考古学者は全面保存を主張、JR東日本は一部保存を主張、高輪築堤【連載:アキラの着目】

考古学者は全面保存を主張、JR東日本は一部保存を主張、高輪築堤【連載:アキラの着目】

3時間前

4月10日、JR東日本によって一般向けの「高輪築堤」4街区現地見学会が開催された。

1月に第1回目の「高輪築堤」現地見学会が開催されたのに続き、今回は2回目。

JR東日本が現在高輪ゲートウェイ駅周辺の再開発事業を手掛けている中の「4街区」と呼ばれる計画エリアが見学対象となり、9:00~16:00までの間を30分毎の見学時間に分け、各回20組(2人1組)を上限とした。

1872年10月に日本初の鉄道(新橋[現・汐留]~横浜[現・桜木町])が開業したが、「高輪築堤」は本芝~品川までの海上に構築された堤。

2019年4月の品川駅改良工事において「高輪築堤」の石積みの一部を発見、同年11月の品川駅付近山手線・京浜東北線線路切換工事後に行なわれたレール撤去の際に「高輪築堤」の一部と見られる構造物も発見された。

明治時代の高輪築堤 日本国有鉄道「日本国有鉄道百年 写真史」から引用
明治時代の高輪築堤 日本国有鉄道「日本国有鉄道百年 写真史」から引用

高縄鉄道之図(歌川芳年-1871年)で描かれた高輪築堤

そもそもなぜ本芝~品川間にだけ海上に堤を築き、線路を敷設したのか。

それは、本芝~品川間の海岸線が当時の日本にとって国防上重要であり、兵部省が本芝~品川間における陸地の使用を許可せず、やむなく海を埋め立てて堤を築き、線路を敷設したとのことだ。

海だから波が打ち寄せてくるので、波で築堤が浸食されないように、海側の築堤の石垣はなだらかな傾斜を付けて組まれた。

しかし、それでも波で石垣が崩れるかもしれないから、石垣の手前に木の杭を無数に地中へ打ち込み、石垣のストッパーとしての役割を果たさせたのだ。

「高輪築堤」の石垣、信号機跡と思われる張り出した石垣、木の杭

全長南北2.7kmにも渡る「高輪築堤」の土はどこから運んできたのかというと、品川・八ツ山からといわれている。

品川・八ツ山を切り崩した土を荷車や牛車で運び、地道に埋め立てたのだ。

「高輪築堤」に組まれた石垣の石は、伊豆半島から調達したとのことで、江戸城の石垣と同じ調達先だ。

江戸城の石垣の場合は、石垣よりも上に建造物が積載され、かなりの負荷が加わるため、また将軍の威光を反映させるために石垣の1つ1つが大きく切り出されているが、「高輪築堤」の石垣は本芝から品川にかけての区間が緩やかに湾曲していることから、カーブを付けやすいよう、石垣の1つ1つがコンパクトに切り出されているようだ。

この明治時代に構築された「高輪築堤」は、明治の鉄道遺構として考古学者らは全面保存の必要性を主張、一方のJR東日本は全面保存ではなく一部保存を主張し、議論は平行線のままだ。

筆者の考えは、「高輪築堤」全面保存をすることで、これを上手な集客ツールとして利用できないかと。

城好きの筆者が観ても、「高輪築堤」の堤や石垣は、”そそる”ものなのだ。

【関連記事】
2018年03月19日ニッポンニュース「江戸から東京の”生き証人”~高輪大木戸跡・『提灯殺し』のガード(東京都港区)~【連載:アキラの着目】」

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-4-14 4:56

跟贴 0

ここは一体東京のどこ?~Part15~【連載:アキラの着目】

ここは一体東京のどこ?~Part15~【連載:アキラの着目】

1年前

FJ時事新聞ニッポンニュース恒例の、昔の東京の街に関する写真や絵を見て、それがどこなのかをあてるシリーズの第15弾。

ではいつもの通り早速問題へ。

Q1.ここは東京のどこなのか?

Q2.ここは東京のどこなのか?

Q3.ここは東京のどこなのか?

