災害時に役立つ!自衛隊式土嚢の作り方・積み方【連載:アキラの着目】

災害時に役立つ!自衛隊式土嚢の作り方・積み方【連載:アキラの着目】

2年前

近年、海面温度が上昇するエル・ニーニョ現象により異常気象がもたらされ、日本全国至る所でゲリラ豪雨、集中豪雨が発生するようになった。

その結果、短時間で1ヵ月分の降雨量を記録するような大雨が頻発し、河川の氾濫も多くなったのだ。

しかし、河川の堤防が決壊しても、その被害を最小限にとめる努力はできる。

自宅に水が流れ込まぬように、土嚢を積んだりすることだ。

ただし、土嚢をやみくもに積めばいいかというと、そんなことはない。

土嚢の積み方にもちゃんとセオリーやノウハウがあるのだ。

そういった土嚢の積み方のセオリーやノウハウを蓄積しているのが、災害対策も担当している自衛隊だ。

どのような土嚢の積み方をしているのか、まずは動画でご覧頂きたい。

■自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方①~作り方編~」

■自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方②~積み方編~」

土を6~7分目まで入れ、積み重ねやすい形になるように整形するのがポイントだ。

自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方①~作り方編~」から引用
自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方①~作り方編~」から引用

土嚢を台形型に整形すれば、積み重ねやすくなるし、積み重ねた後に隙間がなくなり、水の侵入を少なく抑えることができる。
自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方①~作り方編~」から引用

自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方①~作り方編~」から引用
自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方①~作り方編~」から引用

1つ1つの土嚢を整形せず、形がまちまちだと、積み重ねるのも面倒になり、おまけに土嚢と土嚢の間に隙間ができ、水が侵入しやすくなるので、何のために土嚢を積んだのか意味がわからなくなってしまう。

整形する手間や時間が多少かかっても、水の侵入をしっかり食い止めるためにも、こうした土嚢の整形や積み方は重要なのだ。
自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方②~積み方編~」から引用自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方②~積み方編~」から引用自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方②~積み方編~」から引用

自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方②~積み方編~」から引用
自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方②~積み方編~」から引用

出来上がった、綺麗に積み重ねられた土嚢を見ると、なんだか城郭の石垣、それも打込み接ぎ(うちこみはぎ)や切込み接ぎ(きりこみはぎ)のようだ。

城郭の石垣(打込み接ぎ[うちこみはぎ])
城郭の石垣(打込み接ぎ[うちこみはぎ])
城郭の石 切込み接ぎ(きりこみはぎ)
城郭の石 切込み接ぎ(きりこみはぎ)

やはり、整然としたものは機能を存分に発揮し、逆に言い換えれば、機能を果たすには見た目も綺麗に仕上げないといけないのだ。

ただ斬るだけの用途の刀でも、観賞に堪えられる美も追求してきたのが日本刀であるが、同じような意味が土嚢にも込められているように思えてならない。

昔から「機能美」、「様式美」を追求してきた日本文化をこの土嚢でも垣間見ることができよう。

今回取り上げた土嚢の積み方は、実際に使われない状況であるのが最も良いのだが、河川の氾濫等で止むに止まれぬ場合のためには、役立つこともあるかもしれないので、頭の片隅に入れておこう。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-7-29 4:56

跟贴 0

関東大震災から96年の大地震ブランク、己の身は己で守れ!【連載:アキラの着目】

関東大震災から96年の大地震ブランク、己の身は己で守れ!【連載:アキラの着目】

2年前

2011年の東日本大震災で東京を含めた関東地方は、東北地方ほどではないにせよ、かなりの打撃を被った。

しかし、東京周辺で起きたもっと甚大な打撃を被った大地震を遡ると、96年前の関東大震災が”直近”となっており、それ以降関東大震災クラスの大地震はない状況だ。

地震のメカニズムは、年々解明されてはきているものの、まだ未解明領域が多く存在し、そのため様々な学説が飛び交っている。

東京周辺は1980年代あるいは1990年代以降、地震の活動期に入ったとする説もあり、その説の通りだとしたら、2019年の現在はかなり大地震が起こる確率が高い時期に差し掛かっていると言わざるを得ない。

