124年ぶりに節分の日が2月2日、立春が2月3日に【連載:アキラの着目】

124年ぶりに節分の日が2月2日、立春が2月3日に【連載:アキラの着目】

3か月前

明治になってから採用し、以降現在まで新暦を正式な暦としている日本。

明日2月2日(火)は節分で、その翌日2月3日(水)は立春だ。

通常、節分といえば2月3日で、立春といえば2月4日と相場が決まっているのだが、今年2021年に限っては通年よりも1日前倒しなのだ。

なぜこうなるのか?

1年間を「二十四節気」に当てはめた定期的運用を行なうと、徐々に誤差が生じるようになり、時期のズレが出てくるのだ。

そのため、閏年のような微調整が必要となり、2021年の節分&立春については1日早くすることになったのだ。

今年のような通年よりも1日早い節分&立春は、いつ以来なのかというと、1897年(明治30年)の2月2日以来、すなわち124年ぶりとのこと。

めったに遭遇することのない「1日早い節分&立春」をありがたく思いながら、明日・明後日を過ごすのも悪くはないだろう。

ちなみに、節分の日にその年の恵方に向かって豪快にかぶりついて食べる恵方巻が今や全国的な広がりをみせ、関西だけのものではなくなってしまった。

当然のことながら恵方巻にも基本形があるのだろうが、佛教の良さを伝えることを使命とするFJ時事新聞としては、殺生を避けるためにも、肉・魚を一切使わぬ野菜を中心とした恵方巻を食すことを推奨する。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-2-1 4:56

跟贴 0