石原プロモーション解散、58年の歴史に終止符、商号返還式に所属俳優&スタッフ集結【連載:アキラの着目】

石原プロモーション解散、58年の歴史に終止符、商号返還式に所属俳優&スタッフ集結【連載:アキラの着目】

2か月前

国民的スター、石原裕次郎さん(享年52歳)が設立した石原プロモーション(東京都調布市)が1月16日に解散し、58年に渡る芸能マネジメントの歴史に終止符を打った。

石原プロモーション本社では、舘ひろしさん(70歳)、徳重聡さん(42歳)、池田努さん(42歳)、増本尚さん(21歳)の石原プロモーション所属の俳優陣と、昨年亡くなった渡哲也さん(享年78歳)の遺影に見守られ、石原プロモーションの商号返還式が執り行われた。

石原プロモーション公式サイトから引用
石原プロモーション公式サイトから引用

その後、石原プロモーションの商号看板は、石原プロモーション本社から渡哲也さんの自宅での仏前報告を経て、東京都世田谷区成城にある石原裕次郎邸のまき子夫人(87歳)のもとに届けられた。

まき子夫人は落ち着いた様子で「来る時が来ましたね」と看板を受け取り、自宅の祭壇に看板を供え「今後は名誉会長として、命ある限り裕次郎を守っていきます」とコメントした。

石原プロモーションは1月いっぱいで、東京都調布市にある事務所を同市内の別の建物に移転し、2月から石原裕次郎さんの音楽や映像・肖像権を管理する株式会社石原音楽出版社と、同じく石原裕次郎さんの遺品等を管理する一般社団法人ISHIHARAに業務を限定するとのことで、前述の通り、まき子夫人は名誉会長として両社を取り仕切ってゆく。

なお、1973年から石原プロモーションに48年所属した神田正輝さん(70歳)は、この日、テレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」(土曜8:00~)の生放送に出演していたため、やむをえず解散式及び商号返還式には出席できなかった。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-1-17 4:56

跟贴 0

東京都調布市仙川でエストニアを体験!旅するエストニアまつり【連載:アキラの着目】

東京都調布市仙川でエストニアを体験!旅するエストニアまつり【連載:アキラの着目】

1年前

2020年4月17日(金)~20日(月)、京王線仙川駅徒歩3分の場所(東京都調布市)で「旅するエストニアまつり」が初めて開催される。
旅するエストニアまつり

旅するエストニアまつり 旅するエストニアまつり 公式Twitterから引用
旅するエストニアまつり
旅するエストニアまつり 公式Twitterから引用

「え、エストニアってどこにあるんだっけ?」

そんなふうに思う人も中にはいるはず。

エストニアは人口136万人で、「バルト三国」の中で最も北側に位置している国だ。

ちなみに「バルト三国」といったら、エストニア、ラトビア、リトアニアなので、覚えておくように。

バルト三国は自然豊かで観光地として有名だが、「旅するエストニアまつり」は「エストニアを旅するように体験できる」をテーマに据えており、それを満喫できるようなステージ、ワークショップが目白押しだ。

「魅力溢れるエストニアの旅」と題したトークイベントは、4月17日(金)19:50~で、エストニア政府観光局がエストニアの魅力について語る。

無料(ワンドリンクオーダー制)のイベントなので、仕事終わりにエストニアの雰囲気を味わい行くのもよいだろう。

4月18日(土)、19日(日)にはエストニアのタリンから来日したアリサ先生によるエストニア語講座もある。

他には、エストニアの葦を使って作る「ヒンメリ」のワークショップも開かれ、まるでエストニアにいるような気分に浸れる。

伝統的装飾品「ヒンメリ」 旅するエストニアまつり Facebookから引用
伝統的装飾品「ヒンメリ」
旅するエストニアまつり Facebookから引用

これらのステージやワークショップの予約については、今後公式TwitterやFacebook等で告知されるので、気になる人はアクセスしてみよう。

【旅するエストニアまつり】

・開催場所:京王線仙川駅徒歩3分(東京都調布市)
・後援:駐日エストニア大使館
・主催:旅するエストニアまつり実行委員会

■旅するエストニアまつり Facebook
https://www.facebook.com/tabisuruestonia/

■旅するエストニアまつり 公式Twitter @tabisuruestonia
https://twitter.com/tabisuruestonia

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-2-19 4:56

跟贴 0