「筒美京平の世界 in コンサート」、4月17日(土)&18日(日)両日開催!【連載:アキラの着目】

「筒美京平の世界 in コンサート」、4月17日(土)&18日(日)両日開催!【連載:アキラの着目】

3週間前

昨年10月に他界された昭和歌謡のヒットメーカー・筒美京平さん。

このFJ時事新聞・ニッポンニュースでもその件について取り上げた(2020年10月13日ニッポンニュース「昭和歌謡のヒットメーカー・筒美京平氏死去【連載:アキラの着目】」)。

偉大な筒美京平さんを偲び、29組の豪華出演者と日本を代表するミュージシャンによる最初(!?)で最後(!?)の全曲・筒美京平作品でお贈りする奇蹟のコンサートが開催されることに!

筒美京平の世界 in コンサート|2021年4月17日(土)18日(日)東京国際フォーラム ホールA ~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~  公式サイトから引用
筒美京平の世界 in コンサート|2021年4月17日(土)18日(日)東京国際フォーラム ホールA ~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~ 公式サイトから引用

「筒美京平の世界 in コンサート」と題されたそのコンサートは4月17日(土)と翌18日(日)の両日に開催され、出演者は以下の通り。

「筒美京平の世界 in コンサート」出演者(29組・50音順)

麻丘めぐみ、浅田美代子、伊東ゆかり、稲垣潤一(4/17のみ)、岩崎宏美(4/18のみ)、太田裕美、大友康平、大橋純子、郷ひろみ、斉藤由貴、ジュディ・オング、庄野真代、C-C-B、中村雅俊、夏木マリ、乃木坂46(伊藤純奈 & 樋口日奈)(4/18のみ)、野口五郎、NOKKO、野宮真貴、早見優、平山三紀、藤井隆、ブレッド&バター、松崎しげる、松本伊代、武藤彩未、森口博子、Little Black Dress、ROLLY

次にご紹介するのは、コンサート当日に演奏&歌唱される筒美作品で、以下の通り。

「筒美京平の世界 in コンサート」演奏&歌唱される筒美作品

青い地平線、赤い風船、あなたを・もっと・知りたくてNEW、甘い生活、雨がやんだらNEW、AMBITIOUS JAPAN!、さらば恋人NEW、時代遅れの恋人たち、17才(4/17)NEW、セクシー・バス・ストップ、セクシャルバイオレットNo.1、センチメンタル・ジャーニー、卒業NEW、抱きしめてTONIGHT、たそがれマイ・ラブ、東京ららばい、ドラマティック・レイン(4/17)、飛んでイスタンブール、夏色のナンシー、なんてったってアイドル(4/18)NEW/ にがい涙、人魚、ブルー・ライト・ヨコハマ、また逢う日まで、真夏の出来事、魅せられて、芽ばえ、木綿のハンカチーフ、よろしく哀愁、リップスティック、ロマンス(4/18)、Romanticが止まらない、WAKU WAKUさせてNEW、Oneway Generation
※都合により曲目が変更になる場合あり

■ドラマティック・レイン

なお、コンサート開催中は「筒美京平の世界 in コンサート」限定Tシャツも販売される。

「筒美京平の世界 in コンサート」限定Tシャツ 筒美京平の世界 in コンサート|2021年4月17日(土)18日(日)東京国際フォーラム ホールA ~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~ 公式サイトから引用
「筒美京平の世界 in コンサート」限定Tシャツ
筒美京平の世界 in コンサート|2021年4月17日(土)18日(日)東京国際フォーラム ホールA ~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~ 公式サイトから引用

若い世代の人たちには、あまり馴染みがないかもしれないが、でも最低でも1度は耳にした曲ばかりかと思う。

曲を聴けば、ああ、この曲かと。

かつてのアイドルだけでなく、現在進行形で活躍しているアイドルたちも出演するので、若い世代の人たちはこの機会に筒美京平作品にしっかりと触れてみてはいかがだろうか。

【筒美京平の世界 in コンサート 詳細】

・開催日/開場/開演:2021年4月17日(土)開場16:00/開演17:00
          2021年4月18日(日)開場16:00/開演17:00
・会場:東京国際フォーラム ホールA
東京都千代田区丸の内3-5-1
・問合せ:050-5533-0888(平日12:00~15:00)
     http://diskgarage.com/
・主催:DISK GARAGE、PROMAX、TBSテレビ、朝日新聞社、BS朝日、TBSラジオ
・後援:TOKYO FM、FMヨコハマ
・特別協力:日音、筒美音楽事務所
・協力:ソニー・ミュージックレーベルズ、ソニー・ミュージックダイレクト、日本コロムビア、ビクターエンタテインメント、ユニバーサル ミュージック
・企画製作/制作運営:DISK GARAGE、PROMAX
・券種/料金:全席指定:¥15,000(税込)※未就学児入場不可
・一般発売:2021年4月3日(土)10:00~

■筒美京平の世界 in コンサート|2021年4月17日(土)18日(日)東京国際フォーラム ホールA ~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~
https://kyohei-tsutsumi-live.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-3-31 4:56

跟贴 0

昭和歌謡のヒットメーカー・筒美京平氏死去【連載:アキラの着目】

昭和歌謡のヒットメーカー・筒美京平氏死去【連載:アキラの着目】

6か月前

河合奈保子1968年~1989年までの22年間で作曲家年間売上TOP10にランクインしたりなど、第一線で名曲を作り続けた昭和歌謡のヒットメーカー・筒美京平(本名:渡邊榮吉)さんが10月7日、誤嚥性肺炎のため死去した、80歳。

筒美京平さんの生み出した名曲は数知れず、誰もが知るものばかり。

こういうと失礼な言い方になってしまうが、ご年齢の割には若者受けする曲が多く、近藤真彦さんの「スニーカーぶる~す」や少年隊の「仮面舞踏会」、河合奈保子さんの「エスカレーション」、小泉今日子さんの「ヤマトナデシコ七変化」などは、てっきりロッカー崩れの兄ちゃんが作曲しているものだとガキ時分の筆者は勝手に思っていたくらいだ。

そんなギュンギュン唸る曲ばかりかと思いきや、国民的アニメ番組「サザエさん」の主題歌も筒美京平さんが作曲していたのだから、振り幅が広過ぎる。

筒美京平さん作曲作品の総売り上げ枚数は7,500万枚以上、日本の作曲家としては文句なく歴代1位に君臨。

オリコンが集計を開始した1968年から約半世紀に渡り毎年ヒットチャートに名曲を送り込んだその才能は誰もマネできない。

以下、筒美京平さんの簡単なディスコグラフィとして名曲の数々を動画で見てもらいたい。

■ジュディ・オング – 魅せられて Live 1979年

■近藤真彦 スニーカーぶる~す 1980

■近藤真彦 / ブルージーンズ・メモリー

■少年隊 仮面舞踏会

■河合奈保子 エスカレーション

■小泉今日子 ヤマトナデシコ七変化 【1984】

いかがだろうか、令和の今に聴いても全然色褪せない曲ばかりだ。

筒美京平さんのご冥福をお祈り致します。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-10-13 4:56

跟贴 0