甘党には堪らない、”甘さの上ぬり”羊羹ぱん【連載:アキラの着目】

甘党には堪らない、”甘さの上ぬり”羊羹ぱん【連載:アキラの着目】

11か月前

高知県西部に位置する幡多地域。

この幡多地域の住民には甘党が多い。

なぜ幡多地域、とりわけ宿毛市は甘党嗜好なのかというと、昔から船による対岸・九州との交流が盛んだったからだ。

海外貿易や地元での砂糖生産が盛んな九州は、醤油にまで砂糖が入るほどの甘党文化の地。

その九州から幡多地域に砂糖が入り、甘党文化が伝播、羊羹をはじめとした甘い和菓子が数多く作られるようになった。

その結果、幡多地域には独自の文化が形成され、海向こうの大分県や近隣の愛媛県に似た味の嗜好になったと考えられている。

なので、ただでさえ甘いあんぱんに茶色い羊羹をコーティングした”甘さの上ぬり”ともいえる、甘党には堪らない羊羹ぱんなるものがこの地に存在するのだ。

羊羹ぱん 有限会社 菱田ベーカリーHPから引用
羊羹ぱん
有限会社 菱田ベーカリーHPから引用

羊羹ぱんは、昭和40年代頃から幡多地域で食べられるようになったのだが、その時期や由来の詳細は定かではない。

伝聞によれば、昔、焼きすぎて表面が焦げたパンをごまかすために茶色い羊羹をパンの表面に塗って売り出したのが始まりとのこと。

その場しのぎの職人アイデアが、高知県の名物パンへと変貌を遂げたのだから、何がどう転ぶのかわかならいものだ。

かつては高知市内でも作られ、農繁期のおやつなどとして食べられていた羊羹ぱんだが、現在では高知県内でも西部地域にしか残っておらず、宿毛市の菱田ベーカリーが製造・販売している。

羊羹ぱん 有限会社 菱田ベーカリーHPから引用
羊羹ぱん
有限会社 菱田ベーカリーHPから引用

この高知県西部の幡多地域に生まれ根付いた独特の文化や、昔懐かしい商品を今後も引き続き届けられるように、菱田ベーカリーは製造・販売、そして発信もしてゆくとのことだ。

【有限会社菱田ベーカリー】

・所在地:本店 高知県宿毛市和田340番地1
・TEL.:0880-62-0278
・FAX:0880-63-0005
・MAIL:info@hishidapan.co.jp

■菱田ベーカリーオンラインショップ
https://hishidapan.co.jp/ec/html/

■有限会社 菱田ベーカリー
https://hishidapan.co.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-4-13 4:56

跟贴 0

日本限定的超梦幻星空羊羹,5步在家轻松复刻

日本限定的超梦幻星空羊羹,5步在家轻松复刻

3年前


日本限定的超梦幻星空羊羹,5步在家轻松复刻

FJ時事新聞
责任编辑:张圣_HS916

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2018-8-21 5:08

跟贴 0

鱼肠剑谱:玉里两则百年故事(鱼夫)

鱼肠剑谱:玉里两则百年故事(鱼夫)

3年前

来源:苹果日报

花莲玉里是个好地方,古称「璞石阁」,有许多观光旅游的亮点,但有两件百年老故事值得咱们来「白头宫女话天宝,古董山人说晚明」一番。
其一为1917年设站的玉里驿。那是日本时代的木构造建筑,二层高,系和洋混搭式的风格:屋顶为日本传统薰瓦,系入母屋造(歇山式);中央入口独立出阁楼来,屋檐下有一长饰带,从旧照看疑似为「真壁造」,即在其上抹好水泥,待未干快干之际,以稻草杆集成束状,拍打出凸起的许多颗粒,使表面呈现粗犷豪迈之感;基造高二层,有防止潮湿与防蚁的功能,站体在1934年(昭和9年)规模再度扩建,气势相当傲人。
玉里驿的后方本来还有座木造的机关库。日治时期台东线各式蒸气火车都要在这里加水、添煤、整备和休息等等,且因为从花莲港到玉里间的路线强度、桥梁荷重和玉里以南的轻便铁道不同,火车头得在这里更换,战时盟军轰炸台湾,为了保护火车头,还特地另辟疏开铁路来保护资产。老故事揭开东部运输的一页沧桑史,是火车迷们不可错过的站驿!

羊羹竟成东洋点心
再有一物为羊羹。台湾之有羊羹始自玉里。1905年日人洼田德次郎在花莲玉里开了一家「胜山堂」时引进羊羹。我从文化部的国家文化资料库里找到重要的写真帖(1928),其中在玉里驿前,总督坐在人力三轮车上举手敬礼向站在路旁列队迎接的民众示意,当时民众所站的位置后排房屋即有一「玉里羊羹」商家的招牌。
洼田后来收了位台湾人徒弟林居龙,从此羊羹便在台湾传承下来了,如今我只消到玉里,便会去曾出国比赛得冠军的「广胜堂」买些回来当伴手礼,口味还很多,诸如:乌龙茶、凤梨、苹果、黑砂糖、绿茶、蜂蜜等。
有趣的是,中国到日本留学的周作人也爱食羊羹,他还考证羊羹一番,说出:「羊羹原制出唐浮屠,传入日本之后,成为日本的特产,在中国反而失传,由日本再传入中国,反成为『东洋点心』了。」

FJ時事新聞
责任编辑:黄达_HS104

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2018-7-31 4:06

跟贴 0