深谷は渋沢栄一、『青天を衝け』だけではない!ふっかちゃんもいる!!【連載:アキラの着目】

深谷は渋沢栄一、『青天を衝け』だけではない!ふっかちゃんもいる!!【連載:アキラの着目】

2か月前

新型コロナウイルスの影響で2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、2020年末ではなく2021年2月7日で最終回を迎えた。

そのため、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』は1ヵ月遅れのスタートとなったが、視聴率は上々で初回20.0%(関東地区)を記録。

武士であり、明治の官僚であり、実業家でもあった主人公の渋沢栄一が、2024年度上半期に一新する1万円札になることもあって、初回視聴率20%は意外と世間の関心度が高いことを証明する結果となった。

渋沢栄一の故郷である埼玉県深谷市では、渋沢栄一と『青天を衝け』で町興しがさらに一層活発になっているが、ここで忘れてはならない存在がある。

渋沢栄一ブームの前では影に隠れがちになったが、深谷市のゆるキャラ「ふっかちゃん」も深谷市の知名度を広げるのに貢献し続けているのだ。

埼玉県深谷市のゆるキャラ ふっかちゃん ふっかちゃん公式ページから引用
埼玉県深谷市のゆるキャラ ふっかちゃん
ふっかちゃん公式ページから引用

深谷の特産は言わずと知れた深谷ネギ。

その深谷ネギをモチーフにデザインされたふっかちゃんは、全国に数え切れないほど存在するゆるキャラの中でも上位に君臨する実力を持つ。

2013年「ゆるキャラグランプリ」4位、翌2014年「ゆるキャラグランプリ」2位(準グランプリ)、さらにその翌2015年「ゆるキャラグランプリ」3位&同時開催「キャラforチルドレン」初代グランプリという輝かしい実績は他に類を見ない。

それに大人が見ても、中に操る人が入っていることを忘れてしまうくらい、愛くるしい風貌が申し分ないのだ。

渋沢栄一、『青天を衝け』人気ももちろん良いが、深谷ネギ頭のふっかちゃんも忘れないでおこう。

■ふっかちゃん 公式Twitter @fukkachan
https://twitter.com/fukkachan

■ふっかちゃん公式ウェブサイト | ふっかちゃんガイド 深谷市魅力発信ポータルサイト
https://www.fukkachan.com/fukka/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-2-16 4:56

跟贴 0