見慣れた浮世絵とは異なる趣、葛飾北斎作品6点のスクラッチアート【連載:アキラの着目】

見慣れた浮世絵とは異なる趣、葛飾北斎作品6点のスクラッチアート【連載:アキラの着目】

8 個月前

以前のニッポンニュースでも取り上げたスクラッチアート(2020年04月12日ニッポンニュース「付属ペンでの下絵なぞりで仏像描画「心を癒す大人のスクラッチアート仏像2』」【連載:アキラの着目】」)。

千手観音坐像や十一面観音立像、釈迦三尊像などといった仏像の下絵を付属ペンでなぞると、心和む仏像絵が完成するというものだ。

緊急事態宣言が解除されたものの、まだ「お家時間」があり、持て余している人には、このスクラッチアートは良い時間活用になるはずだ。

そこで今回のニッポンニュースもまたスクラッチアートを取り上げるのだが、なんと葛飾北斎のスクラッチアートだ。

気持ちが穏やかになるスクラッチアート 北斎の世界 暦(こよみ)の神宮館オンラインショップから引用
気持ちが穏やかになるスクラッチアート 北斎の世界
暦(こよみ)の神宮館オンラインショップから引用

神宮館という出版社が、今や世界的に有名な浮世絵師「葛飾北斎」の作品6点をスクラッチアートで再現した。

当然ながら、このスクラッチアートも、キラキラしたホログラムのシートや色鮮やかなシートの上に貼られた特殊加工の黒シートの下絵を付属の専用ペンでなぞって削るだけ、初心者でも簡単に作品を描くことが可能だ。

背景を描き足したり、下絵以外の任意の部分を削って、オリジナルアートにすることもできる。

シート(サイズ:26cm × 26.7cm × 1cm)は全6枚、専用ペンもセットに含まれており、スタートのハードルが低いのも良い。

見慣れた浮世絵とは異なる趣の浮世絵を観たい人にもオススメだ。

【『気持ちが穏やかになるスクラッチアート 北斎の世界』詳細】

1.冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏
2.冨嶽三十六景 深川方年橋下
3.冨嶽三十六景 東海道江尻田子の浦略図
4.千絵の海 宮戸川長縄
5.菊に虹
6.朝顔の雨蛙

■気持ちが穏やかになるスクラッチアート 北斎の世界 | 暦(こよみ)の神宮館オンラインショップ
https://jingukan.shop/items/5dd3317c4c4ae86ed5a57b0c

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-6-3 4:56

跟贴 0