大谷資料館との調和を図る自動販売機(栃木県宇都宮市)【連載:アキラの着目】

大谷資料館との調和を図る自動販売機(栃木県宇都宮市)【連載:アキラの着目】

1 年前

大谷資料館入口付近の自動販売機 栃ナビ! @tochinavitotoから引用柔らかく加工がしやすいことから、古くから外壁や土蔵等の建材として使用されてきた軽石凝灰岩の大谷石(おおやいし)。

栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘されることから、その地名から大谷石と名付けられた。

かつての大谷石採掘現場は、大谷資料館へと変貌を遂げ、内外から多くの観光客が詰めかける人気スポットに。

地下30mにあり、野球場が1つ入ってしまう程の巨大な地下空間である「大谷石地下採掘場跡」は、古代ローマ遺跡を彷彿とさせる壮観かつ幻想的な雰囲気を醸し出している。

大谷資料館 - 大谷石の歴史と巨大地下空間 から引用
大谷資料館 – 大谷石の歴史と巨大地下空間 から引用

この巨大地下空間は、時折コンサートや美術展等も開かれるイベントスペースとしても注目を集めているのだ。

地域をあげて、この大谷資料館を盛りたて、雰囲気や環境創りをしているだけあって、大谷資料館の入口付近の自動販売機にも注目が集まっている。

それというのも、この自動販売機、パッと見が大谷石で造られたかのような外観だからなのだ。

■栃ナビ! @tochinavitoto
大谷石
大谷資料館入口付近の自動販売機 栃ナビ! @tochinavitotoから引用

もちろん、大谷石で造られているわけではなく、大谷石の柄をプリントしたパネルを外観に貼り込んだ自動販売機だ。

こうした自動販売機の外観にも配慮することで、自動販売機の存在自体を目立たぬようにぼかし、大谷資料館の大谷石に溶け込むように調和を図っているのだ。

最近では、大谷資料館とこの自動販売機の両方を観るために訪れる観光客もいるのだとか。

大谷石の外観ディテールにこだわった大谷資料館の入口付近の自動販売機、貴方も観てみては?

【大谷資料館 詳細】

・所在地:〒321-0345 栃木県宇都宮市大谷町909(カーナビでは必ず電話番号か施設名「オオヤシリョウカン」で検索)
・問い合わせ:TEL. 028-652-1232 FAX.028-652-0010
・営業時間:4月~11月 9:00~17:00(最終入館16:30まで)、12月~3月 9:30~16:30(最終入館16:00まで)
・休館日:4月~11月無休、12月~3月毎週火曜日休館(火曜日祭日の場合翌日休館)、年末・年始 12月26日~1月1日休館 ※臨時休館あり、要電話確認
・料金:大人 800円、子供 400円(小・中学生)、未就学児童 無料、身障者手帳提示で団体料金同額 ※団体=20名以上、大人 700円、子供 350円(小・中学生)
・アクセス:自動車
      東北自動車道「鹿沼IC」車約20分(13km)、「宇都宮IC」車約12分(8km)、北関東自動車道「宇都宮IC」または「上三川IC」車約40分(20km)、「壬生IC」車約30分(18km)
      路線バス
      JR宇都宮駅西口6番乗場「大谷・立岩行き」約30分、東武宇都宮駅は「東武駅前」バス停で「大谷・立岩行き」約20分、いずれも「資料館入口」下車徒歩約5分
      バス時刻はこちら http://tinyw.in/XQbh
・その他:車椅子、ベビーカー、手押し車等での入館不可、歩行困難な訪問者の地下坑内への案内は平日限定で入坑可能日のみ(要事前予約、入館料 + 別途料金、詳細問合せ)、ペット同伴の入館不可(ケージ・バック等に入れても不可)

■大谷資料館 – 大谷石の歴史と巨大地下空間
http://www.oya909.co.jp/

2019-8-4 4:56

跟贴 0