「野球」タグアーカイブ

五輪開催中も大谷翔平選手を観続けるルーティンワークを忘れずに【連載:アキラの着目】

連日連夜、五輪中継を観て寝不足気味の人が多いことだろう。

それもそのはず、2021年7月29日朝現在、国別金メダル獲得数がなんと日本が1位だから、当然観入っちゃうはずだ。

五輪中継に夢中になるのは構わないのだが、五輪開催前からのルーティンワークを忘れないように継続してもらいたい。

五輪開催前からのルーティンワークとは、もちろん野球メジャーリーグ・エンゼルス・大谷翔平選手の活躍を観続けることだ。

昨日(日本時間7月28日)も大谷翔平選手によるバットの快音が途絶えることはなかった。

その快音はまさに正真正銘の快音中の快音。

アーモンドを齧った時に発せられるような心地よいカリッしたようなバット音だった。

■⚾大谷翔平141m超特大36号ホームラン!大歓声でスタジアムが揺れまくる現地映像まとめw(7/28 エンゼルス 3-12 ロッキーズ)

苦しげな表情もなく、いとも簡単にボールをバットに乗せて、レフトスタンドに運び込んだようにしか見えないホームラン。

欧米人と比べて、いや他のアジア人と比べても非力な体格の日本人が、屈強な欧米人が集うメジャーリーグで彼らをパワーで凌駕するような日本人が出てくるとは正直なところ思ってもみなかった。

そんな日本人が出てくるとしても、何百年も先のことくらいにしか思ってなかった。

ところが、現実は想像やフィクションを超えたのだ。

この先も怪我をせずに、これまでのペースで大谷翔平選手には活躍し続けてほしいとただただ願うばかりだ。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

松井秀喜選手(当時)と並んだ!日本人離れしたパワーでホームラン量産、大谷翔平選手【連載:アキラの着目】

日本時間の6月30日、敵地ニューヨークでのヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場し、第2・第3打席連続で27号・28号のホームランを打ち放ったロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。

Twitter上では「朝起きたらホームラン打ってる。ルーティンだわ」、「もはやモーニングルーティン」、「朝起きたら大谷の結果のニュース見るのが日課」といった呟きがされるくらい、日本で朝を迎えると、大谷翔平選手のホームランニュースが飛び込んでくる有様だ。

この大谷翔平選手の27号・28号の2打席連続ホームランで6月に打ったホームラン数は13本となり、2007年7月にニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手(当時)が記録した日本人選手月間最多ホームラン記録に並んだ。

今日7月1日は、アメリカでは6月30日なので、今日も大谷翔平選手がホームランを打てば、日本人選手月間最多ホームラン記録を塗り替えることになり、大谷翔平選手に新記録の期待がかかる。

大谷翔平選手の凄さをあらためて振り返りたく、最新のホームラン28号までのホームラン量産まとめ動画を観てみよう。

■【2021】大谷翔平 ホームラン集 1号~28号 All of Shohei Ohtani’s Home Runs in 2021 (#1~#28)

もちろん、ピッチャーの失投による甘い球もあるが、一方で、これは投げたピッチャーを責めるよりも打った大谷翔平選手の上手さを褒めるべき、といったようなホームランも結構ある。

それに、ふらふらと打ち上がって、フライに打ち取られたのかなと思いきや、飛距離がかなり延びてスタンドに入ったホームランもあったりで、その日本人離れしたパワーも驚きだ。

長いシーズンにおいて、当然好不調の波が出てくるとは思うが、大谷翔平選手には怪我をせずに活躍する姿を願うばかりだ。

引き続き、大谷翔平選手を刮目して観よ!

