果実を食しているかのようなソルベ&ジェラート、スペールフルッタ(東京都文京区)【連載:アキラの着目】

果実を食しているかのようなソルベ&ジェラート、スペールフルッタ(東京都文京区)【連載:アキラの着目】

2年前

今日は、久々に東京都文京区茗荷谷にあるジェラート&ソルベの名店・スペールフルッタを取り上げる。

これまでにもスペールフルッタをニッポンニュースで2度取り上げたが(2018年9月24日ニッポンニュース「安定剤使わぬ自然な味わいのジェラート&ソルベ(スペールフルッタ・東京都文京区)【連載:アキラの着目】」2017年8月8日ニッポンニュース「ジェラート&ソルベのオススメ名店 スペールフルッタ(東京都文京区茗荷谷)【連載:アキラの着目】」)、相変わらず美味であり、良い意味で後味を残さず、食後に喉が渇かない素晴らしいソルベ&ジェラートなので、また取り上げた次第だ。

今回筆者は、1回の来店で2度食した。

今回はサワーコーンではなく、紙製カップに盛ってもらっている。

まず1度目は、恋しおり(りんご)と梨のソルベ。
恋しおり(りんご)と梨のソルベ 東京都文京区茗荷谷 スペールフルッタ

恋しおりは、あまり馴染みのないりんごの品種だが、店主さん曰く、ジャムであったり、ジュースであったり、そういった加工で専ら使われる品種なのだとか。

なぜ恋しおりは加工用なのかというと、酸味が強く、デザート用で食すには不人気だからだ。

「どのくらい恋しおりの酸味は強いのですかね?」と店主さんに訊いたら、わざわざ1切れスライスして頂いて、食すことができた。

酸味大好きの筆者にとっては、全然酸っぱくなく、普通に食すことができたのだが、一般の人だと甘さがない酸っぱいりんごに感じることだろう。

恋しおりのソルベは、細かく千切りにした皮を含ませ、氷とは別の食感をあえて作り出していた。

上手な例えではないが、粒餡の小豆がもっと主張し、でしゃばってきたような歯触りとでもいえばよいのか。

ソルベだと酸味も抑え気味で、酸っぱいのが苦手な人でも全然OKだ。

ちなみに、写真右側に写っている姫りんごのような恋しおりは、スペールフルッタの店主さんから撮影用に拝借したものだ。

梨のソルベの方は、梨本来のジューシーな甘さを損なうことなく、でもわざとらしい梨の味ではないという絶妙なバランスが、市販の梨味アイスと最も大きく異なる点で、やはりプロの職人芸を感じずにはいられない。

まさに果実そのまま、梨をそのまま食しているかのようで、何度もいうが、甘いのに食後に喉が渇かないという不思議なマジックに皆かかってしまうのだ。

2度目は、ネクタリン(桃)のソルベとヨーグルトアナナス(ヨーグルト・パイナップル)のジェラート。
ネクタリン(桃)のソルベとヨーグルトアナナス(ヨーグルト・パイナップル)のジェラート 東京都文京区茗荷谷 スペールフルッタ

これらももちろん、甘いのに食後に喉が渇かないのはいうまでもない。

ネクタリンは、やや熟した桃を思い起こさせるようなフレーバー。

これまた世の中に氾濫している「桃の天●水」のような桃味とは異なり、本物の桃を味わっているかのようなリアルな体験ができる。

ヨーグルトアナナスは、新しい味。

過去に数々のソルベやジェラートをスペールフルッタで食してきたが、ヨーグルトとパイナップルの組み合わせがこんなに美味しい組み合わせだとは思わなかった。

大抵、ヨーグルトにはブルーベリージャムやマーマレード、蜂蜜をかけたりし、これらが黄金ユニットといわれたりするのだが、実はヨーグルトにパイナップルも前述のブルーベリージャム等に負けずと劣らぬ黄金ユニットなのだ。

これまた適切な例えではないが、いつまでも食せる爽やかなバター飴のようなフレーバーとでもいえばよいのか。

バター飴は、筆者にとっては飽きてしまう味なので、そう立て続けに多くを食せないが、ヨーグルトアナナスはくどくなくすっきりしており、エターナルなのだ。

以上のように、スペールフルッタのソルベ&ジェラートは、人工的ではなく自然なフレーバーであり、また日替わりでメニューも様変わりしているので、頻繁に足を運び、多くの種類を味わうことを推奨する。

■スペールフルッタ
http://www.s-frutto.tokyo/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-9-21 4:56

跟贴 0

安定剤使わぬ自然な味わいのジェラート&ソルベ(スペールフルッタ・東京都文京区)【連載:アキラの着目】

安定剤使わぬ自然な味わいのジェラート&ソルベ(スペールフルッタ・東京都文京区)【連載:アキラの着目】

3年前

今日は、東京都文京区茗荷谷にあるジェラート&ソルベの名店・スペールフルッタをご紹介。

スペールフルッタは、以前のニッポンニュース2017年08月08日ニッポンニュース「ジェラート&ソルベのオススメ名店 スペールフルッタ(東京都文京区茗荷谷)」でも取り上げたが、やはりこの店のジェラート&ソルベを多くの人たちに食べてもらいたいので、あえてまた取り上げた次第だ。

