伊豆諸島へのアクセスと穴場の展望台がウリの調布飛行場【連載:アキラの着目】

伊豆諸島へのアクセスと穴場の展望台がウリの調布飛行場【連載:アキラの着目】

2年前

伊豆諸島へのアクセス手段として最もポピュラーなのが、竹芝桟橋から就航している船だ。

目的地までの所要時間がかかるものの、広々とした船内には売店やゲームセンター、浴場が完備され、天気が良ければデッキで日向ぼっこもできる開放感が他の乗り物とは全然異なる点だ。

しかし、「時は金なり」という格言があるように、時短移動をこよなく愛する人たちも世の中には存在する。

そういった人たちが伊豆諸島へのアクセス手段として利用しているのが、調布飛行場から離着陸する飛行機なのだ。

調布飛行場|東京都の離島・空港|東京都港湾局公式ホームページから引用

知っている人は知っているのだが、意外とこの調布飛行場の知名度はメジャー級ではない。

調布飛行場|東京都の離島・空港|東京都港湾局公式ホームページから引用

いや、むしろマイナー級だ。

それもそのはず、調布飛行場から伊豆諸島への就航は、最も古い調布飛行場~新島間でもたかだか40年。

調布飛行場~三宅島間ともなると、まだ15年しか経過していないのだ。

元々、調布飛行場は戦前に当時の東京府(現・東京都)が公共飛行場として開設したのが始まり。

その後、敗戦により米軍により接収されたが、昭和48年3月に調布飛行場地区全面返還により現在に至っている。

調布飛行場|東京都の離島・空港|東京都港湾局公式ホームページから引用

調布飛行場は利用客が少なく、前述のとおり知名度が低いため、混雑とは無縁の穴場スポットだ。

だからなのか、調布飛行場ターミナル内には総合案内所もないし、観光情報センターもないし、飲食店・物販店もない。

展望デッキはあるのだが、羽田空港や成田空港のような大型機が飛び立っては降りて、というような忙しさはないし、自撮りするのに赤の他人が一緒に映り込むような賑わしさもないから、ストレスフリーになれる。

調布飛行場展望デッキ 調布飛行場|東京都の離島・空港|東京都港湾局公式ホームページから引用

「Dornier 228-212 NG」という普段見慣れない小型機をじっくりと観ることができるので、せいぜい展望デッキにいるのはそれ目当ての飛行機マニアか、暇な近隣住民くらいのものだろう。

Dornier 228-212 NG

ありふれた言葉になるが、都会の喧騒を忘れたい人にはうってつけの穴場スポットといえるだろう。

【調布飛行場 詳細】

・所在地:東京都調布市西町290番3
・告示面積:389,546㎡
・着陸帯:920m×60m
・滑走路:800m×30m
・誘導路:92m×18m
・運用時間:平日8:30~17:00 日祭日10:00~17:00
・総合案内所:なし
・観光情報センター:なし
・ラウンジ:なし
・宅配便:なし
・手荷物預かり:なし
・車椅子貸出:なし
・レンタカー案内所:なし
・飲食店・物販店:なし
・喫煙所:あり
・展望デッキ:あり

調布飛行場へのアクセス 調布飛行場|東京都の離島・空港|東京都港湾局公式ホームページから引用

■調布飛行場|東京都の離島・空港|東京都港湾局公式ホームページ
https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/rito/tmg-airport/chofu/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-5-22 4:56

跟贴 0

FJ時事新聞オススメ!東京観光スポット【連載:アキラの着目】

FJ時事新聞オススメ!東京観光スポット【連載:アキラの着目】

4年前

様々なガイドブックが東京の観光スポットを紹介しているが、どのガイドブックも似たり寄ったりのスポットばかり。

FJ時事新聞では、そんなに有名ではない観光スポットを紹介してみたい。

1.皇居東御苑

FJ時事新聞が最もオススメする東京観光スポットは、皇居東御苑だ。

皇居の隣にありながら、無料で入園できる庭園で、大都会・東京のど真ん中なのに、広大な敷地による開放感が満喫できる。

皇居東御苑

元々この皇居東御苑は何かといったら、江戸城の本丸だった。

本丸とは、徳川将軍の住まいである本丸御殿や、「忠臣蔵」の発端となった「松の廊下」、天守があった城の中核のことをいうのだが、実際に皇居東御苑に足を踏み入れてみると、前述の江戸城天守を支えていた天守台を観ることができる。

江戸城の天守は、残念ながら明暦の大火(1657年)により焼失してしまい、その後再建することはなかったが、往時の天守を想像するには十分すぎるくらいの大きな石垣が遺っている。

皇居東御苑 江戸城天守石垣

また、木々や芝生といった適度な自然があり、まさに「都会のオアシス」という言葉がふさわしいスポットだ。

■宮内庁ホームページ 皇居東御苑の略図
http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/gyoen-map.html

2.新宿副都心・都庁展望室

東京を上から眺望するとなると、やはり東京スカイツリーや、定番の東京タワーに足を運ぶことになるかと。

しかし、これらのスポットは有料だし、人気が殺到し、混雑している。

そんな場所には飽き飽きしているという人には、新宿副都心・都庁展望室をオススメする。

新宿副都心 都庁展望室からの眺め

何が良いかといったら、比較的空いてるし、無料で地上202mの高さから眺望できることだ。

北東方面を望めば、ライバル(!?)の東京スカイツリーが見え、南東方面を望めば、これまたライバル(!?)の東京タワーが見える。

もちろん富士山も観ることができ、方角は西方面だ。

あと、都庁展望室にはちょっとした飲食店や物販店もあり、お茶を飲んだり、東京みやげを買うこともでき、穴場のスポットだ。

■東京都財務局 展望室のご利用案内
http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/tenbou/

3.竹芝桟橋

3番目が竹芝桟橋。

「え、竹芝桟橋って船に乗る所なんじゃないの?」と思う人は多いはず。

確かにその通りなのだが、船に乗らなくてもそこそこ楽しめるスポットなのだ。

船乗り場とは別に、「ボードウォーク」というオーシャンビューの散策デッキがあり、陽が沈む頃になると、なんともムーディーなナイトスポットに変身する。

竹芝桟橋 ボードウォーク

もちろん日中に散策しても、颯爽とした汐風が頬を撫でつけて、ここが東京ということを忘れてしまうくらいだ。

向かいのお台場や、今「流行り」の豊洲新市場も眺望でき、意外と時間を潰せるのもいい。

客船ターミナル内には、喫茶・特産品販売所「愛らんど」があり、伊豆諸島名産・くさやの真空パック詰めや、これまた名産品・明日葉の加工品といった珍しいみやげも買えるのでオススメだ。

竹芝桟橋 客船ターミナル内

アクセスは、ゆりかもめ・竹芝駅からすぐ、浜松町駅からでも一直線で徒歩約8分なので、行きやすいスポットだ。

■東京港 客船ターミナル 待合所のご案内
http://www.tptc.co.jp/terminal/guide/takeshiba/waiting#waiting information

2017-8-21 13:32

跟贴 0