いくら高度の科学が発達した現代においても、自然現象を力技でねじ伏せることは不可能で、ましてや大地震ともなれば、我々人類の存在は砂粒同然だ。

そうなると、いつの日か来たる東京の大地震に備え、事前の準備を怠らないようにし、今できることを万全にするしかないのだ。

最も手っ取り早いのが、情報の入手だ。

現在自分の住んでいる場所は、地盤が硬いのか、それとも柔らかいのか、海や川に近いのであれば、津波が来るのか、来ないのか、川の流れが逆流するのか、しないのか、堤防が丈夫なのか、脆いのか、住宅密集地なら火災延焼のしやすいエリアなのか、等々はインターネットで検索すれば、容易に入手できる。

検索すれば役立つサイトは数多くあるとは思うが、FJ時事新聞ニッポンニュースがおすすめするのは「国土交通省ハザードマップポータルサイト」(https://disaportal.gsi.go.jp/)だ。

ここにアクセスすると、洪水、土砂災害、津波、道路防災情報、わがまちハザードマップ、等々、大地震などに役立つ情報が満載で、有益な市区町村等の外部リンクも明記され、飛ぶこともできる。
国土交通省ハザードマップポータルサイトから引用

このサイトで、今自分を取り囲む環境を知れば、あとはその対策を練ればいいだけの話だ。

海や川の近くに居住しているのであれば、海や川の近くから引っ越すのも十分な対策だろうし、引っ越しができないのならば、浮き輪やゴムボートを用意するのも手だ。

ハザードマップで真っ赤な火災延焼エリアの場所に居住しているのであれば、防火頭巾や防火服を用意すれば、仮に自宅が全焼しても生き伸びることはできる。

大地震も合戦の敵とみなせば、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」で、大地震の情報やシミュレーションを知ることで、自分を少しでも有利に、安全に導くことは可能なはず。

ぜひ、このサイトにアクセスして、「もし~ならば、●●●だろう」と反実仮想をして、自分なりの大地震対策を練ってみることをおすすめしたい。

■地震ハザードマップ|国土交通省 ハザードマップポータルサイト
https://disaportal.gsi.go.jp/hazardmap/bousaimap/index.html?code=1

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-2-17 4:56

跟贴 0

湖南多地遭洪水侵袭 何炅张艺兴胡可等发文祈福

湖南多地遭洪水侵袭 何炅张艺兴胡可等发文祈福

4年前

来源:网易娱乐

长沙暴雨

长沙洪灾

众明星祈福

网易娱乐7月3日报道 近日南方多地暴雨,湖南省受洪灾严重,娱乐圈中多位明星心系灾区,纷纷发博祈福。张艺兴称:“看到熟悉又陌生的家乡,看到受灾的乡亲,惦念、心疼,愿天佑湖南!”何炅、颖儿、胡可、谭晶、左小青等也发博:“长沙挺住!”为灾区祈福。

据悉,6月以来湖南暴雨不断,平均降水量较1998年还超54毫米。湘江水位已逾历史最高,长沙橘子洲也被洪水穿洲,全省多地受灾。对此,娱乐圈多位明星发声祈福,“长沙娃”张艺兴在微博上呼吁:“希望大家能积极响应志愿者服务,如果有可能,尽一份自己的力量 !天灾无情人有情,致敬前线抗洪救灾的战士们,咱们一起共度难关!”

同为湖南籍的演员颖儿也表示:“作为湖南人,从小就深知抗洪救灾的重要与不易,看到家乡遇到无情的天灾,心痛…无助…祈祷…我的家乡同胞平安!加油湖南!”

目前抗洪抢险工作正在紧张进行中。

FJ時事新聞
责任编辑:张圣_HS916

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2017-7-4 19:48

跟贴 0