凭一己之力横扫日本

虽然考·(Kaew Weerasakreck)已经在泰国与中国都留下了自己的威名,然而真正让他得到世界认可还是在日本赛场的强势表现。

在进军K-1之前,考·(Kaew Weerasakreck)就在日本对战了7位日本选手,不仅全胜而且5次KO对手。也正是因为他出色的战绩,被日本新K-1看重并直接邀请到K-1 GP 65KG 8人冠军战中。这一次,考·(Kaew Weerasakreck)三场对手又全部都是日本选手,但素以顽强著称的他们却没能阻挡这位初出茅庐的泰国人的脚步,三战全胜登顶K-1世界王座。而被他战胜的三位日本选手分别是:久保優太、山崎秀晃与左右田泰臣。

此后,考仅在2015年输给巴西选手木村·菲利普(Minoru Kimura),便在K-1赛场维持了自己的绝对统治。直到今年6月,考·(Kaew Weerasakreck)才在加赛局中以分歧判定输给了日本顶尖选手野入正明,而且这样的结果还引发了不小的争议。

世界第一拳王:打遍泰国打服日本 欲称霸中国武林

重返中国赛场欲称霸武林

在即将到来的9月9日英雄传说-亚洲巅峰决战泰山之巅比赛上,考·(Kaew Weerasakreck)将重返中国赛场。而与之对战的正是5年前被他KO过的刘威。刘威被一度看作是中国最出色的年轻一代选手,然而至今他已经是25岁经验丰富的老将。但是,似乎刘威一直都缺少一场足够含金量的封神之战,这一次世界霸主来袭对刘威来说是巨大的挑战,更是难得的机会。

打遍泰国,制霸日本,重返中国的考·(Kaew Weerasakreck)面对对胜利充满渴望的刘威,他真的能再称霸中国武林吗?一切还要在擂台上揭晓。

FJ時事新聞
责任编辑:王希_HS128

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2017-9-5 4:20

跟贴 0