おわかりになったであろうか。では順番に正解を発表する。

A1.新宿駅(東口)

新宿駅東口(ルミネエスト新宿店)

先ほどの写真の場所は、新宿駅東口のルミネエスト新宿店となっている。

新宿駅ができたのは1885年(明治18年)で、宿場町の内藤新宿からは離れていたため、当時の乗降客数は50人/日程度だったとのこと。

約353万人(2017年)で世界一(ギネス世界記録認定)の乗降客数を誇る今の新宿駅とは思えぬ少なさだ。

A2.虎ノ門

虎ノ門

正解は虎ノ門。

かつては古い写真の通り、江戸城の堀と城門・虎ノ門があった。

しかし、溜池から続く堀は埋め立てられ、虎ノ門も撤去された。

現在は官庁やオフィスが立ち並ぶエリアとして、その名は内外に知られている。

門が撤去され、消滅しても地名に残る分だけマシと思わないといけないか。

A3.西新宿副都心

西新宿副都心

この設問は先の2問に比べると、楽勝だったのでは。

正解は西新宿副都心。

高層ビルや都庁が群立する副都心に通ずる地下通路が見え、これがヒントになったことだろう。

以前のFJ時事新聞ニッポンニュースでも触れたが、元々この地は西新宿とは言わず、角筈や十二社と名乗る風光明媚な地だった。

広大な土地だったため、1898年(明治31年)に淀橋浄水場が造られ、1965年(昭和40年)まで利用された。

白黒写真は、淀橋浄水場跡地の再開発真っ最中のものだ。

新宿駅(東口)の今昔

新宿駅(東口)の今昔

虎ノ門の今昔

虎ノ門の今昔

西新宿副都心の今昔

西新宿副都心の今昔

今後も気になる昔の東京の街の写真や浮世絵、錦絵、木版画を見つけたら、取り上げてみたい。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-2-16 4:56

跟贴 0

寒空でも映える芝・増上寺の満開櫻(東京都港区)【連載:アキラの着目】

寒空でも映える芝・増上寺の満開櫻(東京都港区)【連載:アキラの着目】

2年前

一昨日の時点では、靖国神社の櫻が五分咲きとのことで、まだ満開までには数日かかるなと思いきや、なんと翌日には東京の櫻は満開との発表があり、うれしいけれどもやや戸惑いを隠せない東京都民。

櫻満開ですっかり気候も春陽気だとはしゃいでいたら、昨日今日と東京は肌寒い冬に逆戻りで、なんとも安心できない季節だ。

しかし、満開の櫻が蕾に逆戻りすることは決してありえず、撮影するなら今のうちということで、寒空の中、芝・増上寺に繰り出してみた。

以前のニッポンニュース(2017年09月21日「東京タワーとのコントラストが面白い! ~芝・増上寺(東京都港区)~【連載:アキラの着目】」)でも取り上げた増上寺だが、満開の櫻目当てで訪れる人が内外問わずそこそこいた。

やはり増上寺といえば、バックに聳え立つ東京タワーとのコントラストを撮影しないわけにはいかない。

ありきたりの撮影ポイントと言ってしまえば、確かにその通りなのだが、でもやはりこの位置からの撮影は必須だろう。

ということで撮影した写真が↓。
芝 増上寺三解脱門東京タワーとのコントラストが面白い、櫻満開の芝 増上寺芝 増上寺の境内に咲いている満開の櫻

寒空でも映える芝・増上寺の満開櫻と、東京タワー。

でもやはり青空の方が、さらに増上寺の満開櫻は映えたかもしれない。

ちなみに増上寺の歴史は古く、約600年前からこの地にある。

徳川家康が入府した頃にはすでに増上寺は存在したのだ。

家康が江戸城を改修する際に、今風に言うと、”風水のプロフェッショナル”である天海僧正に”都市計画”を任せ、江戸城の鬼門にあたる北東に浅草寺を、裏鬼門にあたる南西に目黒不動尊(瀧泉寺)を置いた。

その後、三代将軍・徳川家光の時に江戸の街の鬼門にあたる北東に寛永寺を置き、寛永寺-江戸城大手門の延長線上にある増上寺の境内に、祖父・家康公の寿像を祀る社殿「安国殿」を建立し、大権現・家康公の神力をもって江戸の守護と繁栄を願ったのだ。

なので、寛永寺-江戸城大手門-増上寺は見事に一直線上に並ぶのだ。
寛永寺-江戸城大手門-増上寺ライン

現在のような精密な測量技術やGPSによる位置情報の取得ができなかった昔に、よくぞまあ、ピッタリ一直線に3つとも並べたよね、と感心してしまう。

さらに余談だが、江戸を平和な街にするため、様々な風水の仕掛けをしていたようだ。

「ついで、江戸城、諏訪、東照宮(日光・久能山)の位置 - 古代日本史への情熱」から引用
「ついで、江戸城、諏訪、東照宮(日光・久能山)の位置 – 古代日本史への情熱」から引用

【関連サイト】
・ついで、江戸城、諏訪、東照宮(日光・久能山)の位置 – 古代日本史への情熱
https://blog.goo.ne.jp/go-hot-ai2395/e/6d0de9e480fc8e58459c4182c7e414e6

話がだいぶ横道に逸れてしまったが、増上寺にはこうした重要な役目が任されてきた寺院であり、訪れることでご利益があること間違いないだろうから、花見がてらでも訪れると良いだろう。