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

ピッチング・マシンを購入し、自宅の庭を”マイ・バッティングセンター”に【連載:アキラの着目】

かつては日本の国技に迫るほどの勢いで人気のあった野球。

どの町内にも少年野球チームやリトルリーグが存在し、野球の競技人口の裾野が広かった時代があったのだ。

その頃にはバッティングセンターも至る所で目にし、1970年代の最盛期には全国に約1,500ヵ所あったとのこと。

しかし、花形スポーツがサッカーに取って代わられた現在では、その最盛期の半分以下にまで落ち込んだという。

近くにバッティングセンターがないのであれば、自宅の庭に”マイ・バッティングセンター”を造ってしまえ。

そんな考えの人にオススメなのが、ピッチング・マシンだ。

いわゆるバッティングセンターで見かける例の、球を投げてくるマシンだ。

一言でピッチング・マシンといえども様々な種類やグレードに分類されており、多彩な変化球を投げることができるピッチング・マシンもあれば、オーソドックスな直球しか投げられないピッチング・マシンもある。

ピッチング・マシン ピッチングマシン・テニスマシンの製造販売 株式会社キンキクレスコ公式サイトから引用
ピッチング・マシン
ピッチングマシン・テニスマシンの製造販売 株式会社キンキクレスコ公式サイトから引用

ピッチング・マシンを専門に製造・販売する業者もあり、自分の懐具合や、野球の実力に合ったピッチング・マシンを購入するとよいだろう(価格は20万円代からあり)。

自宅の庭にピッチング・マシンを置いて打撃練習をすると、野球好きにとっては計り知れぬ爽快感が得られることだろう。

蛇足ながら、打った球が近隣家屋等に直撃しないように緑の防護ネットを張るのはいうまでもない。

野球好きで経済的余裕がある人は、購入してみては。

■株式会社キンキクレスコ|製品カタログ (ピッチングマシン) バッティングセンターの企画・設計・施工、ピッチングマシン・テニスマシンの製造販売
https://www.k-cresco.co.jp/product/pitching/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

投げたボールの回転数、回転軸、速度を記録・計測・分析可能、センサー内蔵ボール「MA-Q」【連載:アキラの着目】

かつての日本では、男の子は野球ばかりして、サッカーは肩身が狭かった。

しかし、今やサッカー人気が定着し、圧倒的なシェアを誇った野球はサッカーと同じくらいにまでに後退、草野球をする子供たちもめっきり少なくなった。

にもかかわらず、土日ともなると、公共のグラウンドを借り切って、野球を楽しむ人達も相変わらずおり、皆野球を愉しみながら、技術の研鑽に励んでいるのだ。

そんな”野球バカ”といわれる人達にオススメなのが、センサー内蔵ボール「MA-Q」(マキュー)だ。

野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体) ミズノ公式HPから引用
野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)
ミズノ公式HPから引用

この「MA-Q」(マキュー)を投げることによって、投げたボールの回転数や回転軸、速度等を記録、計測し、分析することができるのだ。

「MA-Q」(マキュー)が記録・計測したデータを分析することで、「伸びのあるストレート」や「切れのある変化球」と呼ばれるような投手の球質を数値化や可視化ができ、精度を高い練習ができるようにもなる。

公式球と変わらぬ質感(サイズ・質量・バランス・革・縫い目の高さなど)のボールである「MA-Q」(マキュー)は、試合で投げるのと同じシチュエーションを再現できるので、採取したデータは即実戦に活かすことが可能だ。

データを味方につければ、上達も早い。

球質を知れば、球のキレが変わること間違いなし!

専用アプリ(無料:iOSのみ対応)を使って「MA-Q」(マキュー)と連携するので、データをアプリ内に蓄積し、さらにパソコンにデータをエクスポート(出力)もでき、なかなか重宝な野球支援ツールだ。
野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)専用アプリ ミズノ公式HPから引用野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)専用アプリ ミズノ公式HPから引用

野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)専用アプリ ミズノ公式HPから引用
野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)専用アプリ
ミズノ公式HPから引用

なお、「MA-Q」(マキュー)購入の際は、別売の「MA-Q」(マキュー)充電器も合わせて購入することをお忘れなく。

野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)専用充電器 ミズノ公式HPから引用
野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)専用充電器
ミズノ公式HPから引用

