168cm・98kgの炎鵬、身長差14cm・体重差66kgの天空海につり落としで勝つ【連載:アキラの着目】

168cm・98kgの炎鵬、身長差14cm・体重差66kgの天空海につり落としで勝つ【連載:アキラの着目】

3週間前


大相撲春場所9日目(22日、東京・両国国技館)、東十両4枚目・炎鵬(26歳・宮城野部屋)が、西十両筆頭・天空海(あくあ・30歳・立浪部屋)につり落としで勝ち、7勝目を挙げた。

身長168cm・関取最軽量98キロの業師である炎鵬が、身長差14cm・体重差66kgの天空海を持ち上げ、土俵に落とした光景は、かつての舞の海を思い起こさせる。

実際、今場所における十両の土俵でのつり落としは、1997年春場所での舞の海以来とのこと。

立ち合いで右に飛んだ天空海の懐に入るも、地面スレスレに顔が下った炎鵬。

この時は炎鵬本人はヤバイと思ったそうだ。

しかし、左手で深く天空海のまわしを取りつつ右手で足をすくうと、164kgの天空海は宙に浮かび、直後に土俵に叩きつけられた格好となった。

■炎鵬が吊った!炎鵬ー天空海令和三年三月場所九日目

取組後、炎鵬自身が驚きを隠せなかった。

それもそのはず、つり落としは稽古ですら1回も使ったことのない技だったからだ。

天空海に勝ったことで連敗を脱出、2敗を堅持し、優勝争いで単独首位に立った。

このまま勝ち星を重ね、5場所ぶりの勝ち越しと再入幕を目指す。

残りの6日間も炎鵬から目が離せない。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-3-23 4:56

跟贴 0