■大本山 増上寺
http://www.zojoji.or.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-3-30 4:56

跟贴 0

東京の様々な地名の由来 ~半蔵門(東京都千代田区)~【連載:アキラの着目】

東京の様々な地名の由来 ~半蔵門(東京都千代田区)~【連載:アキラの着目】

3年前

今回取り上げる「東京の様々な地名の由来」は、半蔵門だ。

半蔵門は江戸城の城門の1つで、服部正成(通称・服部半蔵)がこの周辺の警護を任されていたことから、半蔵門の名が付いたといわれている。

服部正成(通称・服部半蔵)
服部正成(通称・服部半蔵)

現在では、江戸城門の半蔵門及び東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」周辺のエリアを半蔵門と総称するが、正式な番地としての地名では半蔵門は使われていない。

城門としての半蔵門は、皇居への出入口として機能し、江戸時代では徳川将軍の住まいであった江戸城の搦手門(からめてもん)として機能していた。

余談だが、搦手門についてよくわからない人のために簡単に説明すると、搦手門とは、早い話が出口、退却口として機能する門のことをいう。

城郭には必ず入口としての大手門、それに対して出口としての搦手門、というようになっているのだ。

万が一、攻められやすい低地側、つまり大手門や桜田門辺りから徳川将軍のいる江戸城が敵に攻撃され、防戦一方になった場合は、この搦手門である半蔵門から脱出するわけだ。

なので現在、半蔵門から西に真っ直ぐに延びている新宿通り、すなわち甲州街道は元々非常時の脱出路として整備されたのだ。

非常時の将軍の脱出路・甲州街道

甲州(現在の山梨県甲府市)には、幕府の天領(=直轄地)があることから、非常時に甲州を目指すというのはそういうことなのだ。

そして半蔵門から四谷までの甲州街道沿いには、前述した元・伊賀忍者の服部半蔵及びその部下たちが常駐しており、非常時は「捨て奸(すてがまり)」で敵を退けることになっていた。

元・伊賀忍者の服部半蔵及びその部下たちが常駐していた組屋敷

因みに「捨て奸」とは、関ヶ原合戦の退却の際に敵中突破の手段として、薩摩の島津義弘が用いた戦法だ。

それは具体的にいうと、隊の最も後ろの兵の中から小部隊をその場に留まらせ、追ってくる敵軍に対し死ぬまで戦い、足止めする戦法だ。

捨て奸(すてがまり)
捨て奸(すてがまり)

その小部隊が全滅すると、また新しい足止め隊を退路に残して留まらせ、これを繰り返して時間稼ぎをしている間に本隊を逃げ切らせるのだ。

話が横道にそれてしまったが、以上をまとめると、万が一の非常時に、徳川将軍を江戸城から脱出させるための城門や街道があり、脱出をサポートするための元・伊賀忍者である服部半蔵とその部下がこの地に常駐していたから、その城門をいつしか半蔵門と呼ぶようになったということ、そして現代では、その江戸城の城門である半蔵門の周辺エリアをひっくるめて半蔵門と呼んでいることだ。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-10-24 4:44