今回筆者がスペールフルッタで食べたのは以下の写真のジェラート&ソルベだ。

梅とリモーネのソルベ
梅とリモーネのソルベ
ヨーグルトのジェラートとブラッドオレンジのソルベ
ヨーグルトのジェラートとブラッドオレンジのソルベ

1枚目の写真から紹介すると、梅とリモーネを選び、サワーコーンに盛ってもらった。

梅酒のアルコールを抜いたような、でもほのかに香るくらいの按配に仕上げた梅フレーバー。

イタリア語で「レモン」を意味するリモーネは、まさにレモン味で、ただし思わず目をつぶってしまうほどの酸味はなく、口中で溶けた瞬間に高原の春風がそよぐような爽やかさがある。

通常、レモン系だと黄色のはずだが、スペールフルッタのリモーネは赤い。

なぜレモン系なのに赤いのか店主に訊いたら、あまりにもきれいな彩色である桃の赤い種を使えないかということで、リモーネに使ったのだという。

なので、リモーネの赤は、合成着色料ではなく桃の種の色素によるもので、天然由来なのだ。

2枚目の写真は、ヨーグルト・フレーバーとブラッドオレンジを選び、同じくサワーコーンに盛ってもらったもの。

ヨーグルトは、酸味も甘さも絶妙な必要最低限の量で調整しており、極々控えめだ。

ブラッドオレンジは、そのままブラッドオレンジの果実を食べているかのような味で、香料や砂糖などのいわゆる人工的なわざとらしい味が一切しない。

ゆえに食べている最中も飽きることはないし、食べ終わっても喉が渇くことは一切ないのだ。

スペールフルッタのジェラート&ソルベ全体に言えることなのだが、なぜこうも自然な味わい、素材本来の味を損なうことなくそのままの味を実現できているのか、店主に訊いてみた。

その理由は、安定剤を使用していないからなのだとか。

確かに、安定剤が含まれている市販のアイスクリームや一般的なソフトクリームは、人工的な味や食感になり、自然さを欠いてしまうものが多い。

しかし、スペールフルッタのジェラート&ソルベは、あえてその安定剤を入れないことで、自然の風合いを大事にした味わいや食感を実現させていたのだ。

正直にいうと、スペールフルッタのジェラート&ソルベを食べたら、他のアイスクリームやソフトクリームはもう食べられない。

良いものを知ってしまったら、もう以前のものに戻れないのだ。

戻れなくなってもいい人は、ぜひスペールフルッタのジェラート&ソルベを食べてみよう!

■スペールフルッタ
http://www.s-frutto.tokyo/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2018-9-24 4:56

跟贴 0

ジェラート&ソルベのオススメ名店 スペールフルッタ(東京都文京区茗荷谷)【連載:アキラの着目】

ジェラート&ソルベのオススメ名店 スペールフルッタ(東京都文京区茗荷谷)【連載:アキラの着目】

4年前

東京は、日中の気温が軽く30℃を超える日々が続いている。

そんな暑い日には、冷たいアイスクリームでも食べたくなるのは至極当たり前のこと。

でも、どうせ食べるのならば、名店といわれる専門店の美味しいアイスクリームを食べたいと思う人もいることだろう。

そこで、筆者は男性なのだが、この4、5年食べ歩いた中で最もお気に入りのジェラート&ソルベの店を紹介しよう!

スペールフルッタの特徴は、素材の味を大切にしたフレッシュな味わいと爽やかな後味!

私のオススメするジェラート&ソルベの名店は、誰がなんと言おうと、スペールフルッタだ!

スペールフルッタは、渋谷や新宿のような街中にはなく、東京都文京区茗荷谷の閑静な住宅エリアの通りに面している。

この店の特徴を挙げるとしたら、素材の味を大切にしたフレッシュな味わいと、爽やかな後味だろう。

安いアイスクリームやジェラート、ソルベだと、水飴や卵黄、砂糖等を必要以上に入れて、えげつない甘さになっているものがあったりする。

そういうものは得てして、食べている時にもっさり感やまったり感が生じ、それを濃厚と勘違いしてしまう人もいたりするのだが、スペールフルッタのジェラート&ソルベにはそうした”偽り工作”が全くない。

素材の味を大切にしているから、口の中が甘ったるくなったり、食後に飲み物がほしくなったりといったことがなく、上品な味わいを堪能できるのだ。

オススメは加賀棒茶と杏!

私のオススメは加賀棒茶と杏だ。

ただし、日替わりでメニューが変わるので、毎日加賀棒茶や杏があるとは限らない。

何回か足を運んだうちの2回は、幸運にも自分のお気に入りの杏があったし、加賀棒茶は1回食べた後、なかなか2回目の機会に遭遇していない。

でも初めのうちは、極端な話、どれを選んで食べても「当たり!」なので、何回か食べ重ねていくうちに、自分好みの味が自ずと見つかってくるはずだ。

皆さんも自分のお気に入りを探求して、スペールフルッタに通うとよいだろう。

  • あまおうミルクとさくらあまおうミルクとさくら
  • ゴールデンキウイと梅のソルベゴールデンキウイと梅のソルベ
  • パイナップルとバレンシアパイナップルとバレンシア
  • ペスカ(桃)と杏ペスカ(桃)と杏
  • メーラ(りんご)と巨峰メーラ(りんご)と巨峰
  • 加賀棒茶と杏加賀棒茶と杏
  • 甘夏とミルティロ(ブルーベリー)甘夏とミルティロ(ブルーベリー)

■スペールフルッタ(東京都文京区茗荷谷)
http://www.s-frutto.tokyo/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-8-8 17:23

跟贴 0