MARTY FRIEDMANが演奏してた℃-ute『情熱エクスタシー』【連載:アキラの着目】

MARTY FRIEDMANが演奏してた℃-ute『情熱エクスタシー』【連載:アキラの着目】

1年前

『情熱エクスタシー』をギター演奏するMARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン) YouTubeから引用2017年に解散した伝説の女性アイドルグループ・℃-ute(ハロー!プロジェクト所属)。

パワフルでキレッキレのダンスがウリだった彼女達のパフォーマンスは、業界関係者、同業アイドルからの評価がかなり高かった。

しかし、彼女達のパフォーマンスだけが秀逸だったのではない。

℃-uteを支えるスタッフ達も凄腕揃いだったから、彼女達のパフォーマンスとの相乗効果で高品質のエンタメ・パフォーマンスを提供できていたのだ。

名曲だらけの℃-uteの楽曲の中でも、とりわけ『情熱エクスタシー』は、裏方に超大物ミュージシャンが絡んでいたことは業界内及びファンの間では有名だ。

℃-ute『情熱エクスタシー』 YouTubeから引用
℃-ute『情熱エクスタシー』
YouTubeから引用

その有名ミュージシャンとは、かつて「スラッシュメタル”BIG4”」の一角に君臨していたメタル・バンド『Megadeth(メガデス)』で活躍していたギタリスト・MARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン)だ。

一時期は、相川七瀬のバックバンドにギタリストとして参加していたこともあり、90年代半ばから習得し始めた日本語も、今ではご承知の通り通訳なしでコミュケーションできるほどに上達し、流暢だ。

そのマーティ・フリードマンが『情熱エクスタシー』のギター演奏を担当、その収録時のやり取りを収めた動画がYouTubeにアップされており、以下に掲載しておく。

■MARTY FRIEDMAN recording guitar solos

最後の歌詞「情熱エクスタシー!」の音程が上がっていき、ギター演奏となる部分は、ついアイドル曲であることを忘れてしまうくらい聴き入ってしまう。

『情熱エクスタシー』をギター演奏するMARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン) YouTubeから引用
『情熱エクスタシー』をギター演奏するMARTY FRIEDMAN(マーティ・フリードマン)
YouTubeから引用

数パターンの録り直し後にOKをもらい、マーティの任務終了となるまでを追った動画を観てから、実際の℃-uteが歌っている『情熱エクスタシー』を観ると、細部へのこだわりやクオリティへの追求は、まさに相乗効果を生んでいることを確認できよう。

で、℃-uteが歌っている『情熱エクスタシー』が↓。

■[4K] ℃-ute – 情熱エクスタシー (2016春)

℃-uteが存在していない現在、なぜアップフロント(℃-uteの管轄プロダクション)は℃-uteを解散させたのかという疑問と、なぜアップフロントはまたマーティに音楽案件を振らないのかという疑問が自然と湧いてきた。

期間限定でもいいから、また℃-uteとマーティが絡んで、高品質のエンタメ・パフォーマンスを提供してほしいものだ。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-12-31 4:56

跟贴 0

演歌とロックは相性バツグン!ロック調演歌【連載:アキラの着目】

演歌とロックは相性バツグン!ロック調演歌【連載:アキラの着目】

3年前

インターネットの出現、とりわけYouTubeが世に出てきたことで、世界中の事象を動画で観ることができるようになったのは周知の通り。

特に世界中の音楽が、動画で世界中に拡散できるようになったことの効果は計り知れない。

その効果もあり、この数年で日本の演歌は世界中を席巻し始めている。

それに一役買っているのが、意外にもジャンル違いのロックの人たちだったりするから、わからないものだ。

以前、このニッポンニュースで取り上げたマーティ・フリードマンさん(ニッポンニュース「アイドルソングでも演歌でもお手の物! ~マーティ・フリードマン~【連載:アキラの着目】」)や、アルフィーのギタリスト・高見沢俊彦さんが演歌をロック調に変換し、演奏しており、人気を博している。

石川さゆりさんと「ROCK天城越え」をコラボするマーティ・フリードマンさん
石川さゆりさんと「ROCK天城越え」をコラボするマーティ・フリードマンさん

筆者も含めた日本人は、演歌は演歌として聴くもの、という固定観念があったから、演歌をロック調にするという発想自体が存在せず、これまで誰もそれを実践してこなかっただけに、初めてロック調演歌を聴いた時は新鮮で、斬新に感じたものだ。

以下の動画は、そのマーティ・フリードマンさんと高見沢俊彦さんのロック調演歌だ。

■Marty Friedman with Aki Yashiro

■Takamiy(高見沢俊彦) – 夜桜お七 [Short Version](0’54″から歌い始め)

■Rock天城越え with マーティーフリードマン

筆者のような演歌が苦手という人でも、ロック調なら聴けるはずなので、ぜひこの2人に注目しながら、ロック調演歌を聴いてみよう。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-5-6 4:26

跟贴 0