納豆コラム執筆や納豆メニュー開発等で活躍中の納豆インフルエンサー・「なっとう娘」【連載:アキラの着目】

納豆コラム執筆や納豆メニュー開発等で活躍中の納豆インフルエンサー・「なっとう娘」【連載:アキラの着目】

1か月前

納豆コラム執筆や納豆メニュー開発等で活躍中の納豆インフルエンサー・「なっとう娘」【連載:アキラの着目】

近年、世界で注目されている日本の健康食品・納豆。

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という酵素が、血栓の予防効果があることが知られ、体に良い食べ物として一躍世界中に知られるようになったからだ。

かつて納豆は全国各地で販売されていたわけではなく、関東圏を中心に販売されており、それ以外の地域ではほぼ馴染みがなかった。

それゆえに関西圏ではいまだに納豆嫌いの人も多く、「関東人は、よう納豆を食いよるな」と時折揶揄されたりもするのだが、一方では納豆をこよなく愛す人たちもいる。

「納豆をもっと自由に!」をモットーに、”納豆を食べることが仕事”の方がいるのだ。

その御方が”納豆インフルエンサー”の鈴木真由子さんだ。

納豆に関するコラムの執筆や納豆会社のSNS運用、飲食店のメニュー開発、大学機関との商品共同開発を手がけ、「なっとうMUSUME.com」の運営も手掛けている。

なっとうMUSUME.comから引用
なっとうMUSUME.comから引用

ご自身の「なっとう娘」としての紹介では「『みんなが自分らしくいられる多様性ある社会』の実現を目指し、社会問題にも自らの愛する”納豆”を切り口として、日々精力的に取り組んでいます。」と語られている。

他のコンテンツでは、納豆絡みのプロジェクトに参加したニュースや、「ヴィーガン納豆チョコレート:」の開発にも携わっている報告など、実際に納豆に関わっている姿を発信されており、納豆でこれだけ発信できるものなのかと、閲覧していて感心しきりだ。

今後も「なっとう娘」の動向に注目だ。

なっとうMUSUME.comから引用
なっとうMUSUME.comから引用

■なっとうMUSUME.com
https://nattomusume.com/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099

2021-3-11 4:56

跟贴 0