「萌田のぷなが」の「もののぷ城」で武装メイド接待、戦国メイドカフェ&バーもののぷ【連載:アキラの着目】

「萌田のぷなが」の「もののぷ城」で武装メイド接待、戦国メイドカフェ&バーもののぷ【連載:アキラの着目】

2 個月前

メイドカフェがこの世に誕生してから、約20年。

この間にメイドカフェはさらなる進化を遂げ、忍者カフェ(2018年11月28日ニッポンニュース「美人くノ一がお相手、忍者カフェ『不忍(しのばず)』(東京都千代田区・秋葉原)【連載:アキラの着目】」)や、ムチぽちゃメイド喫茶(2019年04月17日ニッポンニュース「ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェ【連載:アキラの着目】」)、等々、ニッチでマニアックなメイドカフェが出現している。

そんな進化の最中、またまた風変わりなメイドカフェが人気を博している。

それが戦国メイドカフェ&バーもののぷだ。

戦国メイドカフェ&バーもののぷ 公式HPから引用

戦国メイドカフェ&バーもののぷ公式HPを見ると、筆者からすれば、信じられないことばかり明記されている(微笑)。

店内に足を踏み入れると、戦国乱世の時代にタイムスリップ!

実は店と思っていた所は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らを陰で操っていたといわれる武将「萌田のぷなが」(もだ のぷなが)の居城「もののぷ城」であるのだ(微笑)。

店内には、一見すると織田家の家紋「織田瓜」(おだうり)のような家紋があるようだが、中の切断面の形がハートマークになっており、実は”なんちゃって織田瓜”の家紋だ。

織田家の家紋「織田瓜」かと思いきや、なんちゃって織田瓜 戦国メイドカフェ&バーもののぷ公式HPから引用

こちらが織田家の家紋「織田瓜」

ゆえに、家紋が示すとおり織田信長ではなく、「萌田のぷなが」の居城なんだな、ということが嫌でもわかる。

その「もののぷ城」にて、人質の姫たちが「萌田のぷなが」の命により武装し、”上洛”する武将をもてなすわけだが、武将のランクによってもてなし方が変わる。

●初めての客
・上洛料:500両(500円)
・入城料:60分500両(500円)
・60分毎に1ドリンクオーダー

●2回目以降の客
・入城料
└足軽組頭:60分500両(500円)
└足軽大将:60分400両(400円)
└侍大将:60分300両(300円)
└家老:60分300両(200円)
└大名:60分300両(100円)
・60分毎に1ドリンクオーダー

※入城手形を持参すること
※入城手形割引は、1日1回、最初の60分の「帰城」に適用
※土日祝、メイドイベントデーは入城手形割引適用外

以上のシステムを見ればおわかりかと思うが、”上洛”と”入城”をすればするほど、足軽から侍大将、家老、大名へと出世し、料金が割引になるのだ。

戦国メイドカフェ&バーもののぷ店内 戦国メイドカフェ&バーもののぷ公式HPから引用

最後にイメージキャラの「萌田のぷなが」についてだが、「織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らを陰で操っていた」わりには鼻水を垂らした風貌で、武将としての風格がほぼゼロだし、名前が織田信長にエラい寄っているのも変だ。

右端の武将が「萌田のぷなが」 戦国メイドカフェ&バーもののぷ公式HPから引用

【戦国メイドカフェ&バーもののぷ 詳細】

・所在地:東京都千代田区外神田4-6-2 いすゞビル5F
・アクセス:JR各線「秋葉原」駅徒歩5分、東京メトロ銀座線「末広町」駅徒歩1分(ビル1Fは「中華そば日高屋」)※入口はビル裏
・電話番号:03-5296-9199
・営業日:【月~木】15:00~22:00 【金】15:00~23:00 【土】12:00~23:00 【日】12:00~22:00
・定休日:火曜(平日)
・席数:約30席
・設備/サービス:■喫煙席・禁煙席 ■喫煙所 ■金の茶室

