桜を見逃した人は「さくら開花予想2021」を見て北上せよ【連載:アキラの着目】

桜を見逃した人は「さくら開花予想2021」を見て北上せよ【連載:アキラの着目】

3週間前

東京ではピンクの花びらよりも葉の緑が強調され出した桜の木。

もう桜はピークを過ぎ、今年も新型コロナウイルスの影響で満足な花見ができなかった人も多いはず。

東京及び関東では桜のピークが過ぎてしまったが、縦に長い日本列島、まだ桜の開花すらしていない地域があり、これから桜を楽しめる。

それをナビしてくれるサイトが「さくら開花予想2021」だ。

さくら開花予想2021
さくら開花予想2021

トップページに掲載されている「ウェザーマップ予想 さくら開花前線」によれば、岩手県北部や青森県は4月10日~4月15日頃の開花で、4月20日までに北海道函館、札幌・旭川は4月25日頃、帯広は4月30日頃、名寄・白糠・網走より以北及び以東は5月5日頃の開花と予想されている。

なので、「あ~あ、満開の桜を見逃した」という人は、「さくら開花予想2021」を見ながらとにかく日本列島を北上することだ。

道北(=北海道北部)と関東とでは、桜の開花時期に約1ヵ月以上の開きがあるのを逆手に取って、5月でも花見をするのも良いだろう。

ただし、やはり新型コロナウイルスの感染には最大の注意を払う必要があるのは言うまでもない。

■さくら開花予想2021
https://sakura.weathermap.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-4-1 4:56

跟贴 0