【野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体) 詳細】

・通信方式:Bluetooth Low Energy
・通信距離:見通しの良い場所で約20m ※参考値であり保証するものではない
 ※通信距離は周囲の環境や通信対象のBluetooth機器の性能に依存して変化する
・動作時間:約8時間 ※動作時間の条件は、弊社測定条件に準ずる
・内蔵充電池:コイン形リチウム二次電池
・充電時間:約8時間 ※充電時間は充電池の使用状態により増減
・動作温度範囲:0~+60℃ ※電池充電時:0℃~+30℃(できるだけ常温で充電すること)
・保存温度範囲:-10℃~+50℃
・本体外径寸法:229~235mm
・本体質量:141.7~148.8g
・原産国:中国製(センサーモジュール:日本製)

■データを味方につけろ!努力の結果が見えるギアMA-Q(マキュー)発売

■ミズノ|野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)|野球|トレーニング用品
https://www.mizunoshop.net/f/pn-1GJMC10000

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

全国を網羅するバッティングセンター情報サイト「バッセンナビ」【連載:アキラの着目】

小学生男子の最もなりたい職業がサッカー選手になってから随分と久しい。

かつては小学生に限らず、中高生までが野球選手になりたいと言っていたのだから、隔世の感がある。

筆者は、サッカーよりも草野球ばかりをして育ってきたこともあり、いまだに都心郊外や地方でバッティングセンターを見かけるとつい入ってしまうし、かつて営業マンだった頃は神宮外苑バッティングセンターの回数券を購入し、営業の空き時間には頻繁にバッティング練習をしていたものだ。

40代、50代、60代のオジサンは、筆者同様にバッティングセンターを見かけると血が騒ぐという人が結構いたりするのだ。

そんな人たちのためにあるのが、バッティングセンター情報サイト「バッセンナビ」だ。

これまではGoogleの検索窓に「東京 バッティングセンター」とか、「●●市 バッティングセンター」と入力し、検索結果を1つづつ見て、バッティングセンターを探したものだが、こんな手間をかけずとも、「バッセンナビ」で必要な条件のチェックボックスにチェックを入れ検索すれば、該当地域のバッティングセンターを効率的に探すことができる。

検索結果には、バッティングセンター毎の球速や、左打ち・右打ちどちらの打席なのか、どういった変化球があるのかないのか、マイ・バットの持ち込みが可なのか不可なのか、等々が詳細に掲載されており、予め念入りに調べて、まだ見ぬバッティングセンターに思いを馳せることが可能だ。

出張先の夜は飲みに行かずに、「バッセンナビ」で事前に調べたバッティングセンターに行って汗をかき、健康的な時間を過ごそう!

■バッティングセンターを検索するならバッセンナビ
https://www.battingcenter.com/

■バッセンナビ Facebookページ
https://www.facebook.com/battingcenter/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

野球少年たちが欲しくてたまらなかった任天堂ウルトラマシン【連載:アキラの着目】

現在の日本における人気スポーツといえば、いうまでもなくサッカーだ。

しかし、昭和30年代~高度経済成長期~バブル期までは圧倒的に野球人気が他のスポーツを押さえて、1番だったのだ。

かつては都市部でも比較的空き地があったので、空き地さえあればまずは草野球をやるというくらい当時の小学生たちは野球に熱中した。

そうした野球人気の追い風を受けて開発された野球用トレーニングマシンが、今やビデオゲームで世界的に名高い任天堂が当時発売したウルトラマシンだ。

任天堂ウルトラマシン ガラクタ(我楽多)から引用
任天堂ウルトラマシン ガラクタ(我楽多)から引用

セットされたピンポン球が1球毎に投球され、それを付属の軽いプラスチック製バットでジャスト・ミートするという使い方だ。

■Nintendo Ultra Machine (任天堂 ウルトラ マシン) 1967 vintage retro toy

これは、現在のプロ野球選手でも練習する、いわゆるトス・バッティング練習に類似しており、いかにボールの真芯をバットで正確に捉えるかという練習だ。

1人がボールのトスを、もう1人はバッターという、通常は友達と2人1組で行っていたトス・バッティング練習が、このウルトラマシンを使えば、自分一人で練習できるようになるし、それも空き地でなく自宅でできるのが画期的だった。