■戦国メイドカフェ&バーもののぷ
https://mononopu.com/

■戦国メイドカフェ&バーもののぷ @akibamononopu
https://twitter.com/akibamononopu

※料金・時間等は、令和元年6月8日現在のもの

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-6-9 4:56

跟贴 0

ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェ【連載:アキラの着目】

ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェ【連載:アキラの着目】

4 個月前

最近では、ぽっちゃり・むっちり好きの人たちのために、ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェがある。

なぜこうしたぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェができたのかというと、一言でいうならば、今や「ぽっちゃり」、「むっちり」がもはや”市民権”を得たも同然となったからだ。

ムチぽちゃメイドカフェShangrila HPから引用
ムチぽちゃメイドカフェShangrila HPから引用

「ぽっちゃり」、「むっちり」、あるいは「ましゅまろ」という比喩表現もそうなのだが、これらの言葉は、肥満の人や明らかに肥満気味の人のことを表現する言葉。

これらの「ぽっちゃり」、「むっちり」、「ましゅまろ」はポジティブで前向きな印象を他人に与え、ネガティブで蔑んだ「デブ」とは正反対のイメージ・ワードであるのはご承知の通り。

これによって、「デブ < ぽっちゃり・むっちり・ましゅまろ」となり、しっかり陽の当たる場所に「ぽっちゃり」、「むっちり」、「ましゅまろ」が出た格好となったのだ。

「乞食」が「ホームレス」に、「ブラインド・タッチ」が「タッチ・タイピング」に言い方が様変わりしたように、キツい常用言葉を柔らかなイメージ・ワードにするという風潮が、「ぽっちゃり」、「むっちり」、「ましゅまろ」を後押ししたのは言うまでもない。

ちなみに、先日のYahoo!ニュースでは「ぽっちゃり」という活字が全国を駆け抜けた(「磯山さやかさん 『ぽっちゃり』は自分らしさ 今年は『36歳でもグラビアができる自分』へ」(2019/4/14(日)7:37 – Yahoo!ニュース))

もはや誰も「デブ」とは言わせない世の中となり、「ぽっちゃり」、「むっちり」、「ましゅまろ」が定着した感は否めないのだ。

話を戻そう。

ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェを構成する、「ぽっちゃり」、「むっちり」、「ましゅまろ」の店員さんたちは”市民権”を得た。

よって、ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェも”市民権”を得ている。

だが、”市民権”を得ただけでカフェを運営できるのだろうか、という疑問が湧いてくる。

やはり何にでもコンセプトは必要で、ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェにもコンセプトがなければ変だし、なければ長続きせずに一過性のもので終わってしまうことだろう。

ちょうど、その答えに相応しいことが「ムチぽちゃメイドカフェShangrila」HPに明記されていた。

「シャングリラが発信するもの、それは「ぽっちゃりは『萌え』の原点である」という概念。“ぽっちゃり女子”は、男性が、『女性らしさ』や『母性』『癒し』などをイメージしやすい存在であり、『萌え』の原点とも言える存在です。そんな“ぽっちゃり女子”がメイドとなって『萌え』と『元気』を振りまきながらお給仕するメイドカフェ、それが『シャングリラ』なのです☆」

つまり、男性から見て「『女性らしさ』や『母性』『癒し』などをイメージしやすい存在」の「ぽっちゃり」、「むっちり」、「ましゅまろ」の女性が「『萌え』と『元気』を振りまきながらお給仕する」というコンセプトなのだ。

もっと砕けて言うと、「ぽっちゃり」、「むっちり」、「ましゅまろ」が母性、癒し、萌え、元気をお客さんに与えるというメイドカフェなんですよ、と言っているのだ。

外面的なことだけではなく、実は内面的なことや、さらに突っ込むと、母性という根源的かつ本質的なこともウリにしたメイドカフェが、ぽっちゃり・むっちり専門のメイドカフェということだ。

筆者は、この手のカフェには行ったことがないし、この先も行くことはないが、母性に満たされていない男性は、行ってみた方が良いかもしれない。

■ムチぽちゃメイドカフェShangrila
http://shangrila-akiba.jp/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-4-17 4:56

跟贴 0