お洒落に演出、ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール【連載:アキラの着目】

お洒落に演出、ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール【連載:アキラの着目】

3年前

雨が降ったりやんだりしているものの、もう暦の上では春。

しかし、のんびりしていると、あっという間に夏がやってきてしまう。

なので、いつ夏が来てもいいように、準備万端にしておくことが重要だ。

ということで、夏への準備ということで、もう今から揃えたいのが、この「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」(株式会社タカラトミーアーツ)だ。

株式会社タカラトミーアーツHP「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」ページより引用
株式会社タカラトミーアーツHP「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」ページより引用

過去のニッポンニュース(2017年08月09日「自宅でも流しそうめんができる!【連載:アキラの着目】」)で、自宅でもカンタンにできる流しそうめんキットを紹介したが、今回はお子ちゃま向きというよりは、アダルティでネオンチックな雰囲気満載の流しそうめんキットだ。

「七色のライトアップでシャイニー」な流しそうめんを実現!

「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」には、「七色のライトアップでシャイニー流しそうめん」というキャッチフレーズが付いているだけあって、暖色系のムーディなライティングなら「ロマンティックモード」に、寒色系のアーバンなライティングなら「クールモード」、七色に変化しながらテンションアップするライティングなら「パーティーモード」という按配で、シチュエーションに合わせた調光のセレクトが可能だ。

さらに、「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」には付属品として「オリジナル製氷トレー」が付いており、スライダーマンや浮き輪型の氷を作って、そうめんと一緒に流すこともできる。

明らかに従来の連綿と続いてきた流しそうめんの伝統・歴史に一石を投じたアイテムといえるだろう。

「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」ならば、ジェラートやソルベ、カクテルもピッタリ!

これまで流しそうめんには、せいぜい無理やり合うスイーツはというと、水羊羹くらいしか筆者は思い浮かばなかったが、この「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」を使って流しそうめんを食べれば、ジェラートやソルベなどのスイーツの方がピッタリになるだろうし、またブルー・ハワイやマリブサーフといったカクテルも合うことだろう。

流しそうめんをお洒落に演出したいのならば、この「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」がうってつけのアイテムだろう。

■株式会社タカラトミーアーツ ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/soumenslider/#nightpool

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-3-22 4:45

跟贴 0

自宅でも流しそうめんができる!【連載:アキラの着目】

自宅でも流しそうめんができる!【連載:アキラの着目】

4年前

夏になると、暑さで食欲が減退し、そうめんなら食べることができるな、という人も多いはず。

でもどうせそうめんを食べるなら、流しそうめんを食べたいな、でもあんな大げさな竹樋(とい)を個人で用意するわけにもいかないし…。

流しそうめんを食べる女の子
流しそうめん

そんなふうになかなか流しそうめんにありつけない人のために、世の中には自宅で簡単に設置できる流しそうめんキットがあるのだ。

普通にガラスの器でそうめんを食べるよりも、水流で下る流しそうめんの方が、清涼感があふれるのは一目瞭然だ。

様々なメーカーから流しそうめんキットが発売されているので見てみよう。

1.ウォータースライダー型流しそうめん器“素麺物語”

ウォータースライダーをスピーディに滑走するそうめんが、涼し気で楽しい雰囲気を醸す出し、友人・家族の宴会やパーティーで大活躍すること間違いなしとのこと。

電源は電池なので、アウトドアでも活躍可能。

■ウォータースライダー型流しそうめん器“素麺物語”ホームページ
https://goo.gl/fh1X9x

2.ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ

「スライダー全長5m、最高高低差73cmの史上最大級のそうめんスライダー」がこの製品のウリ文句だ。

実際、この製品の写真を見ると、遊園地のプールにあるウォータースライダーを嫌でも連想してしまう。

それもそのはず、東京サマーランドがデザイン監修をしているとのことで、だから形状が似てるのかと納得。

お子さんのいる家庭にはもってこいの流しそうめんキットだろう。

■ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ ホームページ
https://goo.gl/Cj1sru

3.流しそうめん風流 極(きわみ)

こじんまりとした造りでも、そうめんの流れる樋(とい)は、竹の節を再現している。

また傾斜でそうめんを取り損なっても、最下部の桶でそうめんが回流するので、必ずそうめんにありつける「親切設計」もありがたい。

製品名に「風流」や「極」が入っていることから、この流しそうめんキットの対象は、子供のいる家庭よりも、年配の方なのではないかと思われる。

■流しそうめん風流 極(きわみ) ホームページ
https://goo.gl/J2kQkh

4.そうめんパーティS TOM-09

通常流しそうめんは日中に食べるものだが、この「そうめんパーティS TOM-09」は、LEDライトの点灯(パ-ティモード)が可能なことから、夜に食べることができる。

青、赤、緑、紫…、といったムーディなライトが、流しそうめんパーティをさらに盛り上げるのは言うまでもない。

■そうめんパーティS TOM-09 ホームページ
https://goo.gl/BcUha8

以上、自宅で実現可能な流しそうめんキットを紹介したが、個人的には流しそうめんはやはり傾斜がないと、流しそうめんといえないのではないかと思っている。

その観点からすると、4つ目の流しそうめんキットは、流れているようで、流れておらず、回流しているに過ぎないかなとの思いがある。

しかし、各人の好みがあるだろうから、気に入った流しそうめんキットを入手して、夏を涼しげに過ごすのもいいだろう。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-8-9 11:51

跟贴 0