米国の巨体ボディガードを制圧、伝説の合気道達人・塩田剛三【連載:アキラの着目】

米国の巨体ボディガードを制圧、伝説の合気道達人・塩田剛三【連載:アキラの着目】

6 個月前

現在、大相撲7月場所の取組み真っ只中。

御存知の通り、相撲は日本の国技だが、この相撲以外でも日本的な武道・武術といえば、合気道を挙げることができるだろう。

合気道は、様々な柔術諸流を修得した植芝盛平が創始した武道で、弟子にかの有名な塩田剛三がいる。

この塩田剛三こそが、合気道を世界に知らしめた偉大なる人物だ。

というのも、ケネディ大統領が来日の際に塩田剛三のいる養神館合気道道場を訪れ、外電にてその模様が全世界に向けて発信されたからだ。

小柄な塩田剛三が、ケネディ大統領の巨体ボディガードを簡単にねじ伏せてしまった。
塩田剛三 VS ボディガード

百聞は一見に如かずで、その模様を以下のYouTubeでご覧あれ。

■驚異米国の屈強なボディガードを制圧する塩田剛三さん海外格闘マニア

実際には、ケネディ大統領のボディガードではなく、ケネディ大統領の弟・ロバート・ケネディ上院議員のボディガードだったようだ。

それはさておき、ロバート上院議員が塩田剛三に「うちのボディガードに合気道の技を掛けてもらいたい」と頼んできたが、「本当に闘ったら、日米友好に亀裂が生じるリスクがあるから、巨体ボディガードが私の技に抵抗し、私の手を掴み続けることができるかを試してみるのがいいのでは?」とロバート上院議員とボディガードに提案。

で、正座の姿勢で膝の上に置いている塩田剛三の両腕をボディガードが約100kgの体重をかぶせながら怪力で掴みかかってきたのだ。

塩田剛三は、まずは両手で「合気上げ」するも、ボディガードは怪力と重い体重で塩田剛三の上げようとした両手を下ろしにかかる。

「合気上げ」が決まらないことは百も承知の塩田剛三は、怪力で塩田剛三の両手を下に抑えこもうとするボディガードの力を逆に利用し、すかさず両手を外側から内側へと回転させながらの「合気下げ」をかける。

並の人間ならば、痛さのあまり自ら手を離してしまうはずだが、アメリカを背負ったボディガードは決して手を離さない。

ゆえに、YouTubeで観た通り、ボディガードは苦痛に耐えながら、塩田剛三の手を握って離さないのだ。

塩田剛三ほどの達人ならば、完全に技を効かせて痛めつけて、ボディガードをギブアップさせることは容易だったが、ボディガードをそこまでしなかったとのこと。

なお、この「塩田剛三 VS ボディガード」についての詳細な解説は以下のブログに掲載されているので、興味のある人はアクセスしてみては。

■本日は本当に全公開!合気道の大達人塩田剛三翁VSケネディのボディーガード!秘伝とは誠に論理的です | 静岡最強のパーソナルトレーナー・静岡古武術研究会・静岡カイロプラクティック整体院 望月元晴のブログ
https://ameblo.jp/mochizuki-motoharu/entry-12545428205.html

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2020-7-30 7:12

跟贴 0