雪要らずのインドア雪合戦!!【連載:アキラの着目】

雪要らずのインドア雪合戦!!【連載:アキラの着目】

3年前

雪国の風物詩ともいえる雪合戦。

積雪の白い平原で、手ごねした雪玉を相手めがけて投げ合うのは、誰しも経験があるはず。

しかし、そんな白い平原でしない雪合戦もあるのだ。

それが室内で行なうインドア雪合戦だ。

インドア雪合戦とは、体育館内のコートに設けられたシャトーやシェルターと呼ばれる木製の壁に身を隠しつつ、雪玉に見立てた、ストローパイプが詰められたお手玉を相手めがけて投げ合う”雪合戦”だ。

インドア雪合戦 札幌市中央区役所HPより引用
インドア雪合戦
札幌市中央区役所HPより引用

1チーム5人制で行ない、相手コート内に立つフラッグを奪ったり、相手選手にお手玉を的中させて、勝敗を競い合うのだ。

今冬では11月26日(日)9時15分から札幌市中央体育館にて「第16回中央区インドア雪合戦大会」(主催:札幌市中央区スポーツ推進委員会・札幌市中央区)が開催され、札幌市中央区内の小学生15チーム約120人が参加した。

インドア雪合戦をすることによって、チームスポーツの楽しさやチームワークの大切さを遊びながら学ぶことができるのが、この競技の良いところだ。

インドア雪合戦 札幌市中央区役所HPより引用
インドア雪合戦
札幌市中央区役所HPより引用

選手としてプレイするのも楽しようだが、観るだけでも楽しいようで、「もっと前に出ろ!」、「シェルターのすぐ上を狙え!」という大きな声援が体育館内を飛び交っていたとのことだ。

雪がない地域でも楽しめるインドア雪合戦は、まだまだ競技人口が増える可能性を秘めている。

インドア雪合戦 札幌市中央区役所HPより引用
インドア雪合戦
札幌市中央区役所HPより引用
FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2017-12-2 4:53

跟贴 0