昨年からのカセットテープ・ブームでラジカセ需要も上昇中!?【連載:アキラの着目】

昨年からのカセットテープ・ブームでラジカセ需要も上昇中!?【連載:アキラの着目】

4年前

40代以上の世代なら知っているカセットテープ

今は、音楽を気軽にスマホで聴いて楽しめる時代だ。

CDの需要もあるにはあるが、そんなかさばるCDよりも、インターネットから好みの音楽をダウンロードし、即座に聴くのが主流なのだ。

だが、かつては、音楽を気軽に聴くためにはカセットテープを使っていた。

40代以上の世代の人たちならば、ご存知だろう。

レコード(これまた今や買う人がほとんどいない)をかけて、それと同時にカセットテープに録音してゆくのだ。

カセットテープ

使うほどに音が劣化するカセットテープ

レコードプレイヤーからアンプに、アンプからカセットデッキにコードを繋いで、音源データが移動してゆくのだが、その間に音源データは確実に劣化してゆく。

さらにカセットテープに録音した後でも音源の劣化は進む。

なぜなら、テープは気温差に弱く、テープは暑ければ伸び、寒ければ縮むからだ。

また、テープに塗布された磁気帯と呼ばれる鉄粉を主原料とした部分は、何かの衝撃等で剥離することもあり、使えば使うほど、録音した音楽は劣化してゆくのだ。

デジタル音源よりも柔らかみのあるカセットテープの音

そんな良いところがなさそうなカセットテープなのだが、短所と長所は裏表、劣化した音がむしろ味わい深いと評価されたり、キンキンなデジタルよりもアナログなカセットテープが奏でる音の方が柔らかいと好まれているのだ。

それも、昨年あたりからジワジワと若い世代の間でカセットテープが再評価されている。

カセットテープで音を聴くにはラジカセが必要!

もちろん、物珍しさもあるだろうし、音楽を聴くまでに手間がかかるのが、楽しかったりするのだろう。

スマホなら、音楽アプリの中から聴きたい曲を選び、再生ボタンを押すだけだが、カセットテープならば、まずはラジカセを用意しなければならない。

だから、カセットテープの密かなブームに並行し、ラジカセ需要も上昇中らしいのだ。

ラジカセ

若い世代には新鮮で楽しい!ラジカセの様々な設定やセットアップ手順

ラジカセのEJECTボタンを押し、カセットテープを挿入できる状態にし、それからカセットテープを挿入、蓋を閉め、再生ボタンを押し込む。

これで安心してはならない。

もしカセットテープが巻き取られていなくて、途中の巻具合ならば、一旦巻き戻すか巻き送るかをしなければならない。

高機能ラジカセなら、曲と曲の間のブランクを感知して、何曲目に頭出しする機能があるから、その場合は何曲目かを指定しなければならない。

我々おっさん世代は、さんざん若い頃にカセットテープを使い倒したし、現在の便利さに慣れてしまったから、もうカセットテープには戻れない。

でも若い世代にとっては、そうした七面倒臭い様々な設定やセットアップ手順が、新鮮だったり、楽しかったりするのだろう。

用なしと思っていたカセットテープとラジカセが少し息を吹き返したようだ。

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-8-19 11:28

跟贴 0