ここは一体東京のどこ?~Part3~【連載:アキラの着目】

ここは一体東京のどこ?~Part3~【連載:アキラの着目】

1 年前

昔の東京の街に関する写真や絵を見て、それがどこなのかをあてるシリーズの第3弾だ。

では早速問題へ。

Q1.ここは東京のどこなのか?

Q2.ここは東京のどこなのか?

Q3.ここは東京のどこなのか?

おわかりになったであろうか。

では順番に正解を発表する。

A1.湯島聖堂脇の坂道

湯島聖堂脇の坂道

さきほどの絵は、明治時代の画家・小林清親の東京名所図「湯島元聖堂」(1879年)だ。

昔のままの壁があり、向こう側に降りる坂が見受けられることから、左側の壁の中は湯島聖堂とわかる。

A2.高輪付近

高輪付近

さきほどの絵は、同じく小林清親の東京名所図「高輪半町朧月景」(1879年)だ。

日本最初の鉄道・新橋-桜木町間の敷設計画では地元の大反対にあい、現在の港区海側における鉄道用地の収用ができなかった。

そこで陸がダメならば、海に陸を築き、そこに鉄道を通せばいい、ということで、絵のように鉄道は海上を走る格好となった。

現在この地は、リニア新幹線の東京始発駅として決定し、絵のような朧月をじっくり観賞できるような風情とは無関係の地になってしまった。

A3.愛宕山山頂(愛宕神社)

愛宕山山頂(愛宕神社)

さきほどの絵は、明治時代前期の浮世絵師・版画家である井上安治の東京名所絵「東京真画名所図解 愛宕山」(1881-1889)だ。

高層建築がない時代において、東京都心部で最も高い場所が、愛宕神社のある愛宕山(標高25.7m)で絶景スポットだったのだ。

以前のニッポンニュース(「東京23区内の最高峰・愛宕山(東京都港区)に登ってみよう! 【連載:アキラの着目】」)でも取り上げたので、覚えていれば、この第3問は簡単だったかもしれない。

では最後に恒例の今昔対比でおさらいを。

湯島聖堂脇の坂道

湯島聖堂脇坂道の今昔対比

高輪付近

高輪付近の今昔対比

愛宕山山頂(愛宕神社)

愛宕山山頂(愛宕神社)の今昔対比

今後も気になる東京の街の浮世絵や錦絵、昔の写真を見つけたら、取り上げてみたい。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-9-15 4:52

跟贴 0

東京23区内の最高峰・愛宕山(東京都港区)に登ってみよう! 【連載:アキラの着目】

東京23区内の最高峰・愛宕山(東京都港区)に登ってみよう! 【連載:アキラの着目】

2 年前

天然の山としては東京23区内で最高峰(標高25.7m)の愛宕山。

頂上に愛宕神社もある愛宕山は、高層建造物がなかった昔、景観の素晴らしいスポットの1つとして有名だった。

東都芝愛宕山遠望品川海図
東都芝愛宕山遠望品川海図

平成の現在でも愛宕山は相変わらず人気があり、それを愛宕神社は自覚し、認識したのか、愛宕神社の鳥居が真紅に塗り替えられた(下の写真参照)。

愛宕神社鳥居 2009年・2017年
愛宕神社鳥居 2009年(左)・2017年(右)

まず鳥居を潜りたいが、その前に右手にある「あたご小西」でジェラートを食べてから登るのもありだ。

あたご小西
あたご小西

この「あたご小西」は創業寛永18年(1641年)の老舗酒店で、酒屋「小西」の頃の写真も残っている。

明治4年(1872年)頃の小西酒店(右側の建物 現・あたご小西)
明治4年(1872年)頃の小西酒店(右側の建物 現・あたご小西)

いざ、鳥居を潜って男坂の階段を登ってみよう!

