プラモデルで偲ぶ『西部警察』特殊車両【連載:アキラの着目】

プラモデルで偲ぶ『西部警察』特殊車両【連載:アキラの着目】

5 個月前

スーパーZ プラモデル 株式会社 青島文化教材社HPから引用豪華な顔ぶれが揃った役者陣、潤沢な資金で制作された派手な銃撃戦や爆破シーン、壮絶なカー・アクション。

ここまで書けば、もうおわかりだろう。

そう、刑事ドラマの金字塔を打ち立てた『西部警察』だ。

また『西部警察』かよ、と思った貴方、そう言わずに今回もお付き合い願いたい。

『西部警察』といえば、前述のことが最大の特徴として挙げられるのだが、もう1つドラマの中で脇役ながら山椒のような存在感を出しているものがある。

それは特殊車両だ。

パトカーなんだけど、見た目がスーパーカーのような車両から、至って普通っぽいが専門特化している車両まで、実にドラマのシナリオによってフォーカスされているのだ。

特にスーパーZというパトカーは、この『西部警察』のためだけに造られた改造車だ。

スーパーZ 石原プロモーション公式サイトから引用
スーパーZ
石原プロモーション公式サイトから引用

名前からわかるかと思うが、ベースとなっているのは日産・フェアレディZ。

このフェアレディZは本来、他の日本車同様のドア開閉なのだが、石原プロモーションは『西部警察』のためだけに、このフェアレディZの扉を、ランボルギーニ・カウンタックのようなガルウィングにしてしまった。

筆者は、寝ても覚めても車のことが大好きな車マニアではないのだが、それでもこのガルウィング・タイプのスーパーZを欲しいなあと思わずにはいられなくなる。

しかし、現実問題、スーパーZを我が物にすることはできないから、心の中ではやや悶々としているのだが、こうした思いを抱いているのは筆者だけではなく、全国の『西部警察』ファンも同じだろう。

では、筆者も含めた、そうした『西部警察』ファンはどうすればいいのか?

話は簡単、スーパーZの実車を入手できないのであれば、模型すなわちプラモデルを入手すればよいのだ。

ということで、前置きが長すぎたが、プラモデルの老舗メーカーとして知られる株式会社青島文化教材社から発売されている『西部警察』シリーズのプラモデルをご紹介!

もちろんスーパーZもあるし、この他にもマシンX、マシンRS-1、マシンRS-2、マシンRS-3などといった、『西部警察』ファンならば、「ああ、あの車両ね」と名前を聞けばすぐにわかるくらい馴染みのあるパトカーもプラモデルにラインナップされている。

スーパーZ プラモデル 株式会社 青島文化教材社HPから引用
スーパーZ プラモデル
株式会社 青島文化教材社HPから引用
マシンRS-3 プラモデル 株式会社 青島文化教材社HPから引用
マシンRS-3 プラモデル
株式会社 青島文化教材社HPから引用
サファリ 4WD&タンク車 プラモデル 株式会社 青島文化教材社HPから引用
サファリ 4WD&タンク車 プラモデル
株式会社 青島文化教材社HPから引用

『西部警察』でのシーンを思い浮かべながら、自分の好みの特殊車両プラモデルを作り、眺める。

なんとも贅沢なひと時だ。

『西部警察』というドラマだけのために造られた特殊車両。

さらに、そのレアな車両のプラモデルを作ることができる愉しみを味わいたい人は、ぜひ購入すべし。

■西部警察 特殊車両|株式会社 青島文化教材社
http://www.aoshima-bk.co.jp/product/?s=&seriesname=1%2F24+%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-8-6 4:56

跟贴 0