合掌もでき「お寺のおもてなし(お茶・和菓子)」あり、神谷町オープンテラス@光明寺【連載:アキラの着目】

合掌もでき「お寺のおもてなし(お茶・和菓子)」あり、神谷町オープンテラス@光明寺【連載:アキラの着目】

2 年前

「都心のオアシス」というワードを聞くと、街路樹が植えられ、オフィスビルとオフィスビルの間に人工的に整備された空間を思い描きがちだが、今回紹介する「都会のオアシス」はそんなところではない。

港区の神谷町にある光明寺が開いているオープンテラスなのだ。

神谷町オープンテラス@光明寺
神谷町オープンテラス@光明寺 東京・神谷町光明寺 / 光明寺 – 浄土真宗本願寺派光明寺HPから引用

光明寺本堂前のテラスにはイスやテーブルが設置され、誰でも気軽に立ち寄れ、お参りもできる憩いの場なのだ。

お茶・和菓子も頂ける「お寺のおもてなし」は、毎週水曜日・金曜日の11:00~14:00の時間帯限定。

前日までに予約した人にオープンテラスの指定席を設け、僧侶及びスタッフがほうじ茶またはコーヒー、そして僧侶による手作り和菓子が出されるのだ。

お茶・和菓子 神谷町オープンテラス@光明寺 / Kamiyacho Open Terrace in Komyoji Temple Tokyoから引用
お茶・和菓子 神谷町オープンテラス@光明寺 / Kamiyacho Open Terrace in Komyoji Temple Tokyoから引用

そのうえ、おもてなしの時に時間が空いていれば、僧侶が希望者に対し短時間の「傾聴」もしてもらえる。

「傾聴」をメインにしてもらいたい人は、月曜日と金曜日の11:00から行なっているので、そこでじっくり聴いてもらうのもよいだろう。

なお、ありがたいことにテラス席への飲食持ち込みは、持ち帰ることができるのならばという条件付きで可能だ。

おもてなしのある日には、おつとめ(読経。本堂にて12:30から約10分)もあり、こちらは予約不要で、自由参加だ。

ちなみに、「お寺のおもてなし」を必要としない人は、予約不要で平日9:00~17:00の間に本堂への参詣やテラス設備(イス、テーブル等)の利用が可能だから、散歩の休憩がてらに立ち寄って利用することも全然アリだ。

【神谷町オープンテラス@光明寺 詳細】

・参詣可能時間:平日9:00~17:00
・傾聴日時:月曜日、金曜日の11:00~12:00
・おもてなし日時:基本、水曜日と金曜日の11:00~14:00も、最新情報はブログにて要確認
・予約:kot@komyo.net に名前、人数、希望時間帯を明記の上、できるだけ前日までに要連絡

※日時等は令和元年7月25日現在のもの

■東京・神谷町光明寺 / 光明寺 – 浄土真宗本願寺派光明寺
http://www.komyo.net/web/kamiyacho.html

■神谷町オープンテラス@光明寺 / Kamiyacho Open Terrace in Komyoji Temple Tokyo
http://www.komyo.net/kot/

■神谷町オープンテラス@光明寺 / Kamiyacho Open Terrace in Komyoji Temple Tokyo: ご利用の手引きアーカイブ
http://www.komyo.net/kot/cat2/

■神谷町オープンテラス(@oteracafe) 公式Instagram
https://www.instagram.com/oteracafe/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-7-25 4:56

跟贴 0