高校生とのコラボ飲料、冬でも人気沸騰中!【連載:アキラの着目】

高校生とのコラボ飲料、冬でも人気沸騰中!【連載:アキラの着目】

3年前

夏にSANGARIAから発売された『Winspa(ウィンスパークリング)』。

切れの良い柑橘飲料として、冬の現在でも人気沸騰中だ。

SANGARIAから発売中のWinspa(ウィンスパークリング)

この『Winspa(ウィンスパークリング)』、製品本体のあちらこちらにキャッチが書かれているのだが、特に注目すべきキャッチは「高校生が本気で作った!!」というもの。

このみかんフレーバーの微炭酸ドリンクの開発に参加してくれたのは、大阪市立鶴見商業高校の生徒さんたちなのだ。

「高校生が本気で作った!!」というキャッチが踊っていれば、若い柔軟な脳みその高校生たちが開発に参加した柑橘飲料だから、従来の柑橘飲料とは一線を画した新しい味なのではないか、と思うのは当然のこと。

また、甘夏果汁がベースでさらに「赤穂の天塩」を使用するという、素材を厳選している点も、この高校生たちの本気度を加速させている。

「Winspa(ウィンスパークリング)は、見つけたら即買いだよ!」というのは決して間違っていない選択だ。

ぜひ見つけ次第、買って飲んでみよう!

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-12-8 4:52

跟贴 0