だから任天堂ウルトラマシンは、当時の野球少年たちが欲しくてたまらなかったアイテムだった。
任天堂ウルトラマシン ガラクタ(我楽多)から引用

任天堂ウルトラマシン ガラクタ(我楽多)から引用
任天堂ウルトラマシン ガラクタ(我楽多)から引用

平成の現在では時折、ネットオークションや地元民に譲るコミュニティサイトで出されている任天堂ウルトラマシン。

極めて希少価値が高いものの、50年ほど前の玩具なので、保存状態の良し悪しや外箱が付いているか、等々、チェックする箇所は多いが、見かけたらすぐ買わないと、他人に先を越されること確実だ。

■任天堂ウルトラマシン ガラクタ(我楽多)
http://www.funkygoods.com/garakuta/ultra_machine/ultra_machine.htm

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

プロ野球界の「闘将」星野仙一氏、膵臓がんで急逝【連載:アキラの着目】

元プロ野球中日ドラゴンズのエース投手で現役中は「燃える男」、監督として中日ドラゴンズ、阪神タイガース、楽天イーグルスでの監督時代は「闘将」と呼ばれた星野仙一(ほしの・せんいち)楽天球団副会長(70歳)が、1月4日午前5時25分、膵臓がんにより急逝した。

2016年7月に急性膵炎を発症した際に膵臓がんであることが判明し、昨年末に病状が悪化。

「余命90日」といわれても、1年半膵臓がんと闘い続け、最後まで「燃える男」を貫いた。

近親者らで密葬を行い、後日「お別れの会」を開く予定。

星野仙一氏

現役時代は、マウンドで雄たけびを上げ、闘志を全面にむき出しにした投球で打者をねじ伏せた。

そこから「燃える男」の異名が付いた。

とりわけ読売ジャイアンツに対しての闘志は凄まじかった。

入団が有力視されていたドラフト会議では憧れの読売ジャイアンツからの指名がなく、読売ジャイアンツに入団できなかったからだ。

それをバネに1974年には中日ドラゴンズのエース投手として読売ジャイアンツのリーグ10連覇を食い止め、中日ドラゴンズの優勝に貢献した。

後の「世界のホームラン王」王貞治選手(現・ソフトバンク王貞治球団会長)との対戦では、攻撃的な投球で常に挑み続け、王貞治選手の宿敵であった。

現役引退後は中日ドラゴンズの監督として2度のリーグ制覇を達成、2002年には4年連続最下位だった阪神タイガースの監督に就任、2年目で優勝を達成した。

楽天イーグルスの監督に就任した直後の2011年3月に東日本大震災が発生、被災地を勇気づけるべく就任2年後の2013年に宿敵・読売ジャイアンツを日本シリーズで負かし日本一となった。

2014年を最後に監督を勇退した後も、楽天イーグルス球団副会長として被災地の復興とチーム強化に「燃える男」の本領を発揮した。

しかし、「燃える男」星野仙一氏も、残念ながら病魔には勝てなかった。

ご冥福をお祈りします。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

天覧試合には成り得ない現在の総合格闘技【連載:アキラの着目】

天覧試合は、メジャー・スポーツだけに存在する!?

■天覧試合(てんらんじあい)とは、天皇が観戦する武道やスポーツ競技の試合のこと。(weblio辞書から引用)

冒頭から天覧試合の定義について書いたが、天覧試合と聞いたら、大多数のご年配の方々は、長嶋茂雄選手のサヨナラホームランで幕を閉じたプロ野球「巨人-阪神戦」を思い起こすことだろう。

