過去に展示された遺品等も写真で閲覧可能、石原裕次郎オンライン記念館【連載:アキラの着目】

過去に展示された遺品等も写真で閲覧可能、石原裕次郎オンライン記念館【連載:アキラの着目】

2週間前

緊急事態宣言を解除した途端、案の定、新型コロナウイルス感染者が増加し、毎日うんざりするニュースが続く中、去る4月1日に明るいニュースが飛び込んだ。

それが「石原裕次郎オンライン記念館」(https://yujiro-kinen-kan.com/)のオープンだ。

石原裕次郎オンライン記念館から引用
石原裕次郎オンライン記念館から引用

リアルな石原裕次郎記念館(北海道小樽市)は2017年8月31日をもって閉館し、石原裕次郎記念館のあった場所は跡形もなく更地となっているが、WEB上では新しく開館したのだ。

当初、石原裕次郎記念館閉館後は、全国各地に出向きながら石原裕次郎記念館の展示物を観てもらう予定だったが、社会情勢の変化により全国に出向くことができなくなった。

そのため、それら石原裕次郎記念館の展示物や、以前開催された全国縦断「石原裕次郎の軌跡」展で展示した所蔵品の中から厳選した写真や映像をオンライン上で株式会社石原音楽出版社が発信することになったわけだ。

ゆえに、石原裕次郎オンライン記念館は現時点における最善の展示方法なのだ。

もちろん、今後、社会情勢の変化に伴い、全国各地に出向き、石原裕次郎さんの遺品等を展示することも視野に入れているとのこと。

さて、石原裕次郎オンライン記念館における肝心のコンテンツだが、メインは「ディスコグラフィ」、「フィルモグラフィ」、「ギャラリー」、「動画」、「オンラインショップ」の5つ。

「ディスコグラフィ」は、石原裕次郎さんが生前にリリースされた曲をリストアップし、可能な限りそのレコード・ジャケットを掲載している。

「フィルモグラフィ」は、年代順に分類された映画出演リストと、その映画のポスター画像を掲載。

「ギャラリー」は、かつての石原裕次郎記念館で展示されていた遺品等を撮影した写真で、観ると石原裕次郎記念館に行けなかったファンでも行った気になる。

「動画」は、YouTubeにもアップロード済みの動画ではあるが、記念館説明映像から始まり、石原裕次郎さんの出演された映画『狂った果実』等の予告編、テレビドラマ『大都会』・『西部警察』の予告編・ダイジェスト版、歌手としても活躍された映像、CM出演映像を掲載している。

石原裕次郎オンライン記念館「動画」コンテンツから引用
石原裕次郎オンライン記念館「動画」コンテンツから引用

石原裕次郎オンライン記念館「動画」コンテンツから引用
石原裕次郎オンライン記念館「動画」コンテンツから引用

「オンラインショップ」は、石原裕次郎さんのDVDや書籍をリリースしている映像会社や出版社のオンラインショップへのリンク集。

石原裕次郎さんにまつわる小物やDVD、CD、書籍、等々を購入することが可能だ。

筆者の親世代が夢中になった大スターの石原裕次郎さんだが、たまたま何かの折に『西部警察』を観たら、迫力満点のカーアクションや豪快な爆破シーン、個性豊かな俳優陣に圧倒され、それ以降、石原裕次郎さん及び石原軍団(渡哲也さん、舘ひろしさん、苅谷俊介さん、他)に注目するようになった次第だ。

筆者ですら夢中になったのだから、他の方々も夢中になれるはず。

まずは手始めに石原裕次郎オンライン記念館にアクセスすべし!

■石原裕次郎オンライン記念館
https://yujiro-kinen-kan.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-4-6 4:56

跟贴 0

石原プロモーション解散、58年の歴史に終止符、商号返還式に所属俳優&スタッフ集結【連載:アキラの着目】

石原プロモーション解散、58年の歴史に終止符、商号返還式に所属俳優&スタッフ集結【連載:アキラの着目】

3か月前

国民的スター、石原裕次郎さん(享年52歳)が設立した石原プロモーション(東京都調布市)が1月16日に解散し、58年に渡る芸能マネジメントの歴史に終止符を打った。

石原プロモーション本社では、舘ひろしさん(70歳)、徳重聡さん(42歳)、池田努さん(42歳)、増本尚さん(21歳)の石原プロモーション所属の俳優陣と、昨年亡くなった渡哲也さん(享年78歳)の遺影に見守られ、石原プロモーションの商号返還式が執り行われた。

石原プロモーション公式サイトから引用
石原プロモーション公式サイトから引用

その後、石原プロモーションの商号看板は、石原プロモーション本社から渡哲也さんの自宅での仏前報告を経て、東京都世田谷区成城にある石原裕次郎邸のまき子夫人(87歳)のもとに届けられた。

まき子夫人は落ち着いた様子で「来る時が来ましたね」と看板を受け取り、自宅の祭壇に看板を供え「今後は名誉会長として、命ある限り裕次郎を守っていきます」とコメントした。

石原プロモーションは1月いっぱいで、東京都調布市にある事務所を同市内の別の建物に移転し、2月から石原裕次郎さんの音楽や映像・肖像権を管理する株式会社石原音楽出版社と、同じく石原裕次郎さんの遺品等を管理する一般社団法人ISHIHARAに業務を限定するとのことで、前述の通り、まき子夫人は名誉会長として両社を取り仕切ってゆく。

なお、1973年から石原プロモーションに48年所属した神田正輝さん(70歳)は、この日、テレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」(土曜8:00~)の生放送に出演していたため、やむをえず解散式及び商号返還式には出席できなかった。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-1-17 4:56

跟贴 0