香ばしい味!お茶専門店のほうじ茶ソフトクリーム!!【連載:アキラの着目】

2017年08月13日

最近のソフトクリームは、様々な味が溢れている。

抹茶味のソフトクリームは、とっくのとうに”市民権”を得ているし、浅草にある芋ようかんの老舗「舟和」では、「芋ようかんソフトクリーム」(350円)を売っている。

こうしたソフトクリームの味競争は、次の段階に突入するだろう。

それはどのような段階かというと、よりリアルな味を再現しているかだろう。

抹茶味を例に取ると、現在至る所で抹茶味を食べることができるものの、なんかこの抹茶味は色がどぎつくて、ケミカルだなというのもあれば、この抹茶味はまさにお茶を飲んでいるかのようだ、というのもある。

つまり同じ●●味でも、ピンキリに分かれるのだ。

前置きが長くなってしまった。

そうした段階に突入しつつある今、本物のほうじ茶味のソフトクリームを堪能できる店がある。

その店とは、水天宮にほど近い甘酒横丁の森乃園だ。

通りに面した店先では、森乃園の主力商品であるほうじ茶が、様々なランク毎に陳列されている。

甘酒横丁にあるお茶専門店・森乃園

店に入るや否や、お茶を焙じる機械が休みなく回転し、店内外に香ばしい香りを届けている。

森乃園店内にあるお茶を焙じる機械

このほうじ茶の香りにつられ、思わず店に入ってしまう人もいることだろう。

そんなお茶専門店、それもほうじ茶を主力商品に据える店が出すほうじ茶ソフトクリームなのだから、味は間違いない。

店脇にほうじ茶ソフトクリーム専門の販売窓口があり、精巧なサンプルが置いてある。

ほうじ茶ソフトクリーム販売窓口のサンプル

この窓口で店員のお姉さんにほうじ茶ソフトクリームを注文、350円を払って、ゲットする。

森乃園のほうじ茶ソフトクリーム

ゲットしたほうじ茶ソフトクリームがこれ!

このほうじ茶ソフトクリーム、若い人なら見た目の色からコーヒー味のソフトクリームに似ているなとか思うのだろうが、筆者はおじさんなので、どうしてもほうじ茶ソフトクリームがカニ味噌に見えて仕方がないのだ。

でも実際に一口舐めてみて、やはりほうじ茶そのものだと確認し、満足するのだ。

地下鉄の通る人形町や水天宮前から歩いて行けるので、気になる方は甘酒横丁森乃園のほうじ茶ソフトクリームを一度食べてみるべし!

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099