愛宕神社の鳥居と男坂の石段

いきなりの急傾斜でビビってしまった人は、右側にある緩やかな女坂から登ることをおすすめする。愛宕神社の男坂の石段と女坂

筆者は極度の高所恐怖症なので、最悪躓いたりした場合、すぐに手摺に掴まれるように、左際を一歩一歩踏みしめて、確実に登った。

こんな筆者でも、十数年前にこの近辺で勤めていた頃は、まだ今よりも僅かながら慣れていたので、頻繁にこの愛宕神社の男坂を、あたご小西のカップ・ジェラートを食べながら登ったりしていたものだ。

しかし今はそんな芸当はとてもじゃないができなくなった。

今登ってきた男坂の階段を上から振り返ると、やはり東京23区内最高峰の天然山であることがあらためてわかる。

愛宕神社 男坂の石段

蛇足ながら、こちらの写真は幕末にフェリーチェ・ベアトが上の写真とほぼ同じ場所から撮影したものだ。

フェリーチェ・ベアトが愛宕山から撮影した幕末期の江戸の町
フェリーチェ・ベアトが愛宕山から撮影した幕末期の江戸の町

せっかく愛宕山に登ってきたのだから、愛宕神社でお参りしよう!

まずは龍の口から吐かれる水で、手と口を濯ぎ、清める。

愛宕神社 手水舎

それが終わったら、真っ直ぐに進み、愛宕神社の本堂へと向かい、二礼二拍手をしてから拝もう。

愛宕神社

もちろん、お賽銭を賽銭箱に入れることと、自分がどこから参ったのか、住所を神様に伝えることを忘れずに。

愛宕神社境内には、小さいながらも池があり、筆者が行った時はたまたまカップルが池の鯉にえさをぶち撒けていた。

愛宕神社境内の池

ピラニアまでの獰猛さはないが、我こそ先へと餌に食い付く鯉を観ることができた。

愛宕神社境内 池の鯉

この愛宕神社は、境内で目にする「葵の御紋」が証明するように、徳川家と縁のある神社だ。

江戸の防火のために徳川家康の命で祀られた神社で、「天下取りの神」、「勝利の神」としても知られ、近年では「出世の石段」があることから、「立身出世」の目的で参拝に来る人も多い。

因みに「出世の石段」とは前述の男坂の急な階段をいう。

寛永11年1月28日(1634年2月25日)、徳川秀忠三回忌で増上寺参拝後の帰途、徳川家光が愛宕山山頂で咲いていた梅を見つけ、「梅の枝を馬で取ってくる者はいないか」と言ったところ、讃岐丸亀藩家臣の曲垣平九郎(まがきへいくろう)が馬に乗ったままで見事に男坂の石段を駆け上がり、梅の枝を取ってきた。

この、男として名を挙げたエピソードから男坂の急階段を「出世の石段」というようになったのだとか。

実は、このエピソードに登場する曲垣平九郎には、誰でもなれる。

というのも、愛宕山頂上に曲垣平九郎の顔ハメパネルがあるからだ。

曲垣平九郎の顔ハメパネル

厳密に言うと、曲垣平九郎と彼の乗る馬になれるといった方が正しい。

この他にも、「江戸城無血開城会談の地」であったといわれていることから、勝海舟さんと西郷どんの顔ハメパネルも設置されている。

勝海舟さんと西郷どんの顔ハメパネル

どの顔に貴殿の顔をハメるかは、後々まで写真で残るから、しっかり考えよう。

一通り愛宕山及び愛宕神社境内を散策したら、後は下山するのみだが、男坂から登った人は、女坂で下山すると同じ道を通らず、異なる風景を観ることができるから、大抵の人はそうすることが多い。

愛宕神社 女坂

でも、筆者のおすすめは、あえて女坂で下りずに、裏ルートから下りることを提案する。

愛宕神社裏手に回ると、カーブミラーが出てくる所があるのだが、その左手に「地下鉄 神谷町駅方面」と小さく書かれた看板があるので、そこから下りてゆく。

「地下鉄 神谷町駅方面」の看板がある裏ルート

滝壺に向かうような、クネクネと小刻みに曲がる階段を下りながら、愛宕山の高低差や裏斜面を堪能するのが愉しい。

愛宕山 裏ルート

途中でスイッチバックの如く、180度方向転換する階段をそのまま下りると、愛宕トンネル(昭和5年・1930年完成)脇に出て、”愛宕山ハイキング・コース”はここでお終いだ。

愛宕山 裏ルート
愛宕山 裏ルート 愛宕トンネル

裏ルートを下りずに、NHK放送博物館の方へと歩き、隣の青松寺へと繋がるルートも探検気分に浸れるから、このルートもおすすめだ。

貴殿も愛宕山に登ってみよう!

■愛宕神社
http://www.atago-jinja.com/

■あたご小西
http://atagokonishi.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-10-29 4:45

跟贴 0