昨年に続きメキシコのヲタ大熱狂!アンジュルム メキシココンサート2019【連載:アキラの着目】

昨年に続きメキシコのヲタ大熱狂!アンジュルム メキシココンサート2019【連載:アキラの着目】

1年前

アンジュルム メキシココンサート2019での記念撮影去る2019年9月7日(土)、メキシコの「SALA PUEBLA」にてアンジュルムが昨年に続き、コンサートを開催!

アンジュルム メキシココンサート2019 現地告知ポスター アンジュルム・ヲタのTwitterから引用
アンジュルム メキシココンサート2019 現地告知ポスター
アンジュルム・ヲタのTwitterから引用

今年もメキシコのアンジュルム・ヲタやハロプロ・ヲタを大熱狂させた。

熱心なアンジュルム・ヲタ&ハロプロ・ヲタは、開場の2日前から並び、この9月7日を待ちに待っていたようだ。

注目の、アンジュルム メキシココンサート2019のセトリ(セットリスト)は以下の通り。

【アンジュルム メキシココンサート2019 セトリ】

1.赤いイヤホン
2.マナーモード
3.泣けないぜ…共感詐欺

MC 自己紹介

4.プリーズ ミニスカ ポスト ウーマン! 中上川伊
5.チョトマテクダサイ! 竹室笠太
6.純情反抗期 勝佐船
7.新しい私になれ!

MC Q&A ジャンケン

8.恋ならとっくに始まってる
9.ドンデンガエシ
10.次々続々
11.大器晩成

アンコール

12.46億年LOVE

MC 全員挨拶

※勝田里奈ちゃんの自己紹介時にメキシコ・ヲタが大合唱

13.友よ

コンサート初めに「マナーモード」や「泣けないぜ…共感詐欺」を持ってきているのは、昨年のパリ・コンサート同様に手堅い配置。

徐々にボルテージを上げて、コンサート後半にはライブで盛り上がるための曲としてすっかりファンの間で浸透している「ドンデンガエシ」、「次々続々」、「大器晩成」を持ってきている。

アンコール曲は、盛り上がった身体をクールダウンさせるにちょうど良い、コミカルで拍子を取りやすいリズムの「46億年LOVE」で締めるところは、実に考えているなと納得。

2019年9月13日現在、このアンジュルム メキシココンサート2019に関する情報が多くなく、コンサート後半で盛り上がっている「次々続々」のYouYube動画がアップされているくらい。

その数少ない、アンジュルム メキシココンサート2019のYouYube動画が以下のものだ。

■Video resena Angerme en Mexico 2019

■Angerme Mexico 2019 Tsugi Tsugi Zoku Zoku

日本のアンジュルム・ヲタ&ハロプロ・ヲタと大して変わらず、応援の仕方は世界共通だ。

インターネットの時代だから、世界中のヲタは日本のヲタを観て研究し、応援方法を真似たり、踏襲しているのは確実だろう。

個人的な印象だと、現時点におけるハロプロ・アイドルの中で最もはち切れんばかりの元気を提供しているアイドル・グループがアンジュルム。

そのアンジュルムに負けじと、メキシコのヲタもパワフルでエネルギッシュなのだ。

とりわけ勝田里奈ちゃんの自己紹介の際には、9月25日(水)パシフィコ横浜国立大ホールにて開催される『アンジュルム 2019秋「Next Page」〜勝田里奈卒業スペシャル〜』で勝田里奈ちゃんが卒業することもあり、メキシコのヲタは大合唱したのだった。

全曲を歌い終えると、アンジュルムと会場のメキシコ・ヲタ全体での記念撮影。

「音楽は国境を越える」というが、まさにアンジュルムのパワフルでエネルギッシュなパンチ力あるパフォーマンスは、言語が異なれど、十分に伝わるのだ。

■ANGERME (アンジュルム)Instagram @angerme_official
https://www.instagram.com/angerme_official/

■アンジュルム 公式Twitter @angerme_upfront
https://twitter.com/angerme_upfront

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2019-9-13 4:56

跟贴 0