跟贴 0

東京の様々な地名の由来 ~赤坂見附~【連載:アキラの着目】

東京の様々な地名の由来 ~赤坂見附~【連載:アキラの着目】

4年前

東京の地名の由来に関する記事の第2弾だ。

今回は赤坂見附を取り上げる。

赤坂見附を直訳すると…

国会議事堂や政党がある永田町とは乗換駅として繋がっている赤坂見附。

赤坂見附の西側エリアは、赤坂の歓楽街があり、前述した永田町とは対照的だ。

赤坂TBS前
赤坂TBS前

その赤坂を隣に従えている赤坂見附だが、赤坂見附を”直訳”すると、「赤坂の見張り所」という意味になる。

「見附」は、街道や交通の要所に配置された見張り所で、徳川将軍のいる江戸城には、見附がこの赤坂見附を含めて36ヵ所あり、「江戸三十六見附」と称された。

赤坂見附石垣
赤坂見附石垣赤坂見附城門石垣

赤坂見附は城郭考古学的にいうと「枡形虎口」

”見張り所”である赤坂見附は、城郭考古学的にいうと「枡形虎口」(ますがたこぐち)という部類の城門になる。

「枡形虎口」とは、酒を飲む枡のような四角形をしている部分を持った虎口(出入口)という意味で、必ず入口と出口を繋ぐ進路を直角に折り曲げる構造になっている。

なぜ直角に折り曲げているのかというと、理由は2つある。

1つは、入口と出口の進路が一直線だと、敵の侵入をたやすくさせてしまい、勢いが乗った状態で突破されてしまうから、敵の勢いを削ぐために直角に折り曲げている。

もう1つは、入口と出口の進路を直角に折り曲げることで、味方の攻撃を前方と側面の2方面からできるようになるからだ。

赤坂見附 構造図

そのうえこの赤坂見附は、枡形を石垣で組み、入口部分に高麗門を配しており、かなり頑丈な構造だった。

というのも、この見附を突破されたら、江戸城の外堀の内側エリアに侵入されることになるから、鉄壁な造りにしていたのだ。

昔の写真を見ると、当然のことながら、高麗門を支える右側にも石垣があるが、現在は左側部分の石垣しか遺っていない。

明治初期の赤坂見附御門
明治初期の赤坂見附御門

しかし、他の江戸城の見附・城門に比べれば、石垣がかなり遺されている方だ。

現在の赤坂見附

清水谷や紀尾井町方面に行く際に渡る弁慶橋からでも赤坂見附は望めるので、永田町・赤坂見附界隈に出向いた際は、赤坂見附の石垣を見るとよいだろう。

弁慶橋から望む赤坂見附石垣

地下鉄路線図

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-10-14 4:46

跟贴 0

FJ時事新聞オススメ!東京観光スポット【連載:アキラの着目】

FJ時事新聞オススメ!東京観光スポット【連載:アキラの着目】

4年前

様々なガイドブックが東京の観光スポットを紹介しているが、どのガイドブックも似たり寄ったりのスポットばかり。

FJ時事新聞では、そんなに有名ではない観光スポットを紹介してみたい。

1.皇居東御苑

FJ時事新聞が最もオススメする東京観光スポットは、皇居東御苑だ。

皇居の隣にありながら、無料で入園できる庭園で、大都会・東京のど真ん中なのに、広大な敷地による開放感が満喫できる。

皇居東御苑

元々この皇居東御苑は何かといったら、江戸城の本丸だった。

本丸とは、徳川将軍の住まいである本丸御殿や、「忠臣蔵」の発端となった「松の廊下」、天守があった城の中核のことをいうのだが、実際に皇居東御苑に足を踏み入れてみると、前述の江戸城天守を支えていた天守台を観ることができる。

江戸城の天守は、残念ながら明暦の大火(1657年)により焼失してしまい、その後再建することはなかったが、往時の天守を想像するには十分すぎるくらいの大きな石垣が遺っている。

皇居東御苑 江戸城天守石垣

また、木々や芝生といった適度な自然があり、まさに「都会のオアシス」という言葉がふさわしいスポットだ。

■宮内庁ホームページ 皇居東御苑の略図
http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/gyoen-map.html

2.新宿副都心・都庁展望室

東京を上から眺望するとなると、やはり東京スカイツリーや、定番の東京タワーに足を運ぶことになるかと。

しかし、これらのスポットは有料だし、人気が殺到し、混雑している。

そんな場所には飽き飽きしているという人には、新宿副都心・都庁展望室をオススメする。

新宿副都心 都庁展望室からの眺め

何が良いかといったら、比較的空いてるし、無料で地上202mの高さから眺望できることだ。

北東方面を望めば、ライバル(!?)の東京スカイツリーが見え、南東方面を望めば、これまたライバル(!?)の東京タワーが見える。

もちろん富士山も観ることができ、方角は西方面だ。

あと、都庁展望室にはちょっとした飲食店や物販店もあり、お茶を飲んだり、東京みやげを買うこともでき、穴場のスポットだ。

■東京都財務局 展望室のご利用案内
http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/tenbou/

3.竹芝桟橋

3番目が竹芝桟橋。

「え、竹芝桟橋って船に乗る所なんじゃないの?」と思う人は多いはず。

確かにその通りなのだが、船に乗らなくてもそこそこ楽しめるスポットなのだ。

船乗り場とは別に、「ボードウォーク」というオーシャンビューの散策デッキがあり、陽が沈む頃になると、なんともムーディーなナイトスポットに変身する。

竹芝桟橋 ボードウォーク

もちろん日中に散策しても、颯爽とした汐風が頬を撫でつけて、ここが東京ということを忘れてしまうくらいだ。

向かいのお台場や、今「流行り」の豊洲新市場も眺望でき、意外と時間を潰せるのもいい。

客船ターミナル内には、喫茶・特産品販売所「愛らんど」があり、伊豆諸島名産・くさやの真空パック詰めや、これまた名産品・明日葉の加工品といった珍しいみやげも買えるのでオススメだ。

竹芝桟橋 客船ターミナル内

アクセスは、ゆりかもめ・竹芝駅からすぐ、浜松町駅からでも一直線で徒歩約8分なので、行きやすいスポットだ。

■東京港 客船ターミナル 待合所のご案内
http://www.tptc.co.jp/terminal/guide/takeshiba/waiting#waiting information

2017-8-21 13:32

跟贴 0