Googleマップと連携、自宅のエアロバイクで「自転車旅」【連載:アキラの着目】

2020年05月16日

エアロバイクでのトレーニングをした人ならわかると思うが、ただひたすら黙々とペダルを漕ぐのは結構つまらないものだ。

目の前にテレビや動画を視聴できるモニタがあっても、イマイチ真剣に集中力が持続しないのだ。

そんな誰しもが感じていることを解消すべく立ち上がった人がいる。

「makopi23」というITエンジニアの方だ。

なんと、エアロバイクを漕ぎ出すと、目の前のモニタに映し出されるGoogleマップと連携し、実際に自転車に乗って街中の道を走っているかのように景色が流れてゆくのだ。

このアプリさえあれば、緊急事態宣言継続中で外出自粛の現在でも、「自転車旅」ができる。

ただし、このアプリの設定には高度なプログラミング知識が必要なので、誰もがホイホイとアプリを使える代物ではないのが残念。

プログラミングド素人でも、この「makopi23」さんと同様の「自転車旅」を実現させるには、「ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF 5.0」を購入するしか代替手段はなさそうだ。

ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF 5.0 (黒) | プロフォーム | フィットネスバイク Amazonから引用
ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF 5.0 (黒) | プロフォーム | フィットネスバイク
Amazonから引用

ちなみに、「ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF 5.0」は、令和2年5月16日現在、Amazonにて518,400円で販売されている。

実際に日本全国を自転車で廻ろうとしたら、宿泊費や飲食費等、膨大な金額がかかるが、バーチャルであれど一応日本全国の風景を堪能しながら楽しめるならば、518,400円のエアロバイクはむしろ安い、と考えるかだ。

この「ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF 5.0」、もちろん日本のみならず、GoogleMap上のあらゆる場所を選択し、独自の走行コースを設定でき、自動で切り替わるストリートビューで世界中をツーリング可能だ。

さらに、端末にダウンロードされた地形データを元に、勾配に合わせてトレーニングバイクの角度や抵抗力が変化するので、飽きずに楽しみながらトレーニングすることができるのだ。

日々のエアロバイクでのトレーニングに高度なモチベーションを加えたい人や、自宅でとにかく自転車旅気分を味わいたい人は、前述した2つのうちから選択すべし。

■makopi23のブログ エアロバイクをGoogleマップに連携して、おうちで自転車旅できるアプリ作った
http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-356.htmlhttp://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-356.html

■makopi23 Twitter @makopi23
https://twitter.com/makopi23https://twitter.com/makopi23

■グーグルマップと連動したエアロバイク | 販売・価格 オフィシャル ツール・ド・フランス トレーニングバイク[PRO-FORM] | 株式会社トリニティー
https://trinity-com.jp/products/proform/https://trinity-com.jp/products/proform/

■Amazon | ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF 5.0 (黒) | プロフォーム | フィットネスバイク
https://www.amazon.co.jp/プロフォーム-PFEX01915-ツール・ド・フランス-オフィシャル-トレーニングバイク-TdF-5.0-黒/dp/B017XBSWOYhttps://www.amazon.co.jp/プロフォーム-PFEX01915-ツール・ド・フランス-オフィシャル-トレーニングバイク-TdF-5.0-黒/dp/B017XBSWOY

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099