ARで地形を感じる模型アプリ、『AR地形模型』【連載:アキラの着目】

ARで地形を感じる模型アプリ、『AR地形模型』【連載:アキラの着目】

2か月前

登山や山のハイキングを楽しむ人が多いが、やはり頼みの綱になるのが地図であるのはいうまでもない。

最近は地図アプリで登る人が増えてきているのだが、それというのも紙の地図だとかさばるし、雨天時では濡れて破損する場合もあるから、地図アプリはなかなか重宝する。

しかし、平面の地図ではどうしても表現に制約があるゆえに、立体的な地形模型のアプリがあれば、山の険しさがわかるだろうし、また谷の深さなどもわかることだろう。

山城を訪れるのが好きな筆者も常々、立体的な地形模型アプリがあれば、郭と郭の位置関係や、どのくらいの勾配や斜面なのかがひと目でわかるだろうから、立体的な地形模型の出現を欲していた。

ところが、すでに立体的な地形模型アプリが存在していたのだ。

今回取り上げるのはiPhone用で、Android用ではないのだが、そのアプリとは『AR地形模型』だ。

この『AR地形模型』を使うと、国土地理院などが発行した地図を地形模型になったARで見ることができるのだ。

AR地形模型公式サイトから引用
AR地形模型公式サイトから引用

平面の地図ではわかりにくい複雑な地形でも強調され、ARとして浮かび上がってくるのだから、その場所の地形が一目瞭然だ。

iOS12の新機能を使えば、ARの共有により複数のスマホで同じ地形模型を見ることもできる。

GPS機能を搭載しているので、GPSのトラックデータや現在地などのポイントデータを地形模型の上に表示することもでき、2D画面ではGoogle Mapも使用できる。

■地図カメラARのデモ「立山」

使いみちとしては、登山路の事前シミュレーションやチェックなどの最適だ。

■AR対応地図アプリ – AR地形模型
https://www.kashmir3d.com/online/ardemapp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-2-8 4:56

跟贴 0