2021年3月度見学会「武蔵岩槻城」、3月27日開催(日本城郭史学会主催)【連載:アキラの着目】

2021年3月度見学会「武蔵岩槻城」、3月27日開催(日本城郭史学会主催)【連載:アキラの着目】

3週間前

一般人からすると「城=天守」と思う人があまりにも多いため、実際に日本全国で存在する城が約3万城もあると伝えると、必ずといっていいほど「嘘だぁ~!」と答える。

しかし、これは本当のことであり、天守の存在しない城のほうが圧倒的に多いのだ。

そうした天守のない城はどこを観るんだという、これまた一般人の声が聴こえてきそうだが、城マニアからすると、ちゃんと見どころがあるのだ。

土塁、横堀、竪堀、畝堀(うねぼり)、切岸(きりぎし)、石垣、郭(くるわ)、虎口(こぐち)、城のある地形や高低差、等々、観るべきものがいくらでもあるのだ。

こうした城を観るのは、一人でも友人とでも、誰とでも構わないのだが、やはりその城に精通している人と一緒に巡り、説明してもらいながら観ると、実にわかりやすい。

城によっては「城の説明会」や「城の見学会」、「城散策」が催されていることもあるので、興味のある城ならば参加してみるといい。

前置きが長くなったが、今回のニッポンニュースでは、埼玉県にある岩槻城に関係する武将や大名ゆかりの寺や城の遺構など、戦国期から明治の廃城までの岩槻をめぐる見学会を取り上げる。

大宮台地岩槻支台上に築かれた戦国時代の平山城である岩槻城は、江戸城・河越城を築城した太田道真・太田道灌父子が築いたという説と、忍城主・成田顕泰の父である成田自耕斎正等が築いたという説に分かれる、実にミステリアスな城だ。

岩槻城黒門 Wikipediaから引用
岩槻城黒門
Wikipediaから引用

その岩槻城を巡ることで新たな気づきがあるかもしれないし、現存しなくても門を自分なりに想像を掻き立てて妄想に耽るのもいいかもしれない。

来月3月27日昼からの開催なので、これから城について詳しくなりたい人も参加してみよう。

【2021年3月度 見学会開催 武蔵岩槻城 詳細】

・案内講師:阿部 和彦 氏(日本城郭史学会委員)
・日時&集合場所:2021/3/27(土) 12:30 東武アーバンパークライン(野田線)岩槻駅改札前
         ※必ず昼食を済ませておくこと
・見学予定コース:岩槻駅 – 岩槻郷土資料館 – 浄国寺 – 芳林寺 – 岩槻藩遷喬館 – 浄安寺 – 時の鐘 – 大手門 – 旧三の丸 – 新曲輪 – 鍛冶曲輪 – 岩槻駅解散
・参加費:会員1,000円、非会員1,500円
・申込方法:申込フォームから、または電話、メールでも受付可
※新型コロナウィルスの感染状況によっては中止になる場合あり
※出発前に自身の体調チェック、検温(37.5度未満である事)をすること
※当日マスク着用必須と受付時での非接触型体温計での検温実施

■2021年3月度 見学会開催 武蔵岩槻城 | 日本城郭史学会
https://castle-history.jp/news/20210130-2/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-2-9 4:56

跟贴 0

山中城(静岡県三島市)は外国人観光客にも人気!【連載:アキラの着目】

山中城(静岡県三島市)は外国人観光客にも人気!【連載:アキラの着目】

4年前

城マニアの評価が高い静岡県三島市・山中城

城マニアの中で評価の高い城が静岡県三島市にある。

それは旧東海道を遮るように構えられた山中城だ。

人気観光地・箱根の西側に位置するのだが、意外と世間には知られていない。

この山中城は、城の分類では「山城」にカテゴライズされ、この山中城を観れば、当時最先端だった後北条氏の築城技術が詳細にわかるため、近年では城マニアの人気スポットになっている。

その後北条氏の最先端築城技術で真っ先に挙げられるのが、はしごを寝かせたようなフォルムの「畝堀」や、まるでベルギー・ワッフルのような格子状のフォルムをした「障子堀」だ。

山中城 畝堀山中城 畝堀
山中城 障子堀山中城 障子堀

敵がこれらの堀に侵入した場合、堀に仕切りが設けられているため、堀の中で横移動ができず、立ち往生している間に弓矢や鉄砲の餌食となる仕掛けだ。

また、堀の窪みに降りずに堀の仕切りを歩いたとしても、攻撃側は仕切り部分を歩く敵を1人ずつ狙い撃ちし、殲滅すればよいので、実に効率的な防御が可能なのだ。

地元の人達や日本人城マニアもびっくり!

こんな城マニアに高評価の山中城だが、近年風変わりな現象が起きている。

それは外国人観光客が山中城を訪れていることだ。

日本人でも城マニア以外で、山中城を理解し、訪れたいと思う人はそう多くはいない。

というのも大抵の日本人は、一般的に城というと、姫路城や松本城のような立派な天守のある城を思い浮かべ、「城=天守」と勘違いしている人が圧倒的に多いので、天守の存在しない山中城を訪れようとはそもそも思わないのだ。

そんな日本人でも理解しがたい山中城に外国人観光客が訪れるのだから、地元の人達や山中城を訪れた日本人の城マニアがびっくりして驚くのは言うまでもないだろう。

もちろん山中城を訪れる外国人観光客は、山中城の魅力を予め知った上で訪れているであろうから、おそらく城マニアだとの推測が成り立つ。

城マニアでなくても存分に楽しめる絶景スポット・山中城

まだまだ一般的な理解を得られにくい「山城」というジャンルに属する山中城ではあるが、現在は公園としてきれいに整備されているので、ロケーション的には富士山を眺望できる絶景スポットとして行くべき価値ある所だ。

山城というとハードルが高いように感じるが、実は城に詳しくない人でも、外国人の人でも存分に楽しめるのだ。

ぜひ箱根に行ったら、その隣に位置する山中城にも足を運んでみよう!
山中城から望む富士山

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-8-5 12:15

跟贴 0