さんふらわあ さっぽろ(三井商船フェリー 苫小牧港→大洗港)のデッキより【連載:アキラの着目】

さんふらわあ さっぽろ(三井商船フェリー 苫小牧港→大洗港)のデッキより【連載:アキラの着目】

3年前

今いるのは、苫小牧港→大洗港のフェリー「さんふらわあ さっぽろ」のデッキ。

黒潮に逆らうように南下する「さんふらわあ さっぽろ」は、到着地の大洗港まで3時間を切った。

まずは太平洋側の海上を見渡す。

海面に反射する陽が眩しい。

さらに歩みを進め、船尾の煙突に向かう。

オレンジ色をしたこの巨大な煙突は、まるで花魁の履く下駄のようだ。

すかさず今度は陸地へと目を配る。

微かに視える対岸は、世界を震撼させたフクシマ県。

後方の波しぶきを見つめながら、今日も1日が始まる。


花魁
花魁

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-10-6 18:00

跟贴 0