神社に参拝するなら献血も!「神社de献血」【連載:アキラの着目】

神社に参拝するなら献血も!「神社de献血」【連載:アキラの着目】

2か月前

緊急事態宣言の発令により不要不急の外出を避けることが求められている現在、献血する人もコロナ禍でない時に比べ、減少気味とのこと。

とはいっても、血液を必要とする人がそれに比例して減少するわけではなく、やはり献血はどのような状況であっても重要なのだ。

献血は人通りの多い主要駅の周辺でされていることが多いが、人通りが多ければ、献血する人の割合もそれなりにいそうだからなのかもしれない。

だが、得てして人通りが多いと、通行の流れに逆らうことなく自分自身も流れてしまい、立ち止まってまで献血するのが億劫になりがちでもある。

だからだろうか、そこに目をつけたのかわからないが、神社で献血するという、従来の発想では思いつかなかった献血スタイルが最近にわかに注目を集めている。

それを実践しているのが、一般財団法人国際災害対策支援機構で、「神社de献血」というものだ。

神社は厳かで神聖なる場所であるため、穢れとは無関係であり、また人間が最も清々しくなれる場所の1つでもある。

それゆえに、神社は誰もが「善人」に成り得て、社会貢献をしたくなるような空間であるともいえよう。

「神社de献血」のスケジュールだが以下の通り。

・2月7日瀬田多摩川神社(世田谷区)
・2月21日松陰神社(世田谷区)
・2月21日湯島天満宮(文京区)
・2月22日大阪天満宮(大阪北区)
・2月28日布多天神社(東京調布)
・3月21日駒繋神社(世田谷)

東京都調布市にある布多天神社 神社de献血 公式Twitterから引用
東京都調布市にある布多天神社
神社de献血 公式Twitterから引用

参拝前でも後でも、どちらでも構わないが、上記神社を訪れて献血すると、さらにご利益を得るのではなかろうか。

■神社de献血【公式】Twitter @jinja_bd
https://twitter.com/jinja_bd

■神社de献血
https://www.unglobal.org/tag/temples/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-2-7 4:56

跟贴 0

日本紧急事态宣言导致4月献血人数低迷

日本紧急事态宣言导致4月献血人数低迷

8か月前

来源:共同社, 社会生活, 新冠病毒

【共同社电】日本政府因新冠疫情蔓延发布紧急事态宣言的4月,40个都道府县参加日本红十字会广泛实施的400毫升献血的人数低于基于血液制品需求预测的计划人数。背后原因是避免外出的人增加,企业也停止集体献血。东京都的达成率为74.4%,创新低。

日本红十字会就4月的结果指出该情况十分罕见,称“这是几年来与计划人数差距最大的一次”。表示虽然为应对新冠,医疗机构延期了不紧急的手术等,因此血液制剂的供给没有出现问题,但疫情再次扩大有可能导致献血者再次减少,呼吁市民合作。

红十字会在约两三个月前制定各月的实行计划。共同社对各地红十字会相关机构进行采访,汇总了使用专用大巴等广泛进行的“全血献血”中,需求较高的400毫升献血的计划人数与1到5月献血人数情况。

1月22县的献血人数超过或与计划人数相同,日本红十字会鉴于疫情蔓延的趋势,在社交网站(SNS)上呼吁给予合作。与白血病斗争的女子游泳选手池江璃花子(20岁)3月在推特上发文称“由于献血量锐减,也有人每天都在不安中度过”,当月全国的达成率为103.9%,34个都道府县超过了计划人数。但4月大幅下降至88.4%,5月为97.1%。

从都道府县来看,4月仅次于东京的第二低是千叶县(79.6%),其后是香川县(80.6%)、爱知县(81.1%)。超过计划人数的仅有截至7月28日未出现感染者的岩手县、栃木县和山口县等共7县。

据日本红十字会称,除人员聚集的活动延期或中止之外,企业远程办公的普及和大学停课等导致集体献血相继停止。感染再度蔓延再次导致难以实施集体献血,负责人指出,“尤其是关东圈预计将持续严峻状况”。还呼吁个人给予合作,并推进常设设施献血屋的防疫措施。(完)

FJ時事新聞
责任编辑:陈文清_HS206

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2020-8-6 5:03

跟贴 0

日本要量产血小板:再不用献血了

日本要量产血小板:再不用献血了

4年前

来源:驱动之家

据媒体报道,日本16家制药和化学企业近日联合宣布,全球首次确立,可以利用“iPS细胞”量产血液中的重要成分血小板,并即将投入量产。

未来,我们甚至可能不再需要人献血,就能直接输血。

iPS细胞即诱导性多功能干细胞,利用导入特定基因或是特定基因产物(蛋白质)等方式送入体细胞(如皮肤细胞或肝脏细胞)中,使其变成为具备如同胚胎干细胞(ES细胞),具有分化成各式细胞之多功能分化能力,并且可以持续增生分裂。

这项技术于2006年首度由日本京都大学山中伸弥教授团队,将老鼠之纤维细胞制作而成。山中伸弥因为这项研究与约翰·格登共同获颁2012年诺贝尔生理学或医学奖。

研究人员称,利用iPS细胞制造的血小板成本大幅低于献血,通过无菌化处理可保存2周左右,而献血获得的血小板无法冷藏,只能保存4天。

相比献血,这种技术还能防止混入病毒等病原体。

据报道,日本国内每年有80万人接受血小板输血,市场规模按药价计算约700亿日元,而美国的市场规模是日本的至少3倍。

FJ時事新聞
责任编辑:章鑫_HS110

声明:本文章为网友上传文章,如果存在来源错误,或内容侵权问题,
请与我们联系。本文仅代表原媒体及作者观点,不代表FJ时事新闻立场。

2017-8-13 4:30

跟贴 0