また、大相撲を観戦に来られた天皇皇后両陛下を思い起こす方々もいるかもしれない。

一般的には、このプロ野球と大相撲での天覧試合を思い起こすのだろうが、実際は他のスポーツ競技でも天覧試合はいくつも存在している。

  • 社会人野球
  • サッカー
  • ラグビー
  • アメリカンフットボール
  • レスリング
  • 競馬

これら天覧試合があったスポーツ競技は、どれもメジャー・スポーツだ。

それも、競馬は別として、中学・高校・大学のどれかしらに必ず部として存在しているスポーツ競技だ。

そう考えると、天覧試合は、こう再定義することもできるのではないか。

■天覧試合とは、中学・高校・大学のどれかしらに必ず部として存在している、メジャーなスポーツ競技に組まれた、天皇陛下が観戦される試合。

これを逆にいうと、マイナーなスポーツ競技には、天覧試合はまず組まれることはないということだ。

現在の総合格闘技は、天覧試合にふさわしくない競技

随分前置きが長くなってしまった。

では総合格闘技だと、天覧試合が組まれることは可能なのかどうか、だ。

総合格闘技

あくまでも私感だが、前述の再定義に照らし合わせると、総合格闘技は天覧試合を組まれるに値しない競技になるだろう。

総合格闘技には天覧試合が組まれない理由を列挙してみる。

  1. 総合格闘技は、メジャー・スポーツではない
  2. 総合格闘技は、中学・高校・大学のどれかしらに必ず部として存在していない
  3. ゆえに競技人口が少ない
  4. 総合格闘技の試合は、子供からお年寄りまで楽しめるものではない

1、2は再定義に則ったら、こうなった。

3については、総合格闘技はメジャー・スポーツではないし、中学・高校・大学に必ず部としてあるわけではないので、当然ながら競技人口が少ないのは明らかだ。

4についてだが、「総合格闘技の試合は、子供からお年寄りまで楽しめるものではない」ことが、最も天覧試合が組まれる可能性を阻む要因になるかと筆者は思っている。

現在の総合格闘技の試合は、四つん這いになった相手をサッカーボールを蹴るように蹴っ飛ばしても構わないし(=サッカーボール・キックの容認)、相手に馬乗りになって、殴りまくっても構わない(=マウント・パンチの容認)というもの。

したがって、かなり凄惨なシーンが現れることもあるので、子供には見せることができないし、心臓が弱いお年寄りならば、それこそショック死してしまいかねないのだ。

なので、バイオレンスに極めて近い現在の総合格闘技の試合は、天覧試合にふさわしくないと判断される可能性が断然高いと思われる。

将来、総合格闘技で天覧試合が組まれるためには

では、将来、総合格闘技で天覧試合が組まれるためにはどうしたら良いのか?

それは簡単だ。

「四つん這いになった相手へのサッカーボール・キックの禁止」、「マウント・パンチの禁止」など、バイオレンスな展開にならないよう、ルールを改正すればいいのだ。

このようなルールに改正すれば、チビっ子から年配の方まで、安心・安全に総合格闘技をすることができるようになるし、それがいずれ競技人口の裾野を広げることになり、それに伴って競技のヒエラルキーが大きくなり、メジャー・スポーツになるのだ。

子供から年配の方まで楽しめ、かつメジャー・スポーツになれば、天覧試合も組まれるようになるのは自然の流れだ。

天覧試合が組まれるために、総合格闘技が今後採るべき道は、バイオレンス性の排除、競技人口の拡大だ。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

【プロ野球】ソフトバンク延長サヨナラで決めた2年ぶり日本一!!【連載:アキラの着目】

■日本シリーズ第6戦 ソフトバンク 4X―3 DeNA(11月4日・福岡ヤフオクドーム)

ソフトバンクがDeNAにサヨナラで延長戦を制し、4勝2敗の対戦成績で2年ぶりの日本一に輝いた!

ソフトバンク2年ぶり日本一!

ソフトバンクは、第1戦から3連勝で王手をかけ、さすがパ・リーグの覇者だけあって、このまま4連勝とし、日本一になるかと思われたが、その後、セ・リーグ3位のDeNAに2連敗。

11月4日の第6戦も9回まで2-3と追う立場の試合展開だったが、その9回裏1死から内川がDeNAの守護神・山崎康から左翼席に起死回生の同点本塁打を放ち、追いついた。

9回から投入したサファテは、延長10回、11回と続投し、DeNAを無失点に抑え、それに味方が応えるかのように、延長11回裏、2死一、二塁の場面で、DeNAの7番手投手・三上から川島がライト前にサヨナラ安打を放ち、ソフトバンクが日本シリーズを制し、日本一となった。

ソフトバンク・工藤監督は男泣きをするも、うれしい涙。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099