茨城県久々の最下位脱出、都道府県魅力度ランキング【連載:アキラの着目】

茨城県久々の最下位脱出、都道府県魅力度ランキング【連載:アキラの着目】

6か月前

去る10月14日、ブランド総合研究所は、第15回「地域ブランド調査2020」を発表。

この第15回「地域ブランド調査2020」の結果、全国で最も魅力的な都道府県として選出されたのは北海道で12年連続。

第15回「地域ブランド調査2020」の結果
第15回「地域ブランド調査2020」の結果

一方で第15回「地域ブランド調査2020」の最下位は栃木県。

2019年まで最下位の常連だった茨城県は3.7点アップで42位に上昇、最下位を脱出した。

茨城県の大井川和彦知事は「本県の魅力度の順位が上昇したものの、魅力度ランキングの結果が、豊かな自然、食や観光、暮らしやすさといった本県の魅力の実態を十分に反映しているとは思っておりません」とコメント。

今後も引き続き、首都圏の近接性やサイクリング・キャンプ等のアウトドア環境の優位性などを発信し、ウィズコロナ時代の新しい生活様式に合った魅力を提唱してゆくとのことだ。

都道府県魅力度ランキングは、ブランド総合研究所が年1回実施している地域ブランド調査の中の1つで、2006年にスタート。

各地域に対しての魅力度等の全84項目の設問を設け、地域のブランド力を消費者が各地域に抱く「魅力」として数値化したものだ。

全国の消費者3万1734人からインターネットにより有効回答を得た調査を元に集計した結果なのだ。

都道府県魅力度ランキングにおける茨城県の最下位脱出、栃木県の最下位という結果は、早速、芸能界にも影響を与えたようで、栃木県出身の漫才コンビ「U字工事」は、後輩の茨城県出身の漫才コンビ「カミナリ」の石田さんから挑発されたとのこと(微笑)。

しかし、過去にも最下位に逆戻りした実績(!?)もある茨城県だけに、ここは「勝って兜の緒を締めよ」で挑発を自重すべきなのかもしれない(微笑)。

■ランド総合研究所 ホームページ
http://www.tiiki.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-10-17 4:56

跟贴 0