都道府県「魅力度ランキング」最下位払拭のためのフリーマガジン「茨女」【連載:アキラの着目】

都道府県「魅力度ランキング」最下位払拭のためのフリーマガジン「茨女」【連載:アキラの着目】

6 個月前

ご承知の通り、日本全国には47の都道府県が存在する。

当然、その47都道府県は人気のあるところもあれば、人気がないところもある。

それを知る指標として「魅力度ランキング」というものがあるのだが、ここ数年のランキング最下位は決まって茨城県。

若い頃は湘南よりもあえて大洗海岸に行っていた筆者にとっては、茨城県がなぜに「魅力度ランキング」で毎年最下位なのか理解に苦しむ。

おそらく、大抵の日本人は筆者のように茨城県のことをよく知らないがゆえに、茨城県の魅力や長所を知ることもなく、つまんない県だよねという烙印を簡単に押してしまっているのだろう。

残念ながら、そんな人気のない茨城県だが、指をくわえて待っているわけではない。

茨城県内外で活躍する女性をピックアップしたフリーマガジン「茨女(いばじょ)」を発行し、世界に発信することで、マイナスイメージを払拭し、茨城県や茨城県女性の良さを広める一助となっていいる。

そしてゆくゆくは、「魅力度ランキング」最下位常連から茨城県は脱却しようということだ。

茨城県の人たちには大変申し訳ないのだが、「魅力度ランキング」最下位県である茨城県に対しては、そこに住んでいる人や働いている人にまで、洗練されていないイメージを我々は勝手に抱きがちだ。

しかし、そのイメージが誤りであることは、このフリーマガジン「茨女」を見れば一目瞭然だ。

見た人は皆、「え、こんなチャーミングな女性もいるの!」、「東京の女性と大差ないじゃん!」という認識に到達するであろう。

茨女 公式インスタグラムより引用
茨女 公式インスタグラムより引用

まあ、普通に考えれば、これだけSNSやらテレビやらが発達した現代において、どこかの地域だけ取り残され、遅れた文明になること自体、ありえないのだから、当然のことだ。

そのようなわけで、これまで茨城県や茨城の人たちに興味のなかった人も、茨城県や茨城の女性に興味を持ってみると、新しい発見や魅力に気づいて、得した気分になれるかもしれない。

■茨女(いばじょ)|茨城県出身の女性を応援するサイト
http://www.ibajyo.com/

■茨女 公式インスタグラム
https://www.instagram.com/ibajyo/

■茨女 @ibajyo 公式Twitter
https://twitter.com/ibajyo

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-8-10 4:56

跟贴 0