本場・天城のわさび農家が作った「生わさびモナカ ニキロジュウハッポン」【連載:アキラの着目】

本場・天城のわさび農家が作った「生わさびモナカ ニキロジュウハッポン」【連載:アキラの着目】

9 個月前

日本原産の薬味・調味料のわさび。

静岡県伊豆の天城がわさびの本場として有名だ。

その天城のわさび農家が、普通にわさびを栽培するのに飽き足らず、なんと生わさびを使ったスイーツを作ってしまった。

それが「生わさびモナカ ニキロジュウハッポン」だ。

ニキロジュウハッポン - すりたて伊豆生わさびモナカ公式HPから引用
ニキロジュウハッポン – すりたて伊豆生わさびモナカ公式HPから引用

なんか風変わりな名前のスイーツだが、なぜ「ニキロジュウハッポン」という名称なのか。

市場で一番高値が付くわさびは、わさびの出荷単位である1箱に2キロ・18本入る大きさのわさびであり、この最高峰のわさびをモナカで表現したかったから「ニキロジュウハッポン」と命名したのだ。

ゆえに、「生わさびモナカ ニキロジュウハッポン」は本物わさびの原寸大で作られている。

肝心の「生わさびモナカ ニキロジュウハッポン」の中身だが、その日の朝に擦りたてた本生わさびを、絶妙な塩梅でマスカルポーネチーズと合わせ、ふっくらと炊きあげた十勝産のあんこをたっぷり詰めたモナカだ。

ニキロジュウハッポン - すりたて伊豆生わさびモナカ公式HPから引用
ニキロジュウハッポン – すりたて伊豆生わさびモナカ公式HPから引用

日本で5本の指に入るほどの降雨量と、豊富な湧水の地である天城で栽培された最高峰のわさび。

大きく固く、擦ると辛さの中に程よい甘みを感じるのが特徴である、その天城産わさびを相性の良いマスカルポーネチーズに合わせた。

餡は、メインターゲットの若年層から幅広い世代にも受け入れられるよう、十勝産小豆を甘さ控えめに。

これらの原材料は、わさびの利点欠点を知り尽くしたわさび農家だからこそセレクトできたのだ。

新型コロナウイルス収束後は、わさびの一大産地・伊豆の天城で、わさびのスイーツを食べてみるのもいいだろう。

【生わさびモナカ ニキロジュウハッポン】

・価格:680円(税込)
・本体総重量:130g

■ニキロジュウハッポン – すりたて伊豆生わさびモナカ
http://wasabimonaka.com/http://wasabimonaka.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-4-27 4:56

跟贴 0