アベノミクスの実体とは?【連載:アキラの着目】

アベノミクスの実体とは?【連載:アキラの着目】

3年前

ここ4、5年の間、ニュースやワイドショーでやたらと耳にする「アベノミクス」(以下文中では「」を取ってアベノミクス)。

アベノミクスによって景気が上向いているとか、アベノミクスによって輸出産業が云々、といったことがいわれているが、実際のところアベノミクスとはどのようなものなのか、アベノミクスの実体について取り上げてみる。

アベノミクスの実体は株価上昇策

アベノミクスには「三本の矢」とよばれる政策があるとか、「第四の矢」とよばれる政策もあるだのといわれているが、アベノミクスの実体は一言でいうと、株価上昇策だ。

株式

その株価上昇策とは、我々国民から集めた公的年金積立金を使って、年金積立金管理運用独立行政法人(=GPIF。以下文中表記はGPIF)や日銀が株・国債を購入して、株価を吊り上げる手法だ。

具体的には、GPIFや日銀が、500兆円といわれている株式市場に、公的年金積立金の総額130兆円のうちの25%を株式投資するもので、こんな強引な力業をすれば、誰がどう考えても株価が上昇するに決まっている。

そもそもなぜ株価を吊り上げるのか

そもそもなぜ株価を吊り上げるのかというと、「株価が上昇してるから、世の中の景気が良くなってきているよ!」という演出をするためだ。

だから、一部の投資家や企業だけが株価上昇による恩恵を享受し、一般の我々国民は景気の良さを実感できないのだ。

国家ぐるみの”博打”は必要ない

GPIFや日銀が、我々国民が積み立てた年金用の金を使って、株・国債を購入し、黒字運用をしているのならまだ許せるかもしれないが、2015年度の公的年金積立金運用損益が5兆3,098億円の赤字を計上する有様で、昨年2016年は7兆9363億円の黒字だったものの、こんな勝ったの、負けたのといった”博打”を、国家ぐるみでやる必要があるのかと。

こうした冒険的な資金運用は、さっさとやめるべきなのではないか、といった意見が出るのも無理はない話だ。

公的年金積立金運用損益で将来の年金支給額に影響あり!?

我々国民が積み立てた年金用の金は、GPIFと日銀による”博打”に使われていることから、今後もし年金用の金を損失し続けると、将来的には我々国民への年金支給額にも影響が出るだろうといわれている。

実際にその件について昨年2016年2月の衆院予算委員会で、安倍総理自身が「(公的年金積立金運用における株式投資で)想定の利益が出ないなら、当然(年金の)支払いに影響する。給付に耐える状況にない場合は、給付で調整するしかない」と語り、公的年金積立金の株式運用の状況次第によっては、将来の年金支給額が減額されることを示唆した。

「国民のみんなから集めた公的年金積立金は、株で擦っちゃったから、さらに増税するぞ!」という状況に今後ならないことを祈りたい。

以上、アベノミクスの実体を述べたが、我々から集めた公的年金積立金を使うものだったことが理解されたことかと思う。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-10-28 4:49

跟贴 0

日媒揭发日养老基金投资军工企业:靠战争“增收”有违伦理

日媒揭发日养老基金投资军工企业:靠战争“增收”有违伦理

3年前

来源:参考消息网

根据日本媒体调查,养老基金日本年金积立金管理运用独立行政法人(GPIF)拥有全球排名前十位的军工企业或者拥有军工部门的综合企业的股票。也就是说,日本国民缴纳的一部分国民年金和厚生年金,正支持着靠制造和销售武器获益的企业。

据日本《东京新闻》9月17日报道,在瑞典斯德哥尔摩国际和平研究所公布的军工部门销售额全球百强企业当中,前十名都是欧美企业,其中美国企业就有7家。而截至3月底,GPIF拥有前十名所有企业的股票。在全球百强当中,GPIF拥有34家企业的股票,其中包括国内的三菱重工、三菱电机和川崎重工这三家企业。

GPIF所拥有的这十家企业的股票市值为4651亿日元(100日元约合5.95元人民币),拥有的34个企业股票的市值总额共计13374亿日元。名单中排在第一名的洛克希德-马丁公司是导弹防御体系和F-35战斗机的制造商。排在第二位的波音公司开发了垂直起降运输机等。

放眼国外,像瑞典和挪威等国家,明文规定养老基金不得投资制造生产非人道武器的企业、破坏环境的企业以及有人权侵害嫌疑的企业。但在日本,还没有法律明确规定养老公积金不得投资某些特定业种,因此GPIF会以获益为第一标准,根据股指来选择投资哪些企业。

专门调查金融机构投资活动的非营利组织法人“环境·可持续社会”研究中心理事田边有辉说,在已知的GPIF拥有股份的这些企业当中,包含生产核武器和非人道武器的企业。日本需要立法来阻止GPIF拥有这些企业的股票。

报道称,公共年金是支撑老年人生活的社会保障制度的中流砥柱。通过运用养老公积金获益的重要性毋庸置疑。但获益却不该成为唯一标准。军工类企业或者是拥有军工部门的企业为了获益甚至不惜激化纷争,抬高股价。股价上升,GPIF获益就增加,看似让国民生活更有保障。但实际上,他们在把国民蒙在鼓里的情况下,把国民的养老公积金用作“援助军事”的用途,这在伦理上无论如何都是不能允许的。

 

FJ時事新聞
责任编辑:张怡_HS225

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2017-9-27 4:04

跟贴 0