厳選、モーニング娘。(早安少女组。)楽曲ベスト5 ~Part2~【連載:アキラの着目】

厳選、モーニング娘。(早安少女组。)楽曲ベスト5 ~Part2~【連載:アキラの着目】

3年前

以前の、2018年2月2日付けニッポンニュースで、筆者の独断によるモーニング娘。(早安少女组。)楽曲ベスト5を発信したが、そのPart2だ。

一応あらかじめ言っておくが、ロック調の曲や、ノリノリな曲が好きな筆者からみて、特にモーニング娘。「プラチナ期」の楽曲を贔屓にしてしまう傾向が強いので、予めご了承を。

では、モーニング娘。(早安少女组。)楽曲ベスト5 ~Part2~を発表!

1.リゾナントブルー

モーニング娘。(プラチナ期)が「スゲー!」と評価されるのは、この「リゾナントブルー」があってこそと言っても過言ではないくらいだ。

アイドルなのにアイドルというよりも、むしろアーティストと言っても遜色ない完成度で、クラブでかけても良い楽曲だ。

通常のアイドルグループは、ダンスを踊らされてるという感じが目につくのだが、このモーニング娘。(プラチナ期)メンバーは、もうダンスが板についてます、というナチュラルさも感じられる。

モーニング娘。(プラチナ期)『リゾナントブルー』

2.ペッパー警部

元々は、往年のアイドルデュオ、ピンク・レディーのヒット曲。

大抵のリバイバル曲は、元歌に比べアレンジし過ぎていたり、パンチ不足だったり等々で、やっぱり元歌が良いね、というパターンだが、この「ペッパー警部」に関しては、筆者が思うにピンク・レディーよりもモーニング娘。(プラチナ期)の方が断然好みだ!

間奏で、当時のリーダー・高橋愛ちゃんの、星飛雄馬ばりのキレキレな足上げダンスが必見で、とにかくここまで完璧にダンスをこなすアイドルはいない。

3.この地球の平和を本気で願ってるんだよ!

世界平和を謳う歌でありながら、どこかダンスがコミカルでリズミカルなのが、妙にハマってしまう。

9期メンバーが加入して間もないこともあり、どうしてもパフォーマンスを見ていると、知らず知らずのうちにベテラン(!?)の5期、6期メンバーに目が行ってしまうのは仕方がないところだが、そこを割り引いても、比較的速くないメロディ・ラインが耳に馴染みやすく、なかなか良い楽曲だ。

4.恋愛ハンター

この辺りから現在のモーニング娘。’18では当たり前となっている「フォーメーション・ダンス」が出始めてきている。

3’33″周辺以降の、間奏におけるロボット的なモーションのダンスが、徐々に畳み掛けてくるメロディと共に、一気にスパークするのが圧巻だ。

5.パープルウィンドウ

リフレインする、覚えやすいメロディが、心地よい。

これまた普通にどこかのアーティストが歌っていても良いような楽曲なのだが、それをダンスと艶やかさをさらにプラスした形で、パフォーマンスしているところが、お得感になっているような気がする。

以上、筆者の独断で選んだモーニング娘。(早安少女组。)楽曲ベスト5 ~Part2~だが、楽しんで頂けたであろうか?

基本的には、「アイドルでもかなり良い曲を歌っているんだね!」、「アイドルというよりはアーティストの曲っぽいね!」と言ってもらえるような楽曲を前回も今回も選んだつもりだ。

異論や感想等があったら、FJ時事新聞編集部ニッポンニュース担当まで。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-3-11 4:45

