ブームは4年前も、やはり欲しい真田家の六文銭ペットボトルカバー【連載:アキラの着目】

ブームは4年前も、やはり欲しい真田家の六文銭ペットボトルカバー【連載:アキラの着目】

7 個月前

一昨日のNHK大河ドラマの時間帯は、本来ならば『麒麟がくる』が放送されるはずだった。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、すでに撮り溜めしていた映像がなくなり、放送する分がなくなってしまったため、過去の大河ドラマの良いとこ採り番組となったのだ。

過去のNHK大河ドラマの中には、数多くの名作があるが、比較的直近でいうと、真田信繁が主人公の『真田丸』(2016年)が良かった。

というのも、このニッポンニュースでも過去に何度も言及しているが、天下の徳川を最も苦しめた大名が真田家だからだ。

だからこそ4年前、『真田丸』は大ブームだったのだ。

その真田家の特徴として取り沙汰されるのが「赤備え」。

あえて戦場で目立つ赤色の兜や甲冑を着用することで、己を逃げられない状況に持っていったのだ。

前置きが長くなった。

そんな「赤備え」を踏襲し、現代グッズに応用している物も幾つかあるが、今回のニッポンニュースで取り上げるのが「赤備え」の「六文銭ペットボトルカバー」だ。

六文銭ペットボトルカバー Web shop ゆたかや(真田幸村グッズ取扱店)から引用
六文銭ペットボトルカバー
Web shop ゆたかや(真田幸村グッズ取扱店)から引用

言わずと知れた六文銭は真田家の家紋。

「三途の川」の渡し賃が「六文」であることから、死を恐れず果敢に敵を攻め込む覚悟を表した家紋といわれている。

その真田ブランドの六文銭を金色で配したペットボトルカバーは常に高級感が漂い、中にペットボトル飲料を入れているとは思えぬ存在感だ。

六文銭ペットボトルカバー Web shop ゆたかや(真田幸村グッズ取扱店)から引用
六文銭ペットボトルカバー
Web shop ゆたかや(真田幸村グッズ取扱店)から引用

持ち手の付いた構造だから持ち運びしやすいし、保冷・保温・伸縮性に優れ、衝撃を吸収するクッション性もある。

ウエットスーツ等に使用される特殊ゴムを素材として使用しているので吸水速乾力があり、結露や水滴がつきにくく、カバンへの収納にも重宝する(防水加工ではない)。

この「六文銭ペットボトルカバー」を使えば自慢したくなるから、ペットボトルを取り出す回数が確実に増えることだろう。

こまめにペットボトルを取り出したい(!?)人は、「六文銭ペットボトルカバー」を購入すべし。

【六文銭ペットボトルカバー 詳細】

・サイズ:直径 約7.5cm、高さ 約25㎝(持ち手含む) 約19㎝(持ち手含まぬ)
・重量:約50g
・素材:表地・裏地 ポリエステル、中地 スチレン・ブタジエンゴム
・販売価格:\770(税込)

■六文銭ペットボトルカバー – Web shop ゆたかや(真田幸村グッズ取扱店)
https://www.nagano-mall.jp/hope/search/23/126/520/item.html

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-6-16 4:56

跟贴 0