跟贴 0

厳選、モーニング娘。(早安少女组。)楽曲ベスト5【連載:アキラの着目】

厳選、モーニング娘。(早安少女组。)楽曲ベスト5【連載:アキラの着目】

3年前

今回は、これまでのモーニング娘。(早安少女组。)の楽曲の中から、名曲と思われる楽曲を厳選してみた。

決してハズレは存在しないので、聴いてほしい。

1.大きい瞳

歴代モーニング娘。の中で”最強”の呼び声が高い6期の道重さゆみ、田中れいな、亀井絵里が歌うこの『大きい瞳』が1位。

「通用口へと真っ直ぐ向かった」の後に来る小刻みなリズムがたまらない。

2.SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~

ノリノリなエレキギターのサウンドと、ややコミカルな「上、上」が印象的な名曲。

3.Give me 愛

ピアノの調べと、情熱的な歌唱力の高橋愛ちゃんの、これ以上ないという組み合わせで実現した素晴らしい曲。

「もっと先だって思ってた」の歌詞は、「た」で大きく伸ばすので、宝塚歌劇団のレビューのようだ。

4.悲しみトワイライト

世の中や体制等への主張があるかないかはここでは問わないとして、単純に曲調だけを捉えると、完全にロックだ。

2’49″からの間奏のエレキギターは絶品で、聴き惚れてしまう。

5.女が目立ってなぜイケナイ

「女が目立ってなぜイケナイ」というサビ部分のメロディが、ありきたりな言葉だがカッコイイの一言に尽きる。

バイオリンを使った間奏は、しなやかなメロディで心地よい。

モーニング娘。『女が目立ってなぜイケナイ』

5曲に絞るのは、正直なところ無理があるから、またの機会に続編を書きたいと思う。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-2-2 4:45

跟贴 0

祝、モーニング娘。20周年!(祝,早安少女組。20週年!)【連載:アキラの着目】

祝、モーニング娘。20周年!(祝,早安少女組。20週年!)【連載:アキラの着目】

3年前

2017年9月23日22:20から放送されたNHK総合テレビの音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』では、「モーニング娘。20周年特集つんく♂語っちゃいましたSP」と題した記念回が放送された。

NHK総合テレビ音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』「モーニング娘。20周年特集つんく語っちゃいましたSP」

今年でちょうど20週年を迎えたモーニング娘。

AKB48やももいろクローバーZ、地下アイドルも含め、数々のアイドルグループがしのぎを削る「アイドル戦国時代」の現在、その先駆けとなり、ブームを起こしたのがまさにモーニング娘。なのだ。

同番組には、初代モーニング娘。リーダー・中澤裕子さん、第3代リーダー・矢口真里さん、第6代リーダー・高橋愛さん、第8代リーダー・道重さゆみさんを迎え、クイズ形式でエピソードを紹介したり、往年のヒット曲メドレーを現メン(現在のメンバー)が披露したりといった内容。

NHK総合テレビ音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』「モーニング娘。20周年特集つんく語っちゃいましたSP」出演の中澤裕子さん、矢口真里さん、高橋愛さん、道重さゆみさん

パネラーには、モーニング娘。をこよなく愛する芸能人が名を連ねる中、気鋭のシンガー大森靖子さん(右から2人目)も参加。

NHK総合テレビ音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』「モーニング娘。20周年特集つんく語っちゃいましたSP」

番組途中で道重さゆみさんからモーニング娘。卒業コンサートでの最後の挨拶「変な人たちサンキュー」をパロった「変な大森さんサンキュー」と声をかけられ、思わず感激のあまり泣き出してしまうといった微笑ましいシーンもあった。

NHK総合テレビ音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』「モーニング娘。20周年特集つんく語っちゃいましたSP」出演の道重さゆみさんと大森靖子さん

モーニング娘。の楽曲の作詞・作曲を担当しているプロデューサーのつんく♂氏は、モーニング娘。のメンバー1人1人に合った「あて書き」で作詞・作曲をしていたエピソードを披露。

NHK総合テレビ音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』「モーニング娘。20周年特集つんく語っちゃいましたSP」出演のつんく♂さん

確かに、このメンバーのために作ったなという曲も存在しているのは事実だ。

番組の最後は、現メン・モーニング娘。’17による最新曲「邪魔しないで Here We Go!」が歌われ、締めくくられた。

NHK総合テレビ音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』「モーニング娘。20周年特集つんく語っちゃいましたSP」に出演し、新曲「邪魔しないで Here We Go!」を歌うモーニング娘。'17

■モーニング娘。結成20周年記念サイト ディスコグラフィー
http://www.helloproject.com/morningmusume/20th/list.php

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-9-24 11:09

跟贴 0